※写真をクリックすると、元のサイズで表示されます。

symphogearlive2013-001.jpg

 14日に、幕張メッセイベントホールで開催された、「シンフォギアライブ2013」に行ってきましたッ!
 「戦姫絶唱シンフォギア」関連のイベントに参戦したのは、昨年3月31日~4月1日に開催された「ANIME CONTENTS EXPO 2012」でのステージイベント以来です。実は、その後に開催された「シンフォギアライブ2012」や「戦姫絶唱シンフォギアG」の第1話プレミア試写会は落選してしまった為に行けずじまいとなってしまっており、実に約1年9ヶ月ぶりのシンフォギア関連イベント参戦となりました。
 この日の奈々さんは、午前中は品川プリンスシネマで行われた「映画かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご」の公開初日舞台挨拶に登壇しており、その後にこのイベントに出演しました。管理人はかいけつゾロリの舞台挨拶にも行っていたので、この日は今年3月の「水樹奈々大いに唄う 参」以来久々に、1日に生奈々さんを2度観る事が出来ました。

関連記事:
 ・「映画かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご」公開初日舞台挨拶に行ってきました!(2013年12月15日更新)
 ・「戦姫絶唱シンフォギアG」完結ッ!(2013年9月30日更新)
 ・両国国技館座長公演「水樹奈々大いに唄う 参」に行ってきました!(前編)(2013年3月4日更新)
 ・「ANIME CONTENTS EXPO 2012」に行ってきました! ~ステージイベント編~(2012年4月1日更新)


symphogearlive2013-006.jpg

 管理人が会場に到着したのは15時30分頃。開場は16時でしたが、管理人が到着した時、既に開場待ちの長い行列が出来ていました。




symphogearlive2013-007.jpg symphogearlive2013-004.jpg

 物販開場は、イベントホールの中に有りました。午前10時から行われていた物販は開場前に一旦終了したようで、開演前の物販は開場後に会場内に並んで購入する方式になっていました。
 管理人は何か一つ買おうと考えていたのですが、開演前・終演後共に物販列に並べるだけの時間的・肉体的余裕が無く、何も買えずに終わってしまいましたorz




symphogearlive2013-002.jpg symphogearlive2013-003.jpg

 会場内にはフラワースタンドが展示されていました。
 展示されていたフラワースタンドは「Elements Garden」「アニメロミックス」「ブシロード」「グッドスマイルカンパニー(安藝貴範社長)」等の、製作関係者やスポンサーから贈られた物だけでなく、悠木碧さんの非公式ファンクラブ等、作品や声優さんのファンから贈られた物も有りました。
 第1期シリーズの放送開始前に開催された「第1話プレミア上映会」の開催時には、広告関係を担当した「クオラス」からのフラワースタンドしか無かったのですが、それから約2年の時と2つのシリーズを経て、「戦姫絶唱シンフォギア」という作品が大きくなっていった事を実感しました。




 開演は17時15分頃でした。
 開演時に注意事項等をアナウンスする「カゲナレ」は「暁切歌」と「月読調」のコンビで、キャラソンの歌詞の一部を引用しただけでなく、「『ORBITAL BEAT』を歌っている時にノイズが現れる確率が高い」等のアニメのシーンを元ネタにした話や、「切ちゃんが『手紙』を歌う」等のネタバレも含まれていました。


1.オープニング
 オープニングはシンフォギアGらしく、奈々さんと日笠陽子さんによる「不死鳥のフランメ」でした。
 二人の衣装は、第1話での「風鳴翼」と「マリア・カデンツァヴナ・イヴ」の衣装を基にデザインされており、マイクも劇中に似たものが使用されていました。

2.出演者登場
 オープニング終了後、司会を務める石川英郎さん(風鳴弦十郎役)と杉田智和さん(ウェル博士役)が登場。どちらも自分が演じたキャラクターのコスプレをしての登場でしたが、杉田さんはウェル博士の髪型のカツラを被る程の徹底ぶりでした。
 二人の登場後、その他の全ての声優さんが登場しました。今回のイベントに出演された声優さんは、以下の10名です。

