samurai3-001.jpg

 前回のレビュー記事を掲載したすぐ後の事なのですが、当ブログのアクセスカウンターが20万ヒットを突破しました!!
 15万ヒットを突破したのが今年の1月13日だったので、1年足らずで5万ヒットした事になります。新ブログに移転してからは旧ホームページよりもアクセスカウンターのカウントが早くなり、5万ヒット達成にかかる期間もどんどん短くなっているのですが、25万ヒットは今回よりも更に短い期間で達成できるよう、マメに更新して行こうと思ってます。
 先月までほぼ毎日行っていたリニューアルレビュー記事の掲載は全て完了しましたが、現在、新作レビュー記事のネタが貯まっており、これらは11月末までに全て掲載しようと思っています。その為、まだ暫くはレビュー記事がメインになりますが、今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは「参乗合体 トランスフォーマーGo!」より、「ゴウケンザン」「ゴウジンブ」「ゴウガンオウ」の3体を紹介します。
 先月上旬から開始したソードボット侍チームのレビュー記事も、今回の記事がラストとなります。ライト&サウンドギミックの紹介には、当ブログのレビュー記事では最多となる10本の動画を使用している為に難産となってしまいましたが(笑)、トイの内容が非常に充実している事が伝わればと思います。

関連記事:
 ・「G03 ガンオウ」レビュー(2013年9月4日更新)
 ・「G02 ジンブ」レビュー(2013年8月10日更新)
 ・「G01 ケンザン」レビュー(2013年8月7日更新)
 ・「G12 ドラゴトロン」レビュー(2013年6月18日更新)


※写真をクリックすると、元のサイズで表示されます。

■キャラクター設定
 「ゴウケンザン」「ゴウジンブ」「ゴウガンオウ」は、「てれびくん」と「テレビマガジン」の付録DVDで展開されるアニメ作品「参乗合体 トランスフォーマーGo!(サンジョウガッタイ トランスフォーマーゴウ!)」に登場するキャラクターで、「侍編」で活躍します。
 オートボットの対プレダコン特殊部隊「ソードボット 侍チーム」のメンバーである「ケンザン」「ジンブ」「ガンオウ」の3人が「参乗合体」して誕生する合体戦士で、合体時の組み合わせによって姿や能力が異なる3つの形態に合体出来ます。
 アニメでの声優は、ゴウケンザンはケンザン役の「興津和幸」さんが、ゴウジンブはジンブ役の「鳥海浩輔」さんが、ゴウガンオウはガンオウ役の「安元洋貴」さんが、それぞれ担当しています。

■トイ概要
 この3体のトイは、2013年6月22日にタカラトミーより発売された「G01 ケンザン」「G02 ジンブ」「G03 ガンオウ」の3体を合体させて作るトイで、3体セット商品の販売は行われていません。
 トイの仕様は、劇中と同様に組み合わせを変える事で3通りの合体を可能にしている他に、専用のライト&サウンドギミックも搭載されています。




■合体準備


 ケンザンの胸部のボタンを長押しすると、下記の台詞を喋った後に音楽が鳴ります。
 ケンザン「ケンザン!」 → ジンブ「ジンブ!」 → ガンオウ「ガンオウ!」 → ケンザン&ジンブ&ガンオウ「いざ、参乗合体!」
 音楽は約1分間鳴り、ライトは音楽が鳴り止んでから約1分後まで発光します。
 このギミックの発動中に後述の「カブト装着」を行うと、台詞を喋った後にサウンドが鳴ります。カブト以外の変形・合体を完了させた後にこのギミックを発動させてからカブトを装着させれば、このサウンドを確実に聴く事が出来ます。
※動画です。クリックすると動画が再生されます。




■ゴウケンザン


 ゴウケンザンの合体完了時、前述の合体準備サウンドの発動中にゴウケンザンのカブトを装着して正面中央部分のパーツを押し込むと、「カブト装着! (装着音) 参乗合体、ゴウケンザン!」という台詞を喋った後にサウンドが鳴ります。
※動画です。クリックすると動画が再生されます。




