※写真をクリックすると、元のサイズで表示されます。

nanafes2014-2-001.jpg

 前回の更新から少し日数が空いてしまいましたが(汗)、今回はナナフェスこと「NANA WINTER FESTA 2014」(2日目)のイベントレポの「パート2」です。今回は、イベント前半の様子をレポします。
 本題に入る前に、上の有明コロシアムの外壁の写真に関連したこぼれ話をば。イベント当日、管理人が物販待機列に並んだ時には既に本番前の機材チェックやリハーサルが行われていましたようなのですが、有明コロシアムの外壁は音漏れし易い構造のようで、内部の音がかなり漏れてきていました。午前中は機材チェックやチェリーボーイズのリハーサルが行われていたらしく、音楽と男性の声しか聞こえなかったのですが、午後には奈々さんの歌声も聞こえてきました。聞こえてきた楽曲は、管理人が分かる限りでは「ドラマティックラブ」「革命デュアリズム」、そして伴奏のみですが「深愛」も音漏れしていました。リハーサル中に会場から音漏れする楽曲の中には実際に歌われないものも有るそうなのですが、今回のイベントでは、これらの楽曲は全て歌われました(笑)。

関連記事:
 ・「NANA WINTER FESTA 2014」(2日目)に行ってきました!(パート1)(2014年1月21日更新)


 開場は15時からでした。
 席は東西南北4つのブロックに分かれており、東と南は物販開場近くの入口から入れましたが、北と西は反対側に回り込まなければなりませんでした。

 参考:有明コロシアム座席表(西ブロックが上になっています。)

 管理人の座席は「1階5扉(1F-5)のEブロック8列で、東ブロックとの堺に近いブロックでした。また、角でアリーナよりも少し距離は有ったものの、最前列の席となっていました。


 開演は予定通り、16時を少し回ったあたりから開始されました。
 前日(1日目)は、かなり時間が押しての開始だったらしく、都の規制の関係で21時以降は音響機器が使用出来なくなってしまうという事態に見舞われたそうで、2日目はそれを踏まえた上でほぼ時間通りに開始されたのかもしれません。


1.オープニング
 奈々さんのライブでは恒例となっているオープニングムービーは、前回のナナフェスの後から現在までに発売された楽曲のMVを断片的に流すものとなっていました。
 ムービー上映後、ステージに奈々さんが登場しました。セットリストは以下の通り。

 1.ドラマティックラブ
 2.アノネ~まみむめ★もがちょ~

 昨年7月に発売された29thシングル「Vitalization」に収録された3曲の楽曲の内2曲は、昨年開催されたライブツアー(LIVE CIRCUS)で初披露となりましたが、「ドラマティックラブ」だけは歌われておらず、本イベントがライブ初披露となりました。2曲目は、1日目は「アオイイロ」が歌われたとの事ですが、2日目は曲の入れ替えがされていました。

 奈々さんが2曲歌った後、ステージ上にキングレコード三嶋章夫プロデューサーが登場。ここからは奈々さんと三嶋プロデューサーのトークとなりました。三嶋プロデューサーが登場すると、観客席からは多数の「章夫」コールが沸き上がり、三嶋プロデューサーは奈々さんと「『一斉に下の名前で呼ばれた素人』でギネス記録が狙えるのではないか」という話をしていました。
 その後に話題になったのが、昨年末から今年の年始にかけての動きでした。話は時系列順に進められ、最初には昨年末に「日本レコード大賞」で「企画賞」を受賞した話が有り、三嶋プロデューサーが授賞式に出席した事が話されただけでなく、その際に貰った盾の実物を持ち込んで見せていました。
 その後には「第64回NHK紅白歌合戦」の話題になり、今回の衣装の早替えがリハーサルでは失敗していた事や、T.M.Revolutionが(自身も早替えしなければいけなかったにもかかわらず)奈々さんの早替えを気にかけていた事等を話していました。その後には、CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ 2013→2014」の話が有りました。奈々さんは紅白の打ち上げが終わってからTBSに向かったとの事で、到着は2時過ぎだったようです。
 CDTVライブが終わった後の事について、三嶋プロデューサーは「その後、連絡が取れなくなった」と話していました。奈々さんはここ数年、年明けはおママ(母)と強行スケジュールでの旅行に行くのが恒例となっているのですが、今年はニューヨークに行っていました。ちなみに、三嶋プロデューサーには事前にメールで連絡してたそうです(笑)。奈々さんの話によれば、CDTVライブが終了して帰宅したのが午前5時で、それから荷造りを始めて、7時頃に出発したとの事。現地では「自由の女神」や「メトロポリタン美術館」やショーを観に行ったそうです。なお、行った場所については、奈々さんのブログでも書かれています。

 ・あぁ...女神さまっ!(笑)(2014年1月2日更新)
 ・エンジェルツリー♪♪♪(2014年1月3日更新)
 ・観たいモノがありすぎて...(>_<)(2014年1月4日更新)
 ・もちろんママも付けました(笑)(2014年1月5日更新)

 この件について、三嶋プロデューサーは奈々さんを「おてんば娘」と言っていました。奈々さんは三嶋プロデューサーに、メールで「ちょっとニューヨークに行ってきます」と連絡したそうで、これについて三嶋プロデューサーは「お風呂に入ってくる(入浴)と思った」という内容の発言をしてしまった為に、咄嗟にダジャレに定評のある渡辺格さん(イタルビッチ)のせいにしようとしていました。