 ・悠木碧さん(立花響役)
 ・水樹奈々さん(風鳴翼役)
 ・高垣彩陽さん(雪音クリス役)
 ・井口裕香さん(小日向未来役)
 ・石川英郎さん(風鳴弦十郎役) ※司会
 ・日笠陽子さん(マリア・カデンツァヴナ・イヴ役)
 ・茅野愛衣さん(暁切歌役)
 ・南條愛乃さん(月読調役)
 ・杉田智和さん(ウェル博士役) ※司会
 ・井上喜久子さん(ナスターシャ教授役) ※サプライズ出演

 井上さんの登場は当然ながら最後でしたが、登場の際の挨拶はお馴染みの「井上喜久子17才です」→観客「おいおい」でした。

3.バラエティコーナー
 声優さん達がゲームで競い合うこのコーナーでは、2チームに分かれて行われました。
 チーム分けは、演じるキャラが劇中で所属している組織に合わせて、悠木さん、奈々さん、高垣さん、井口さんの4人は「二課チーム」、そして日笠さん、茅野さん、南条さん、井上さんの4人は「F.I.Sチーム」となりました。
 ゲームでポイントを獲得して、最終的に多いポイントを獲得したチームの勝利となるゲームです(ポイントの単位は「G」)。司会からは、勝ったチームにはとっておきのプレゼントが有ると話されましたが、その内容は「とっておきたいとっておき」という事で、この時点では伏せられていました。

①戦姫絶妙ジェスチャークイズG
 「シンフォギアライブ2012」でも行われたというジェスチャークイズ。
 始めにジェスチャー担当と解答担当が指定され、指定されたジェスチャー担当が劇中の(所属チームのキャラクターに関連した)ワンシーンをジェスチャーで行い、それを解答担当が答え、不正解の場合には相手チームに解答権が移る、というルールでした。
 獲得ポイントは正解すると50G、不正解を受けて相手チームが正解した場合は、そのチームが100G。
 ジェスチャークイズは二課チームを先攻に、一問ずつ交代で行われました。

・二課チーム
  1問目:第9話での特訓シーン(ジェスチャー担当:悠木さん、解答担当:高垣さん 正解)
  2問目:最終話で未来がソロモンの杖をバビロニアの宝物庫に投げるシーン
       (ジェスチャー担当:井口さん、解答担当:奈々さん 不正解→F.I.Sチーム正解)

・F.I.Sチーム
  1問目:第7話での切歌(正確には調)がバリアを張るシーン(ジェスチャー担当:茅野さん、解答担当:南條さん 正解)
  2問目:第8話でのナスターシャを担いでスカイタワーを脱出しようとするマリア
       (ジェスチャー担当:日笠さん、解答担当:井上さん 不正解→二課チーム不正解)

 奈々さんが解答した二課チームの2問目は、奈々さんが「ソロモンの杖」という名前を答えられなかったのが不正解の原因でした。ソロモンの杖は1期から登場していた聖遺物だったので、コレはすんなり言って欲しかったです…。
 井上さんが解答したF.I.Sチームの2問目は、どうやらどのシーンのジェスチャーなのかあまり見当が付かなかったようで、「車椅子を担いで…」という、ややトンデモな解答をしていました(笑)。

②戦姫閃考ノイズセレクション
 「自分が考えたオリジナルのノイズを発表する」…という体の、お絵かきバトルコーナー(笑)。獲得ポイントは、勝利したチームに100G。
 8人全員が、自分が考えたオリジナルのノイズを描き、その中から各チームで1つを選び、その選ばれた2つのノイズの内、観客の拍手が多い方が勝利する、というルールでした。
 描かれたノイズは以下の通り。

二課チーム
 ・悠木さん … 天羽奏の姿をしたノイズ
 ・奈々さん … 武士の姿をしたノイズ(しかし姿は武士そのもので、ノイズらしい部分は全く無し…。隣から覗いた高垣さんは驚愕)
 ・高垣さん … 小型の虫型ノイズ、接触した人間は当然炭化する
 ・井口さん … ゴキブリ型ノイズ