 合体準備サウンドを鳴らさない状態でカブトを装着した場合にもライト&サウンドギミックが発動しますが、台詞の後のサウンドは鳴りません。
※動画です。クリックすると動画が再生されます。




samurai3-002.jpg

 ゴウケンザン前面。全高は約31cmで、シリーズ中最大級の大きさを誇ります。
 ケンザンが胸部・腕部に、ジンブが腹部に、ガンオウが脚部に変形して合体します。ケンザンの胴体部分は胸部になる為、ライト&サウンドギミックは胸部に有ります。
 この合体形態は「『技』の参乗合体」という設定になっています。ゴウケンザンの能力値は説明書やパッケージには掲載されていませんが、2013年7月に発売された「トランスフォーマージェネレーション2013」に掲載されており、数値は下記の通りとなっています。
 体力(STRENGTH):10   知力(INTELLIGENCE):8   速度(SPEED):8   耐久力(ENDURANCE):9
 地位(RANK):8   勇気(COURAGE):10   火力(FIREBLAST):8   技能(SKILL):10





samurai3-003.jpg

 ゴウケンザン後ろ。
 ジンブの脚部が折り畳まれており、バックパックのようになっています。




samurai3-004.jpg

samurai3-005.jpg samurai3-006.jpg

 バストアップ。
 頭部は一見すると「勇者シリーズ」や「エルドランシリーズ」に登場する主役ロボを髣髴とさせるヒロイックなデザインですが、細部には武将のカブトを思わせるディテールが有ります。




samurai3-007.jpg

 ゴウケンザンの可動は肩、二の腕、肘、手首、指、股関節、膝が可動します。
 首や腰部は可動しませんが、腕部分はケンザンの脚部が変形しており、また脚部はガンオウの脚部が変形している為、広い可動範囲となっているだけでなくクリック関節による堅牢さも持ち合わせています。




samurai3-008.jpg

 肩アーマーを上に跳ね上げれば腕を上げる事も可能になる為、写真のように「ジョジョ立ち」のようなポーズを取る事も可能です。
 余談ですが、ケンザンとゴウケンザンの声を担当している興津和幸さんは、TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」において、第1部の主人公である「ジョナサン・ジョースター」の声も担当していました。




samurai3-009.jpg

 ゴウケンザンの武器は、ケンザン、ジンブ、ガンオウの武器が合体した巨大な槍と、ジンブとガンオウのカブトが合体した銃のようなものが有ります。槍はゴウケンザン、ゴウジンブ、ゴウガンオウの3形態全てで装備可能な武器となっていますが、劇中ではこの槍はゴウガンオウのみが使用しており、ゴウケンザンとゴウジンブは使用していません。また、カブトが合体した武器は本記事掲載時点では劇中に登場していません。




samurai3-010.jpg

 武器を装備した、フル装備状態。
 槍は全長約37cmあり、ゴウケンザン本体の全高よりも長いです。カブトを合体させた武器は持たせる事が可能ではあるものの、手首の保持力が武器の重量に耐えられずにヘタってしまう為、持たせた状態でのポージングは限られてしまいます。




samurai3-011.jpg

 ケンザンの武器(刀)をそのまま持たせる事も可能です。しかしながら、武器のサイズはケンザンに合わせたものになっている為、ゴウケンザンに持たせた場合には小刀程度の武器になってしまいます。
 劇中では、ゴウケンザンはケンザンと同型の二振りの刀を武器に戦います。





 胸部中央のオートボットのエンブレムを押すと、胸部のライトが発光して台詞を喋ります。
 喋る台詞は以下の2つで、押し方によって異なる台詞を喋ります。
 ・ボタンを押す … 「参乗奥義! 斬斬! 斬光十字!」 → 効果音
 ・ボタンを長押しする … 「ゆくぞ! 超必殺! 参乗奥義! 斬斬! 斬光十字!」 → 効果音
※動画です。クリックすると動画が再生されます。




■ゴウジンブ


 ゴウジンブの合体完了時、前述の合体準備サウンドの発動中にゴウジンブのカブトを装着して正面中央部分のパーツを押し込むと、「カブト装着! (装着音) 参乗合体、ゴウジンブ!」という台詞を喋った後にサウンドが鳴ります。
※動画です。クリックすると動画が再生されます。





