上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深愛 (しんあい) (幻冬舎文庫)深愛 (しんあい) (幻冬舎文庫)
(2014/01/16)
水樹奈々

商品詳細を見る

 2011年1月に発売され、ファンの間で話題を呼んだ奈々さんの自叙伝「深愛」
 それから約3年が経った本日、その文庫版が発売されました!

関連記事:水樹奈々自叙伝「深愛」感想(2011年1月22日更新)


 奈々さんの新作のCDやブルーレイ、DVDが発売される際には店舗ごとに異なる特典が配布されるのが定番ですが、この書籍でも発売に合わせて店舗特典の配布が実施されています。しかしながら、CDやブルーレイ、DVDとは異なるものだからなのか店舗特典を配布している企業は3社にとどまっています。、
 店舗特典の詳細については下記のリンクを参照して下さい。

 ・水樹奈々さんの自叙伝「深愛」の文庫版が2014年1月に発売(蒼の記録)


 本文の内容は2011年に発売された単行本や2012年に発売されたKindle版から変更されていませんが、文庫版になる事から単行本よりもサイズが小さくなっており、また価格も単行本(税込1,600円)から安くなっています。
 本文の感想については前述の関連記事で書いているので割愛します。なお、発売直後には「エキサイト」で、感想や関連したインタビュー記事も掲載されたので、併せて読むと更に楽しめるのではないかと思います。

 ・バレンタインデーには、大好きなあの人にウイスキーボンボンを〈『深愛』水樹奈々インタビュー 前編〉
 ・どれだけラブラブなんだよ! ってみんなから突っ込まれるくらい〈『深愛』水樹奈々インタビュー 後編〉
 ・紅白出場の裏に秘められたドラマです! 水樹奈々『深愛』を読んでみました


 また、文庫版で刊行されるに当たり、下記の記事等が追加・変更されています。

 ・表紙カバーが撮り下ろし写真に変更
 ・巻頭に撮り下ろしカラーグラビア(全8ページ)
 ・奈々さんと、奈々さんのプロデューサー・三嶋章夫さんの対談記事
 ・奈々さんによる文庫版あとがき
 ・「MUSIC JAPAN」等を担当しているNHKのエグゼクティブプロデューサー・石原真さんによる解説

 本文の内容は単行本版と同一である事から、単行本版発売後に開催された東京ドームでのライブ(NANA MIZUKI LIVE CASTLE 2011)がまだ実現していない時点での内容になっており、東京ドームライブについては「夢」として書いている等、現在では少し古い情報になってしまっている部分も有ります。
 しかしながら、追加された記事はごく最近書き起こされたものと思われ、奈々さんと三嶋プロデューサーの対談記事の中では東京ドームライブの舞台裏についての話題が有るだけでなく、奈々さんが歌手デビュー20周年を迎える2020年に東京オリンピックが開催される事についても話しており、それに関連して歌手・水樹奈々の「これから」についても少し対談しています。
 また、石原真さんの解説は、彼自身が音楽だけでなくアニメに対する知識や理解も有る事の話から、初めて聴いた奈々さんの楽曲(ETERNAL BLAZE)で受けた衝撃や、当時のテレビやテレビにおけるアニソンの扱い、「第60回NHK紅白歌合戦」で奈々さんの出場が決定した際のウラ話等について書いています。


 ここからは感想。
 本文の内容は前述の通り若干古くなってしまっているものの、逆境でも歯を食いしって頑張れる奈々さんの芯の強さや、様々な人との出逢いや努力がもたらしたサクセスストーリーは、今改めて読んでみても感動します。
 管理人は単行本版を読んだ直後に「奈々さんのライブに行ってみたい!」と思うようになって、単行本発売直後に開催された「NANA MIZUK LIVE GRACE 2011」で奈々さんのライブに初参戦し、以後も積極的に参戦してるので、今読み返したら、本文中でのライブの様子がよく分かるようになりました。
 新しく追加された記事は三嶋プロデューサーや石原さんの視点からの奈々さんに関する話が有るだけでなく、歌手・水樹奈々の「これから」を占う要素になるであろう内容も有り、非常に興味深い内容になっています。
 単行本版やを読んだ事が無かった人はもちろん、既に単行本版を読んだ方でも楽しめる内容になっている思います。


 この単行本版「深愛」ですが、1月8日と19日に有明コロシアムで開催される「NANA WINTER FESTA 2014」の物販会場でも販売されます!
 この会場で販売される物は、カバーがイベント会場限定仕様になっており、通常版のカバーは付属しませんので、注意が必要です。
 通常版を購入した管理人ですが、会場でももちろん買います!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。