F.I.Sチーム
 ・日笠さん … ふなっしー風ノイズ。イラストの周りには「お・も・て・な・G」「シンフォギアGるプシャー!」の文字。
 ・南條さん … 「今でしょ!」と叫ぶウェル博士(ノイズじゃない…)
 ・茅野さん … 「じぇじぇじぇ」と喋りながら人間の内臓(!)を抉り出すノイズ
 ・井上さん … 「倍返しだ」と喋るバナナ型ノイズ(顔はニコニコ顔)

 先に発表されたのはF.I.Sチームの作品で、その後に二課チームの作品が発表されましたが、奈々さんのイラスト紹介は敢えて一番最後に回されました(笑)。
 二課チームからは奈々さん、そしてF.I.Sチームからは井上さんが選ばれましたが、観客から多数の拍手を得て優勝したのは、奈々さんのイラストでした。

③戦姫連携シンクロポーカー
 出されたお題に、チームメンバー全員が一斉に答え、同じ回答の数で獲得点数が決まるゲームです。解答チームはステージ最前面に置かれたマイクスタンドの前に立ち、手を繋いで一斉に解答する形となっていました。
 獲得チームは、全員一致…100G、3人一致…70G、2人一致…40G、全員一致せず…相手チームに80G。

・二課チーム1問目:声を当てたキャラと一番近いキャストは?
  悠木さん:杉田さん
  奈々さん:碧ちゃん
  高垣さん:碧ちゃん
  井口さん:杉田さん
   ※2人一致×2=80G獲得

・F.I.Sチーム1問目:友達になりたいキャラは?
  日笠さん:響
  南條さん:響
  茅野さん:響
  井上さん:翼さん
   ※70G獲得

・二課チーム2問目:翼がクリスに直して欲しいと思っている事は?
  悠木さん:胸
  奈々さん:名前で呼んでほしい
  高垣さん:食べ方
  井口さん:素直になってほしい
   ※全員不一致の為、F.I.Sチームが80G獲得

・F.I.Sチーム2問目:ナスターシャのマイブームは?
  日笠さん:車椅子を磨く
  南條さん:吐血
  茅野さん:読書
  井上さん:どんぐり拾い
   ※全員不一致の為、二課チームが80G獲得

 二課チーム2問目の時、「胸」と答えた悠木さんに奈々さんは怒りを覚えたらしく、悠木さんを叩きながら責め立てて、それに対して悠木さんは土下座して謝るという一幕が有り、観客側はこれに盛り上がりました。

 最終的には、二課チーム310Gに対してF.I.Sチームは300Gで、二課チームの勝利となりました。
 勝利した二課チームには、「あったかいもの」に関連して、お鍋セット(しかもカニ入り!)と、それを調理した現物がプレゼントされました。ステージ上では司会の二人が試食を強行しましたが、お互いに一口ずつ食べさせ合っていました(笑)。


4.場繋ぎ
 バラエティコーナーが終わり、次のライブコーナーの準備が完了するまで、司会のお二人と井上さんが、作品や演じたキャラクターに関したトークをしていました。
 観客が驚いたのが、井上さんの実年齢が高山みなみさん(天羽奏役)と同じ事で、石川さんが「高山さんも17才」という内容の発言をすると、井上さんは「みなみちゃんはそんなおかしな人じゃない」と話していました。


5.ライブコーナー
 ライブコーナーは、7人の声優さんが順番に、自身が演じたキャラクターのキャラソンを歌いつつ、間のMCでは作品や自身が演じたキャラクターに関する想い等を話していました。
 また衣装は、演じているキャラクターが戦闘時に装着しているギアをイメージしたものとなっていました。

①高垣彩陽
 1.Next Destination
 2.Bye-Bye Lullaby(雪音クリスキャラソン)
  MC … 劇中でクリスが、自分の帰る場所を見つける事が出来た事について、等
 3.教室モノクローム(雪音クリスキャラソン、第4話エンディングテーマ)

