kinkabu001.jpg

 4日前に「トランスフォーマー情報局」のツイッターアカウントで発表が有りましたが、9月22日21時より放送の「日曜洋画劇場」は「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」が放送されます!
 これまで、日曜洋画劇場では「トランスフォーマー」「トランスフォーマー/リベンジ」を放送した事は有りましたが、「ダークサイド・ムーン」の放送は今回が初で、しかも地上波初登場となります!
 先日、実写映画第4作のタイトルが「Transformers: Age of Extinction(邦題:トランスフォーマー ロストエイジ)」に決定した事が発表されましたが、今回は実写映画第4作の宣伝も含んでの放送と思われます。もしかすると、最新映像の公開や最新情報の発表も有るかもしれません…。
 管理人は、「ダークサイド・ムーン」は2011年の劇場公開時にもちろん観たので、内容は知っているのですが、今回はツイッターで実況されるのも恐らく初となるので、リアルタイムで反応が観れる点も楽しみにしています。

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは、7月末に行われた「黄金の兜キャンペーン」で配布された、「黄金のケンザンカブト」を紹介します。
 本記事掲載時点において、「参乗合体 トランスフォーマーGo!」のトイ発売に連動したキャンペーンは、この黄金のケンザンカブトを最後に行われなくなりましたが、このトイはソードボット侍チームと連動して遊べるだけでなく、このキャンペーンと同時に発売された「G05 ゲキソウマル」は、その後に発売されるソードボット忍チームと連動して遊べるトイである為、このキャンペーンが連鎖的な販促効果を起こす事を見越しているのかもしれません…。

関連記事:
 ・アームズマイクロン「ザン」「ジン」「ガン」レビュー(2013年9月12日更新)
 ・「ゴウケンザン」「ゴウジンブ」「ゴウガンオウ」レビュー(2013年9月9日更新)
 ・「G01 ケンザン」レビュー(2013年8月7日更新)
 ・「シャイニングオプティマスプライムブラスター」レビュー(2013年7月10日更新)

関連リンク:黄金の兜キャンペーン(タカラトミー トランスフォーマーオフィシャルサイト) ※ウェブ魚拓


※写真をクリックすると、元のサイズで表示されます。
※黄金のケンザンカブト以外のトイは、すべて別売です。


■トイ概要
 このトイは、全国の実施店舗で行われた「黄金の兜キャンペーン」の景品として、2013年7月27日より配布が開始されました。数量限定・先着順で配布され、無くなり次第キャンペーン終了とアナウンスされました。
 配布条件は、トランスフォーマー関連商品を税込3,000円以上購入する事が条件となっていました。トイの仕様は、「G01 ケンザン」(以下「ケンザン」)に付属している「カブト(ケンザン用)」(以下「通常版」)の仕様変更品で、メインカラーがゴールドメッキに変更されています。




kinkabu002.jpg

 配布時の状態。
 ビニールの袋の中にトイ本体と説明書が入っています。




kinkabu003.jpg

 内容物一式。トイ本体と説明書が入っています。
 説明書はこのトイの為に新たに作られたもので、ケンザンのビークルモード時とロボットモード時の取り付け方法と、ゴウケンザンへの取り付け方法が記載されています。




kinkabu004.jpg

 黄金のケンザンカブト本体。
 形状は通常版と同一で、カラーリングのみが変更されています。




kinkabu005.jpg

 このトイのメインカラーはゴールドメッキですが、参乗合体モード時のカブトと胸部アーマーを接続するパーツだけはブラック成型のパーツが使用されています。この部分は通常版でも変形時に白化する恐れが有るほどに力が加わりやすい部分の為、破損を避ける為にゴールドメッキを使用しなかったものと思われます。




kinkabu006.jpg

 ケンザンの背部中央部分のスピーカー兼電池ボックスに取り付けた状態。
 取り付け方は通常版と同じです。




kinkabu007.jpg

 通常版と同様に、底部に有るピンを使用する事でカブトを手に持たせる事が出来ます。




kinkabu022.jpg

 ビークルモード時にカブトを装備した状態。
 通常版と同様に、車体後部中央のピン穴に取り付けます。




kinkabu008.jpg

 ケンザンに持たせる際に使用するピンは、近年のトランスフォーマートイでは定番の5mm径のピンが使用されている為、他のトイに持たせる事が出来ます。
 写真では、このキャンペーンの開始と同じ日に発売された「G05 ゲキソウマル」に持たせています。ゲキソウマルのメーカー希望小売価格は5,775円(税込)の為、ゲキソウマルの場合は1体購入するだけで黄金のケンザンカブトが貰えるようになっていました。




kinkabu009.jpg

 黄金のケンザンカブトの参乗合体モード。
 変形手順は通常版と同じです。




kinkabu010.jpg

 黄金のケンザンカブトを装着したゴウケンザン。
 ケンザン、ジンブ、ガンオウのいずれにも使用されていないゴールドメッキのパーツが加わった事とゴールドメッキ本来の派手さが相俟って、非常に目立つものになっています。




kinkabu011.jpg

kinkabu012.jpg kinkabu013.jpg

 黄金のケンザンカブトを装着したゴウケンザンのバストアップ。
 どの面から見ても、全体がゴールドメッキとなっています。




kinkabu020.jpg kinkabu021.jpg

 通常版と同様に、「ゴウジンブ」と「ゴウガンオウ」の参乗合体モードになる際には、他のカブトと合体して武器にする事も可能です。




kinkabu014.jpg kinkabu015.jpg

 黄金のケンザンカブトを装着した場合、当然ながら通常版が余ってしまいます。
 説明書には記載されていない遊び方ですが、通常版は写真のように「カブト(ジンブ用)」と「カブト(ガンオウ用)」と合体させる事も可能な為、この方法を取れば余剰パーツにはなりません。しかしながら、手に持たせる際には、元々手の保持力が十分に無い所に通常の合体武器よりも重い武器を取り付ける為、保持は難しくなっています。




kinkabu016.jpg

 黄金のケンザンカブトを装着し、左手には前述の3つのカブトを合体させた武器を持たせた状態。




kinkabu017.jpg kinkabu018.jpg

 通常版との比較。
 通常版はブルー成型のパーツに塗装を施していますが、このトイはゴールドメッキのパーツをそのまま使用しています。




kinkabu019.jpg

 本記事掲載時点で配布された、「参乗合体 トランスフォーマーGo!」関連キャンペーンの特典を全てゴウケンザンに装備させた状態。右手に「参乗覇王剣」を装備し、左手には「シャイニングオプティマスプライムブラスター」を装備しています。
 今後のキャンペーンの有無は不明ですが、今後も関連キャンペーンでアームズマイクロン等が配布されれば、ゴウケンザンが更に変化する可能性が有ります。




 以上、黄金のケンザンカブトでした。

 ゴールドメッキ仕様のパーツという事で子供にはウケ易いのではないかと思いますが、メッキ塗装の性質上、遊んでいる際にパーツ同士がこすれ合う事でメッキが剥がれてしまう恐れが有るので、遊ぶ際にはその点を予め覚悟しておかなければなりません。
 ゴウケンザンに装着させる事で、ゴウケンザンの雰囲気を大きく変える事が出来るのがこのトイの最大の魅力だと思います。また、ゴウケンザンを持っていなくても、これを貰う際に購入したトイに装備させる事が可能な場合が有る為、そのような場合には、そのトイの遊びの幅を広げるのに一役買ってくれると思います。