上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 27日深夜に、奈々さんがオープニングテーマを担当すると共に「クリムヒルト」役でも出演していた「革命機ヴァルヴレイヴ」の最終話(第24話、TBS放送分)が放送され、2クールの放送が終了しました!

関連記事:
 ・水樹奈々×T.M.Revolutionコラボレーションシングル第2弾「革命デュアリズム」、本日発売!(2013年10月23日更新)
 ・T.M.Revolution×水樹奈々コラボレーションシングル「Preserved Roses」、本日発売!(2013年5月15日更新)
 ・1/144スケール メカニックコレクション「ヴァルヴレイヴⅠ 火人」レビュー(2013年5月11日更新)

関連リンク:革命機ヴァルヴレイヴ(公式サイト)

※以下は作品のネタバレを含みます。


 始めに、本作品の概要を簡単に紹介。
 この作品は「機動戦士ガンダム」シリーズ等で知られる「サンライズ」が製作した、完全新作のロボットアニメです。
 物語は、宇宙移民により総人口の7割が宇宙で暮らすようになり、世界が二つの大きな勢力に分かれるようになった「真暦71年」の世界を舞台に、謎の人型兵器「ヴァルヴレイヴ」を巡る物語が繰り広げられます。
 本作品は分割2クールの特殊な放送形態となっており、1stシーズン(第1話~第12話)が2013年4月~6月に放送され、2013年10月より2ndシーズン(第13話~第24話)が放送されました。

 ここからは、個人的感想など。
 ストーリー展開は、1stシーズンでヴァルヴレイヴの起動や新生ジオールの誕生等、侵攻してくるドルシアに対して抵抗する咲森学園の生徒達の抵抗が描かれる中にヴァルヴレイヴや「カミツキ」の謎等を散りばめ、2ndシーズンでそれらの謎を解き明かすすると共に本作のタイトルにもなっている「革命」が始まる、という手法が採られていました。
 1stシーズンを視聴していれば2ndシーズンは十二分に楽しめたのではないかと思いますが、2ndシーズン終盤は怒涛のストーリー展開となっており、かなり駆け足な感じがしました。また、エピローグで一部主要キャラクターが100年以上も変わらない容姿を保っている事等、一部の謎については結局未回収に終わっており、この点については残念に思いました。放送期間が2クールのアニメは殆どが全25話~26話となっている中で、この作品は全24話と若干少なく、それ故にやむを得ない部分も有ったのではないかと思います。

 この作品は、「時縞ハルト」と「エルエルフ」の二人を中心にストーリーが展開される、所謂「ダブル主人公」の作品です。
 二人は当初、利害の一致から「契約」という形で手を組みますが、ドルシアとの戦いを続けていく中でお互いを知ると共に「マギウス」の存在を知り、終盤では「人とカミツキ(マギウス)が共存できる世界を作る」という「約束」を交わします。
 エルエルフは、ロボットアニメの主人公であるにもかかわらず搭乗する機体は無く、作戦立案や分析等が主な役割でした。しかしながら、1stシーズンでは彼自身に関する謎も散りばめられていただけでなく、劇中ではその役割や独特のセリフ・口癖により、ハルトと同等か、あるいはそれ以上の存在感を出していました。2ndシーズン放送前に行われたキャラクター人気投票では、「一番お気に入りのキャラクター」「カミツキたい男性キャラクター」「ハムエッグを半分こしたいキャラクター」の3部門で1位を獲得するほどの人気を誇っており、人気においても主人公と呼ぶに相応しいキャラクターでした。
 最終話でハルトが搭乗するヴァルヴレイヴⅠが戦った最後の敵は、恐らく大方の視聴者が予想していたであろうヴァルヴレイヴⅡ(ダーインスレイヴ)でしたが、ハルトとエルエルフは力を合わせてこの強敵に立ち向かう、最終決戦ならではのアツい展開となりました。

 奈々さんについて。
 奈々さんはこのアニメに、主人公達と敵対するドルシアの軍人でありながら、ドルシアの現体制に反抗する王党派のメンバーでもある「クリムヒルト」役で出演していました。奈々さんは、自身がテーマ曲を歌うアニメ作品ではメインキャラクターの役で出演する場合が殆どですが、クリムヒルトはメインキャラクターと言えるほどの出番や活躍は無く、「奈々さんを声優としても起用する目的で用意されたキャラクター」という感じがしました。
 また、奈々さんはこの作品で、モブキャラの声も頻繁に担当していました。担当していたのは咲森学園の生徒役が殆どでしたが、クリムヒルトが登場する回の殆どでモブキャラの声を担当しています。録画等によって再視聴可能な方は、その部分に注意して再視聴してみても楽しいのではないかと思います。

 前述した通り、奈々さんはこの作品のオープニングテーマを、T.M.Revolutionと共に担当しました。
 T.M.Revolutionとのコラボレーションは、レコード会社の枠を越えた、まさに「革命的」とも言えるコラボレーションで、2013年の奈々さんの歌手活動を語る上では絶対に外せないものとなりました。本作品のオープニングテーマとなった「Preserved Roses」と「革命デュアリズム」の発売前後には多数の音楽番組にゲスト出演しただけでなく、今年の「第64回NHK紅白歌合戦」ではこれら2曲のどちらか、もしくは両方を歌う事が予想されます。また、この2曲はその革命的コラボレーションによって、「第55回日本レコード大賞」で「企画賞」を受賞しました。
 「Preserved Roses」と「革命デュアリズム」は、「現在人気の有る2人のアーティストが、レコード会社の枠を越えてコラボした」という事で、アニメの枠を越えた注目を集めたと思います。しかしながら、これらの楽曲が歌われたり紹介された番組では、「『革命機ヴァルヴレイヴ』というTVアニメのオープニングテーマになっている」という事については、殆ど触れられていませんでした。数年にわたってシリーズ展開を重ねて人気を獲得してきた「魔法少女リリカルなのは」シリーズや「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズに比べると、ヴァルヴレイヴのシリーズ展開は非常に短い為に注目されづらかった、というのも考えられますが、作品の注目度や人気がオープニングテーマのそれについて来れていないようにも感じられました。

 感想等はここまで。
 「革命機ヴァルヴレイヴ」のTVシリーズの展開はこれで終了となりますが、コミック作品の連載は複数の雑誌で継続されており、そちらはもう暫く続くのではないかと思います。


 ここからはおまけ的な話。
 先日、1月に発売される2ndシーズンのBD/DVD第2巻の収録内容に関する情報が公式サイトで発表されましたが、この「完全生産限定版」には映像特典として、9月にパシフィコ横浜で開催された「革命機ヴァルヴレイヴ SUMMIT」の映像が収録されるそうです!
 ライブパートは収録されないとの事ですが、奈々さんはクリムヒルト役としてもこのイベントに出演している為、そちらでの様子を見る事が出来ます。



 そしてもう一つは個人的近況。
 現在、12月上旬に発売された「ヴァルヴレイヴⅠ火人 フルインパクト」のプラキットを作っています。

 既に各パーツの大まかな塗装と組み立ては完了しており、あとはスミ入れと細かい塗装を残すのみとなっています。
 しかしながら、年内の完成は難しい状況になっている為、年が明けてからなるべく早い内に完成させてレビュー記事を掲載しようと思っています。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。