②日笠陽子
 1.烈槍・ガングニール(マリア・カデンツァヴナ・イヴキャラソン)
  MC … 「Dark Oblivion」はマリアが世界的な歌姫である事から歌詞が全て英語である。
        歌詞が全部英語の歌を歌う話が有った時に軽く引き受けてしまった為、後で大変な事になった、等
 2.Dark Oblivion(マリア・カデンツァヴナ・イヴキャラソン、劇中未使用曲)

③南條愛乃
 1.PRACTICE MODE(月読調キャラソン、劇中未使用曲)

④南條愛乃&茅野愛衣
 1.Edge Works of Goddess ZABABA(月読調&暁切歌キャラソン)
  MC … 「Edge Works of Goddess ZABABA」は、ファンからのリクエストが多かった為セットリスト入りした、等
 2.ORBITAL BEAT(月読調&暁切歌バージョン)

⑤茅野愛衣
 1.手紙(暁切歌キャラソン、劇中未使用曲)

⑥井口裕香
 1.歪鏡・シェンショウジン(小日向未来キャラソン)
  MC … 「歪鏡・シェンショウジン」は、楽曲の内容に合わせて恨みを込めて歌った。
        歌う前に流れた未来の変身シーンは、このライブの為に作られた新作映像である事、等
 2.かばんの隠し事(小日向未来キャラソン、劇中未使用曲)

⑦悠木碧
 1.Rainbow Flower(立花響キャラソン)
 2.正義を信じて、握り締めて(立花響キャラソン)

⑧悠木碧&石川英郎
 1.英雄故事(立花響&風鳴弦十郎キャラソン、第9話劇中使用曲)

⑩水樹奈々
 1.恋の桶狭間(風鳴翼キャラソン、第1期劇中使用曲)
 2.月煌ノ剣(風鳴翼キャラソン)
  ※MC … リハーサルで、装者の声優陣は自身が演じたキャラのTシャツを着ていた事を受けて、井上さんが「ナスターシャの
        Tシャツも欲しい」と言っていた。
        「恋の桶狭間」について。
        観客席から多数の「回って!」コール。しかし奈々さんは「ここはシンフォギアのライブだぞ」と言って回らず。
 3.Vitalization

⑪悠木碧&水樹奈々&高垣彩陽&日笠陽子&南條愛乃&茅野愛衣
 1.始まりの歌(バベル)(装者6人のキャラソン、最終話劇中使用曲)

 悠木さんは自身のソロのキャラソンを歌い終わった後、前回のシンフォギアライブで泣いてしまった事から、今にも泣きそうな顔になりながらも「今回は泣かない」と話していました。
 「英雄故事」の前に登場した石川英郎さんは、道着姿でした。石川さんはもう一着の道着(上のみ)を悠木さんに着せていましたが、帯を締める時は何故か後ろから腰に手を回しており、いやらしく見えました(笑)。
 「英雄故事」を歌い終わった後の悠木さんと石川さんは「響君ッ!」「師匠ーッ!」と何度も叫び合っていましたが、最後は石川さんの気の抜けたような「帰ろう」で締められ、笑いを誘っていました。後から登場した奈々さんは、この掛け合いを受けて「いつステージに出るべきか戸惑った」という内容の話をしていました。


 ライブが一通り終わった後、観客からの多数の「アンコール」を受けて、ムービーが上映されました。
 そのムービーは「特報」で、その内容は「『戦姫絶唱シンフォギア』第3期製作決定!」でした。これが流れた途端、会場は大きな歓声に沸き立っていました。
 その後、装者6人が再び登場し、アンコール曲を歌いました。


⑫悠木碧&水樹奈々&高垣彩陽&日笠陽子&南條愛乃&茅野愛衣(アンコール)
 1.虹色のフリューゲル(装者6人のキャラソン、最終話エンディングテーマ)


