※写真をクリックすると、元のサイズで表示されます。

2014031801.jpg

 奈々さんが「花咲つぼみ(キュアブロッサム)」役で出演されている「映画プリキュアオールスターズNew Stage3 永遠のともだち」が、15日より公開されました!
 「ハートキャッチプリキュア!花の都でファッションショー…ですか!?」以来、奈々さん出演のプリキュア映画を毎回観に行っている管理人は、今回ももちろん観に行ってきました。
 今回観に行った映画館は、「NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013+ at台湾」のライブ・ビューイングでもお世話になった「MOVIXさいたま」でした。ここでは公開初日の3月15日だけレイトショー(22時30分開始、23時55分終了)が行われていた為、この機を逃すまいと、仕事が終わってから観に行ってきました。所謂「大きなお友達」向けの上映ではあった為、観客はまばらで子供は居なかったのですが、「ミラクルライト」が特別に配布されるという事は有りませんでした(笑)。
(´-`).。oO(隣の席の大友が何故かミラクルライト持ってた)

関連記事:
 ・「NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013+ at台湾」2日目(ライブ・ビューイング)に行ってきました!(2013年11月25日更新)
 ・「映画プリキュアオールスターズNew Stage2 こころのともだち」観てきました!(2013年3月20日更新)
 ・「映画プリキュアオールスターズNew Stage みらいのともだち」観てきました!(2012年3月17日更新)

関連リンク:
 ・ド迫力っ!!!(水樹奈々公式サイト NANAPARTY)

※以下は作品のネタバレを含みます。


 始めに、大まかなストーリーの紹介。
 子供達が眠ったまま目覚めなくなる事件が頻発する中、眠ったままになってしまった愛乃めぐみ(キュアラブリー)を目覚めさせる為に、「ドキドキ!プリキュア」のプリキュア達と白雪ひめ(キュアプリンセス)と「リボン」は、妖精学校の先生から「ハピネスチャージプリキュア!」の2人を調べるよう頼まれた「グレル」「エンエン」と共に、「ブルー」の力で夢の世界に入り込みます。そこには妖精学校をやめたバクの妖精・ユメタと、眠ったまま目覚めない大勢の子供達がいましたが、プリキュア達はユメタの母・マアムによって夢の世界から追い出されてしまいます。マアムによって歴代のプリキュア全員が夢の世界に閉じ込められた中、「ハピネスチャージプリキュア!」の2人とリボン、グレル、エンエンは、事件を解決する為に再び夢の世界へと向かいます。
 本作は2012年から続いた「New Stage」シリーズ三部作のラストを飾る作品という事で、これまでの「New Stage」シリーズでメインキャラクターとして登場したキャラクターも再登場しました。

 ここからは感想とか。
 今作もこれまでの「New Stage」シリーズと同様に「ともだち」が主要なテーマとなっていますが、中盤以降はマアムによって大量に召喚された「悪夢獣」と、全員集合したプリキュア達の戦いに重点が置かれているように感じられる構成になっており、この点は前シリーズの「DX」シリーズに近かったのではないかと思います。
 前作では、最新作(ドキドキ!)とその前の作品(スマイル)以外のプリキュアは、各シリーズ毎に一部のプリキュアのみが声付きで活躍するようになっていましたが、今作でも同様になっていました。今年はプリキュア10周年という事からか、本作ではエンディングテーマをはじめとして歴代の主役プリキュアにスポットを当てる事を意識していたらしく、歴代の主役プリキュアは全員が声付きで出演していただけでなく合体技も披露していました。前作では声付きでの活躍が無かった主役プリキュアもいたので、この点については嬉しかった人も多かったのではないかと思います。

 奈々さんについて。
 奈々さんは今回も「花咲つぼみ(キュアブロッサム)」役で出演しています。前述の通り、「New Stage」シリーズでは作品によって声付きで活躍するプリキュアが作品毎に異なるのですが、つぼみと「来海えりか(キュアマリン)」は三部作全てに声付きでの登場しており、この2人は「ハートキャッチプリキュア!」という作品の顔とも言えるキャラクターである事を改めて感じました。しかしながら、キャラが立っていたのは相変わらずえりかの方でしたが…(笑)。
 奈々さんとは「水樹奈々 スマイルギャング」で毎週一緒にトークしている「福圓美里」さんも、「星空みゆき(キュアハッピー)」役で出演しています。今作より「スマイルプリキュア!」は、最新作でもその一つ前の作品でもなくなった事で一部のプリキュアが声無しでの活躍になってしまいましたが、「ハートキャッチプリキュア!」と同じくらいのウェイトになった事や、キュアブロッサムとキュアハッピーが一緒に合体技を繰り出したりエンディングテーマを歌ったりしている点は、一スマギャン団員(リスナー)としてはニヤニヤせずにいられませんでした(笑)。

 本作では、「野沢雅子」さんと「剛力彩芽」さんが、特別出演しています。
 野沢さんは、プリキュアと戦う「悪夢獣」の声を演じています。悪夢獣は大小様々なものが登場しますが、野沢さんはそれぞれに様々な声を当てています。
 剛力さんは、夢の世界に閉じ込められてしまった少女の一人である「奈美」の声を演じています。奈美は幼稚園~小学校低学年くらいと思われる女の子ですが、剛力さんは声優が本業でない事もあってか声にキャラクターの年相応の幼さが全く無く、これについてはミスキャストだったと個人的には思います。しかしながら、映画ドキドキ!プリキュアに続く有名人の声優起用は、プリキュアシリーズの知名度が昔よりも向上している事を感じます。


 今作は全体的に見るとバトルの方に力が入っているように感じられますが、「New Stage」シリーズ限定キャラクター総出演や「ハピネスチャージプリキュア!」の映画デビューに加えて歴代主役プリキュアが随所でピックアップされており、完結編らしく見どころの多い作品となっています。
 「ハートキャッチプリキュア!」は、前作と同様につぼみとえりかのみが声付きで活躍してますが、つぼみが主役プリキュアとしてピックアップされているのに対して、えりかはいつものえりからしさが際立っているので(笑)、作品が好きだった人なら十分楽しめると思います。また、今年の奈々さんの声優としての活動は「News every.」等のナレーションが増えている一方でアニメ作品への出演は減少傾向にあるので、その意味では貴重なのではないかと思います。

 映画の最後で告知されていますが、10月に「ハピネスチャージプリキュア!」の映画が公開される事が決定しています。今や毎年恒例となっていると言っても過言ではないかと思いますが…(笑)。
 管理人は、「ハートキャッチプリキュア!」と「スマイルプリキュア!」については、TVシリーズを全話観ただけでなく映画も観に行ったので、現状この2作品と同じくTVシリーズを全話観ている「ハピネスチャージプリキュア!」も、気が向いたら観に行ってるかもしれません…。