本日午前11時40分、「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010」等の作品で、「メガトロン」や「ガルバトロン」等の声を当てた、加藤精三さんが亡くなられました。


 加藤さんは古くから俳優・声優として活動されており、代表的な出演作に「巨人の星(星一徹役)」が有ります。
 トランスフォーマーシリーズでは、「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」の「メガトロン」や「デバスター」の声を当てていた他、その続編の「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010」や、それ以降の続編作品では、メガトロンが再生強化された「ガルバトロン」の声を当てていました。
 また特撮では、「ジャーク将軍(仮面ライダーBLACK RX、他)」や「メフィラス星人(ウルトラマン)」等、ファンに強い印象を残す悪役キャラクターの声を当てた声優としても知られていました。
 近年でも精力的に活躍しており、アニメでは「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST(コーネロ役)」等に出演していた他、「パンティ&ストッキングwithガーターベルト」では、メガトロンのパロディーキャラである「メストロン」の声を当てていました。また特撮では、「劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」で20年ぶりにジャーク将軍の声を当て、それ以降の劇場版仮面ライダーでもジャーク将軍の声を当てていました。

 管理人の記憶が正しければ、管理人が最後に観た加藤さんの出演作は「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」でした。その時の声からは衰えが感じられなかっただけに、今回の訃報は非常にショックを受けました。
 加藤さんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます…。