 その後、井口さんを除く9人の声優さんがステージ上に揃いました。井口さんは「大人の事情」により途中退場になったとの事ですが、恐らくは毎週レギュラーで出演している生放送番組「こむちゃっとカウントダウン」に出演する為だったと思われます。
 エンディングのトークは、出演者にも知らされていなかった第3期製作決定に関連した内容が殆どでした。ムービーはマリア、切歌、調も第3期で活躍する内容ではあったものの、日笠さん達は「G」の最終話でマリア達がお縄にかかってしまった事から再登場出来るか心配していましたが、石川さんは「金子さんがこれから、出て来る方法を決めるはず」と話していた他、ウェル博士については「金子(彰史)さんが好きなキャラだから、また登場するチャンスは有るはず」とも話していました。また、「今回のイベントで発表されたオリジナルノイズが登場する可能性は有るのか?」等、様々な疑問や期待が話されていました。奈々さんは「登場キャラクターがまた増えると、初期のキャラクターの出番が少なくなってしまいそう…」と、「魔法少女リリカルなのは」シリーズと同じ事になる事を心配していました。
 また、このイベントを収録したブルーレイとDVDが発売されるという、もう一つの嬉しいお知らせも発表されました。
 最後は、悠木さんの「シンフォギアー!」の後に続いて、観客が「Gー!!」と叫び、このイベントは終了しました。




symphogearlive2013-005.jpg

 イベントが終了したのは、20時を少し過ぎた頃でした。

 「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズの作品が持つ特色の一つに「本作特有のアツさ」が有るのですが、このライブは歌う声優さんが戦闘曲やテーマ曲をアツく歌い上げるだけでなく、セットリストも劇中で使用された楽曲やキャラソンCD収録曲を出し惜しみ無く出すセットリストになっており、作品の特色を良く反映した激アツなライブになっていました。
 管理人は奈々さんの単独ライブや、奈々さんが登壇する舞台挨拶等のイベントには度々行っていますが、奈々さんが出演するアニメ作品の単独イベントにはここ暫く行く機会に恵まれていなかった為、今回、昨年4月に開催された「BLOOD-“C"arnival」以来、久々に行く事が出来ました。奈々さん以外の声優さんの歌を生で聴くのも久々だった為、その意味では良い刺激になりました。
 奈々さんは「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズに当初から関わっていた為、管理人もこの作品はスタート時から知ってはいるのですが、シリーズ開始から約2年の時と2つのテレビアニメシリーズの放送を経てファンを増やして行った事を実感しました。オープニングでの石川さんの話によれば、今回のライブ会場の収容人数は前回のそれの3倍だったそうですが、それに加えてチケットのプレミア先行抽選も前回と同様に激戦で、作品人気は急激に高くなっているようにも感じられました。
 第3期シリーズの放送時期や内容はまだ不明ですが、今後の情報解禁や放送を楽しみに待ちたいと思います。

 奈々さんをはじめとした出演者の皆さん、本当にお疲れ様でした!




symphogearlive2013-008.jpg

 今回の戦利品。
 エンディングでの「シンフォギアー!」「Gー!」の掛け合いが行われた際に、大量のテープが打ち上げられました。テープには、「SYMPHOGEAR LIVE 2013」の文字とマークがプリントされています。
 管理人の席は、ステージに近い「アリーナAブロック」だった為、大量のテープが頭上から降ってきました(笑)。


 最後に、奈々さんをはじめとした関係者の記事と公式レポートを紹介。
 本記事掲載時点で、高垣さんの記事だけはライブ後の記事が掲載されていない為、ライブ前の記事を紹介します。

 ・胸の歌を信じて...☆(水樹奈々公式サイト NANAPARTY)
 ・このこぶしも!いのちも!しんふぉぎあだ!!(もったり あんぜりか。 悠木碧オフィシャルブログ)
 ・いよいよ明日は…。(高垣彩陽オフィシャルブログ「あやひごろ」)
 ・しんふぉぎあらいぶ2013(日笠陽子のひよっ子記)
 ・シゴトを続けられるというシアワセ(ウィッチクラフトスタッフブログ(仮)、原作者兼シリーズ構成・金子彰史さんの記事)
 ・『戦姫絶唱シンフォギア』第三期も制作決定! 「シンフォギアライブ2013」公式レポート(アニメイトTV)