 合体準備サウンドを鳴らさない状態でカブトを装着した場合にもライト&サウンドギミックが発動しますが、台詞の後のサウンドは鳴りません。
※動画です。クリックすると動画が再生されます。




samurai3-012.jpg

 ゴウジンブ前面。全高は約30cmあります。
 ジンブが胸部・腕部に、ガンオウが腹部に、ケンザンが脚部に変形して合体します。ケンザンの胴体部分は腰部になる為、ライト&サウンドギミックは腰部に有ります。
 この合体形態は「『速さ』の参乗合体」という設定になっています。ゴウジンブの能力値もゴウケンザンと同様に説明書やパッケージには掲載されていませんが、「トランスフォーマージェネレーション2013」に掲載されており、数値は下記の通りとなっています。
 体力(STRENGTH):9   知力(INTELLIGENCE):9   速度(SPEED):10   耐久力(ENDURANCE):8
 地位(RANK):8   勇気(COURAGE):10   火力(FIREBLAST):9   技能(SKILL):8





samurai3-013.jpg

 ゴウジンブ後ろ。
 ガンオウの腕と脚部が折り畳まれており、バックパックのようになっています。




samurai3-014.jpg

samurai3-015.jpg samurai3-016.jpg

 バストアップ。
 頭部のデザインは、烏帽子を被った武将を思わせるものになっています。ジンブのビークルモード時の主翼は肩を隠す形になる為、あたかも肩アーマーであるかのように見えます。
 カブトがジンブの頭部を覆うのは前面のみの為、後ろからジンブの後頭部が見えます。




samurai3-017.jpg

 ゴウジンブの可動は肩、二の腕、肘、股関節、太腿、膝が可動します。
 脚部は関節の向きの関係で膝を曲げる事が出来ませんが、関節の向きを変える事でこの問題は解消されます。上半身が大きいのに対して脚部は細く、また接地面積や保持力は他の2形態りも劣っており、やや立たせづらくなっています。




samurai3-019.jpg

 ゴウジンブの武器は、ゴウケンザンと共通となっている巨大な槍の他に、ケンザンとガンオウのカブトが合体した銃のようなものが有ります。
 このカブトが合体した武器はゴウケンザンの同じ武器と同様に、本記事掲載時点では劇中に登場していません。




samurai3-020.jpg

 武器を装備した、フル装備状態。
 装備方法はゴウケンザンと同じです。




samurai3-018.jpg

 ジンブの武器(刀)をそのまま持たせる事も可能です。武器のサイズはジンブに合わせたものになっていますが、ゴウジンブにに持たせてもあまり違和感の無いサイズとなっています。
 劇中では、ゴウジンブはジンブと同型の長い刀を武器に戦います。





 腰部中央のオートボットのエンブレムを押すと、腰部のライトが発光して台詞を喋ります。
 喋る台詞は以下の2つで、押し方によって異なる台詞を喋ります。
 ・ボタンを押す … 「参乗奥義! 迅迅! 迅雷返し!」 → 効果音
 ・ボタンを長押しする … 「いざ! 超必殺! 参乗奥義! 迅迅! 迅雷返し!」 → 効果音
※動画です。クリックすると動画が再生されます。




■ゴウガンオウ


 ゴウガンオウの合体完了時、前述の合体準備サウンドの発動中にゴウガンオウのカブトを装着して正面中央部分のパーツを押し込むと、「カブト装着! (装着音) 参乗合体、ゴウガンオウ!」という台詞を喋った後にサウンドが鳴ります。
※動画です。クリックすると動画が再生されます。





 合体準備サウンドを鳴らさない状態でカブトを装着した場合にもライト&サウンドギミックが発動しますが、台詞の後のサウンドは鳴りません。
※動画です。クリックすると動画が再生されます。




samurai3-021.jpg

 ゴウガンオウ前面。全高は約30cmあります。
 ガンオウが胸部・腕部に、ケンザンが腹部に、ジンブが脚部に変形して合体します。ケンザンの胴体部分は腹部になる為、ライト&サウンドギミックは腹部に有ります。
 この合体形態は「『力』の参乗合体」という設定になっています。ゴウガンオウの能力値もゴウケンザンやゴウジンブと同様に説明書やパッケージには掲載されていませんが、「トランスフォーマージェネレーション2013」に掲載されており、数値は下記の通りとなっています。
 体力(STRENGTH):10   知力(INTELLIGENCE):8   速度(SPEED):7   耐久力(ENDURANCE):10
 地位(RANK):8   勇気(COURAGE):10   火力(FIREBLAST):9   技能(SKILL):8





