上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※写真をクリックすると、元のサイズで表示されます。

LCtaiwan2LV001.jpg

 一昨日と昨日、台湾にある「Legacy Taipei」で、奈々さんの単独ライブとしては海外初のライブとなる「NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013+ at台湾」が開催されました!
 その2日目(24日開催)は、日本、台湾、中国(香港)、タイ、シンガポール、インドネシアの計6ヶ国・65の劇場で、衛星中継を利用してリアルタイムで観れるライブ・ビューイングも開催されました。奈々さんのライブがライブ・ビューイングで上映されるのは、これまた初となります!
 以前の記事でも書いたのですが、管理人は8月に「Vitalization」のシリアルナンバーで申し込めるプレミア先行予約に申し込み、MOVIXさいたまのライブ・ビューイングに当選してチケットを入手できました。今回のイベントレポでは、そのMOVIXさいたまでのライブ・ビューイングの様子をレポートします。

関連記事:
 ・「NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013」愛知公演(1日目&2日目)に行ってきました!(パート3)(2013年8月28日更新)
 ・「NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013」愛知公演(1日目&2日目)に行ってきました!(パート2)(2013年8月25日更新)
 ・「NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013」愛知公演(1日目&2日目)に行ってきました!(パート1)(2013年8月23日更新)


LCtaiwan2LV002.jpg

 今回のライブではライブ会場だけでなく、ライブ・ビューイングの会場でもグッズの販売が行われました。
 販売されたグッズはライブ会場やライブ・ビューイング会場の有る国毎に異なっていましたが、日本のライブ・ビューイング会場では「会場限定Tシャツ」「会場限定ピンズ」「ペンライト」の3点が販売されました。
 ツイッターで回ってきた情報によれば、長い行列になっている劇場はどこにも無かったらしく、どこの劇場でもすぐに購入する事が出来たようです。管理人が物販購入の為にMOVIXさいたまに入ったのは午前10時20分頃でしたが、待機列は無く、またグッズの在庫も大量に有りました。




LCtaiwan2LV003.jpg

 管理人が今回購入したグッズはTシャツとピンズのみ。ペンライトは日本でのツアー開催時に販売された物と同じだった為、購入しませんでした。
 Tシャツの色はホワイトで、プリントされているデザインは日本でのツアー開催時に販売された物とほぼ同じですが、後ろの面にプリントされているツアー日程に台湾公演の日程が追加されています。またピンズには、パイナップルをバックにして、台湾の定番土産であるパイナップルケーキと思われる物を食べているナネットさんが描かれています。




 ここからはライブの内容について。
 劇場での上映は予定通り18時から開始されましたが、ライブの開始はそれより10分くらい後でした。

 セットリストは以下の通り。(赤字は日本でのライブツアーでは歌われなかった楽曲)

※オープニング
 1.Gimmick Game
 2.Lovely Fruit
 3.POP MASTER
  ※MC①
 4.COSMIC LOVE
 5.Love Brick
  ※チェリーボーイズメンバー紹介(音楽戦隊チェリボセブンG)
 6.Get my drift?
 7.純潔パラドックス
 8.BRIGHT STREAM
  ※MC②
 9. Happy☆Go-Round!
 10.DISCOTHEQUE
 11.POWER GATE
  ※チェリーボーイズ演奏
 12.Naked Solder
 13.革命デュアリズム ※台湾公演1日目で単独ライブ初登場
  ※MC③
 14.Vitalization
 15.Preserved Roses
 16.ETERNAL BLAZE
  ※MC④
 17. 愛の星

■アンコール
 18.SCARLET KNIGHT
  ※MC⑤
 19.SUPER GENERATION
  ※MC⑥
 20.深愛  ※歌詞の一部を北京語に訳して歌唱

■ダブルアンコール
  ※MC⑦
 21.innocent starter


 「音楽戦隊チェリボセブンG」の内容は日本でのライブツアーの際に上映されたものとほぼ同じでしたが、台湾公演の為に若干変更された部分が有りました。
 チェリーボーイズのメンバー紹介では定番となっている「テーマ」は、「自分の名前を中国語で言う」でした。



 次に、MCの内容を簡単に紹介。記憶を頼りにしているので、一部間違いが有るかもしれません…。
赤字は初めて発表されたもの)

※MC①
 ・台湾に入国した際の話題。
  空港で大歓迎されただけでなく、空港のスタッフに「礼儀正しいファンばかりだ」と言われたとの事。
 ・今回のライブがライブ・ビューイングで中継されていることについて。6つの都市(多分「国と地域」の言い間違いと思われます)
  に有る計65の劇場で上映されているとの事で、三嶋(章夫)プロデューサーは、「なのはの劇場版1作目(The MOVIE 1st)
  の上映館数より多い」と話していたとか。