2.あなたが選ぶNANAソンBEST10
 2013年12月上旬に、奈々さんの公式サイトで「あなたが聴きたい奈々ちゃんソング」として行われたアンケートの結果発表。上位77位が発表され、10位~1位は奈々さんが歌いました。
 また、同時にアンケートが行われた「あなたが聴きたいチェリボソング」もランキングの発表が行われました。こちらはランキング6位から順に、全曲が歌われました。
 始めに、前回のナナフェス開催に際して行われたアンケートのTOP10が発表され、その後に今回のランキングが開始されました。映像のナレーションは、「SmaSTATION!!」のナレーション等で知られる「小林克也」さんが担当していました。
 ランキングの発表は、ランキング10位→ランキング77位~61位→チェリボソング6位→ランキング9位&8位→ランキング60位~51位→チェリボソング5位→ランキング7位&6位&5位→ランキング50位~41位→チェリボソング4位→ランキング4位→ランキング40位~31位→チェリボソング3位→ランキング3位→ランキング30位~21位→チェリボソング2位→ランキング2位→ランキング20位~11位→チェリボソング1位→ランキング1位、の順に発表されました。
 ランキングは以下の通り。なお、11位以下については割愛します。

 ■あなたが選ぶNANAソンBEST10
  10位 POWER GATE
  9位  Tear's night
  8位  BRIGHT STREAM
  7位  innocent starter
  6位  愛の星
  5位  pray
  4位  革命デュアリズム
  3位  Crystal letter
  2位  ETERNAL BRAZE
  1位  深愛

 ■チェリボソングBEST6(カッコ内は歌われたライブ)
  6位  俺たちのJOURNEY(LIVE JOURNEY 2011)
  5位  恋のロックンロールストーリー(LIVE UNION 2012)
  4位  音楽戦隊チェリボセブン(LIVE DIAMOND 2009)
  3位  Dear my princess(LIVE ACADEMY 2010)
  2位  愛のチェリボナイト(LIVE CASTLE 2011)
  1位  音楽戦隊チェリボセブンG(LIVE CIRCUS 2013)

 奈々さんはランクインした楽曲を歌う際に、過去のライブで着た衣装を着て登場しました。その中でも個人的に良かったのは、10位の楽曲を歌う際のキュアブロッサムの衣装(「LIVE GAMES 2010」にて着用)でした。歌った後のトークでは「大地に咲く、一輪の花! キュアブロッサム!」と「おしりパンチッ!」のセリフを喋ってくれた他、次回作のプリキュア(ハピネスチャージプリキュア!)が10周年記念作品になる事や、監督(シリーズディレクター)は「ハートキャッチプリキュア!」の長峯達也さんが担当する事を話していました。
 また、9位と8位の楽曲を歌った後には、人形を思わせる衣装(「LIVE MUSEUM 2007」にて着用)の雰囲気が「亞里亞」に似ている事から、亞里亞の声で「兄やぁ~」と喋ってくれました。
 記憶に新しかったのが、4位の楽曲を歌った時の衣装(「LIVE CIRCUS 2013」にて着用)でした。この楽曲を歌うときには、奈々さんはアリーナに登場せずに、代わりにナネットさん(おっきなたまごからナネットさん)が登場しており、奈々さんは東ブロック3階席あたりから登場し、歌いながら西ブロック3回席あたりまで歩いて行きました。

 このコーナーでのトークは三嶋プロデューサーがメインで務めており、奈々さんとのトークをしただけでなく、ランキングに関する解説等もしていました。
 三嶋プロデューサーによれば、アンケートの回答数は約25,000件との事。1件のアンケートで3曲の楽曲が選択出来る方式だった為、投票総数は約75,000件になったそうです。三嶋プロデューサーもこのアンケートに回答したそうで、その中には、以前より好きな楽曲と公言していた「夏恋模様」を入れた事を(楽曲名を言わずに)話したところ、観客席から多数の「歌ってー!」コールが沸き上がりました。三嶋プロデューサーは必死で拒否したものの、スタッフがステージ上に歌詞カードを持って来た事とステージ外のスタッフの様子から歌わなければならない状況に陥っている事を悟ると、チェリーボーイズの演奏に合わせてサビ部分だけ歌ってくれました。その後には、渡辺豊さん(ゆたぽん)へコメントを求めた際に「悦楽カメリア」の話題が出ると、これまた「歌ってー!」のコールが沸き上がり、「夏恋模様」の時と似た流れで歌う事になりましたが、殆ど歌えていませんでした(笑)。このイベントが映像化される事については早い段階で発表されましたが、三嶋プロデューサーが歌った部分については、歌った本人が「カットする」と話していました。しかしながら、観客席からは「えぇー!?」という不満の声が多数有ったので、実際にどうなるかは、まだ分かりません…(笑)。
 また、ランキングの中に「BRIGHT STREAM」が入った事に関連して、昨年3月に製作決定が発表された「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 3rd Reflection」に関する話も少しだけ有りました。
 三嶋プロデューサーによれば、劇場公開の日程等についてはまだ決まっていないものの、製作は順調に進んでいるとの事です。

 「深愛」がランキング1位を獲得した際には、くす玉が登場し、奈々さんがヒモを引っ張ってお祝いする演出が有りました。履物で身長を少し高くしているにもかかわらず、奈々さんの手はヒモにギリギリで届いていました。

 全てのランキングの発表が終わった後には、血液型別と年代別のTOP10が一斉に発表されました。
 血液型別ではそれほど目立った違いは無かったものの、年代別では、19歳以下のランキングで「Vitalization」がTOP10入りを果たしており、三嶋プロデューサーはこの年代を「(風鳴)翼さん世代」と言っていました。その一方で、40歳以上のランキングでは「愛の星」が2位にランクインしており、これについては「ヤマト世代だから」と話していました。


 今回はここまで。
 次回の「パート3」では、イベント後半の様子を紹介します。

2014年1月26日追記:「パート3」を掲載しました。
 ・「NANA WINTER FESTA 2014」(2日目)に行ってきました!(パート3)(2014年1月26日更新)