samurai3-022.jpg

 ゴウガンオウ後ろ。
 ケンザンの腕、脚部、背部が大きなバックパックのようなものを形作っています。




samurai3-023.jpg

samurai3-024.jpg samurai3-025.jpg

 バストアップ。
 頭部のデザインはカブトを被った武将を思わせるデザインになっており、僧兵をモチーフとしているガンオウのデザインから大きく変化しています。




samurai3-026.jpg

 ゴウガンオウの可動は肩、二の腕、肘、股関節、太腿、膝が可動します。
 ゴウガンオウもゴウジンブと同様に上半身が大きいのに対して脚部が細い体型で、また足首にはクリック関節が入っていない事もあって、若干立たせづらくなっています。




samurai3-027.jpg

 ゴウガンオウの武器は、ゴウケンザンやゴウジンブと共通となっている巨大な槍の他に、ケンザンとジンブのカブトが合体した銃のようなものが有ります。
 このカブトが合体した武器はゴウケンザンやゴウジンブの同じ武器と同様に、本記事掲載時点では劇中に登場していません。




samurai3-028.jpg

 武器を装備した、フル装備状態。
 カブトが合体した武器は、腕の形状や手首の穴の径の問題で持たせる事が出来ない為、前腕に有るピン受け穴に取り付けて装備します。





 腹部中央のオートボットのエンブレムを押すと、腹部のライトが発光して台詞を喋ります。
 喋る台詞は以下の2つで、押し方によって異なる台詞を喋ります。
 ・ボタンを押す … 「参乗奥義! 巌巌! 巌炎爆破!」 → 効果音
 ・ボタンを長押しする … 「よっしゃー! 超必殺! 参乗奥義! 巌巌! 巌炎爆破!」 → 効果音
※動画です。クリックすると動画が再生されます。




■その他

samurai3-029.jpg

 3つのカブトの中央部分の裏側にはツメが有り、これをケンザンの胸部中央のオートボットエンブレム(ライト&サウンドギミック発動ボタン)の両横に有る穴に差し込む事で、カブト装着のライト&サウンドギミックが発動します。
 ツメの形状は各々異なるものになっており、これによって装着されるカブトを判別し、異なるライト&サウンドギミックが発動するようになっています。




samurai3-030.jpg

 ゴウケンザンと、同シリーズの「G12 ドラゴトロン」との比較。
 ケンザン、ジンブ、ガンオウの3体は、単体ではドラゴトロンと同じくらいの大きさですが、合体するとドラゴトロンよりも遥かに大きくなります。




 以上、ゴウケンザン、ゴウジンブ、ゴウガンオウでした。

 ケンザン、ジンブ、ガンオウの3体は、組み替えが可能な3体合体機構という非常に面白いギミックを搭載している反面、それが災いして合体時のプロポーションは胴長になってしまっているだけでなく、ゴウジンブとゴウガンオウは立たせづらくなっているだけでなく、更にゴウジンブはパーツ干渉によりライト&サウンドギミックの発動が阻害される事も有り、合体形態については難点が多いものとなっています。しかしながら、ギミック自体は組み替え可能な3体合体が可能であるだけでなく、合体に連動したライト&サウンドギミックも搭載されている為、合体ギミック自体は充実したものになっていると思います。
 近年の日本のトランスフォーマートイは海外で販売されているトイを一部仕様変更して導入した物が殆どですが、2012年頃からは海外版トイが生産コストの高騰に伴って簡素な仕様になってしまっている物が多くなり、日本版トイもそれに連動する事となりました。そんな中で発売されたソードボットのトイは、日本限定販売商品である事から海外版トイの生産コストの制約が無い為、ギミックが充実しています。その為、ソードボットのトイはタカラトミーのトランスフォーマートイ開発における最先端技術の一端を垣間見る事が出来るものになっていると思います。