※MC②
 ・今着ている衣装が台湾公演の為だけに作られた衣装で、振袖を使用して作った。今日が着収め。
 ・「回って!」コール→奈々さんだけ回る→「もう1回!」→奈々さんとチェリーボーイズ全員が回る
 ・昨日のライブ終了後の話。ケニー(北島健二さん)とりゅーたん(坂本竜太さん)は海鮮とビールを楽しんでた一方で、
  奈々さんとイタルビッチ(渡辺格さん)はホテルに戻って寝たとの事。しかし奈々さんは興奮で寝付けなかったとか。
 ・「BRIGHT STREAM」に関連して、「魔法少女リリカルなのは」シリーズの話題。現在新作(The MOVIE 3rd Refrection)の
  製作が進行中である事が話されていました。また、スタッフが台湾のアニメイトに潜入したところ、リリカルなのはの
  グッズは18禁のコーナーに置かれていたそうで、これについて、「変身シーンで裸になるからなのでは?」という推察
  をしていながらも、「なのはは健全で、友情が描かれている作品」と話していました。

※MC③
 ・「革命デュアリズム」に関連して、T.M.Revolutionとのコラボシングルが「日本レコード大賞」の企画賞を受賞。
 ・今回のライブにも密着した「MJ Presents 水樹奈々 in Asia」が放送される事についての話。奈々さんは台湾でも観れるか
  心配していたところ、どうやら台湾でも観れる模様。

※MC④
 ・台湾公演開催決定の経緯について。現地で販売されているCDにはアンケート用紙が入っており、その中で「台湾でライブを
  やって欲しい」というリクエストが多かった事が、今回のライブの実現に繋がった。

※MC⑤
 ・この台湾公演の映像化が決定。収録形態や発売時期についての発表は無し。

※MC⑥
 ・次に歌う「深愛」は、フェイスブックで行われたリクエストで1位を獲得した事からセットリスト入りが決定。

※MC⑦
 ・2014年に台湾で2度目のライブ開催決定。
 ・会場では、ダブルアンコールのコールに代わって「POWER GATE」の大合唱が有った事を受けて、昨日(1日目)では
  「SUPER GENERATION」の大合唱が有った事と、それに対してお礼が出来なかった事について。急遽考えた結果、
  2日目では「innocent starter」を歌う事に決めたのだとか。




LCtaiwan2LV004.jpg

 ライブが終了したのは、21時頃でした。

 今回のライブは、会場がライブハウスという事もあって、日本でのライブツアーの際に登場した象(ナンボ)、チームヨーダ、ピエロの「うっちー」さんや「G-Rockets」が登場しておらず、演出面ではかなりの部分が削られてしまっていました。
 セットリストの内容は、ここ最近のライブでは定番となっている初期の頃のアルバムに収録された楽曲が無く、代わりにアニメのテーマ曲となった楽曲がセットリスト入りしました。初の台湾公演という事で、恐らくは台湾で認知度や人気が高いであろう楽曲を選抜した結果、このようになったものと思われます。
 奈々さんはMCや挨拶の中で、一部に簡単な北京語を交えながらトークしていただけでなく、「深愛」は歌詞の一部を北京語に翻訳して歌っていました。海外でライブをするに当たっては珍しくない事なのかもしれませんが、個人的には北京語を喋る奈々さんは新鮮に感じました。また、アンコール前のコールの代わりに歌を歌う等、日本のファンには見られない反応をしていた台湾の観客の行動も新鮮に感じました。
 今回は初の海外ライブだけでなく、初めてライブ・ビューイングが開催されたライブでもありました。会場にいたファンの中には「(いつもの)ライブはチケット代が高くて行けない」と話していた方もいた事から、チケット代が安く交通費も割安に済ませられるライブ・ビューイングは、ファンの裾野を更に広げられる可能性が有るのではないかと思います。しかしながら、ライブ・ビューイングは双方向でやり取りできるものではない為に、日本の観客の様子は奈々さんには伝わっておらず、この点については物足りなさを感じました。
 初の海外ライブ、初のライブ・ビューイングと、奈々さんやチーム水樹のスタッフにとっては初めてづくしだったのではないかと思いますが、今回のライブは奈々さんの海外進出への大きな一歩になったのではないかと思います。

 最後になりましたが、奈々さん、全世界のライブやライブ・ビューイングに参戦された皆さん、本当にお疲れ様でした!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。