上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tf25thanniv-001.jpg

 「トランスフォーマー セレブレーション2014」開催まで、約1週間!
 …というわけで、今回は急遽、旧ブログに掲載した前回のカウントダウンイベントのレポを再掲載します。当時会場にいた方は懐かしんで頂ければ、そして行かなかった(or行けなかった)方は、前回のイベントの様子を知って頂ければと思います。
 このカウントダウンイベントが開催されたのは、今から5年前の2009年。当時の管理人はアニメ・ゲーム系のイベントに足を運ぶ事が全く無かったのですが、本文中にも有るとおり、この年の目標が「積極的に外に出る」だったので、記念すべきカウントダウンイベントという事もあって、初めてイベントに足を運びました。
 管理人の記憶が正しければ、この記事が初めて書いたイベントレポです。旧ブログは殴り書きみたいな記事が多く、このイベントのレポは今見返してみるとあまりにもみっともない乱雑な文章となっていたので、かなりの修正を加えています(苦笑)。
 本文でも紹介していますが、上の写真の「EZコレクション」版オプティマスプライムは、イベントで「トランスフォーマー/リベンジ」関連商品を3,000円以上購入した上で整理券を出さなければならない、先着順の景品でした。トイ自体は一般販売された物と同じですが、海外版のパッケージにイベントのシールが貼られている点が大きな特徴です。管理人は部屋のスペースがそれほど広くない事もあってコレクション整理を頻繁にしているのですが、このトイはサイズが小さい事と数量限定で配布された貴重な物である事から、現在も未開封のまま保存しています。

※本レポート記事は、2009年5月30日と6月10に旧ブログに掲載した記事に一部加筆・修正等を加え再掲載したものです。


 5月29日深夜に開催された「トランスフォーマー生誕25周年記念プレミアイベント」に行ってきました!
 「トランスフォーマー/リベンジ」の第1弾トイは、めぼしい物は既にAmazonで予約済みだったのですが、折角のイベントという事と、今年の個人的な目標が「積極的に外に出る」なので、行ってみる事にしました。ちなみに、2年前のイベントには行きませんでした…orz
 このイベント、当初は「世界最速カウントダウンイベント」という、時差の関係でトイの世界最速発売が日本になる事にあやかったイベントの予定だったのですが、海外の一部地域で5月30日より前倒しして発売した地域が有ったらしく、それにより急遽イベント名を変更したとの事。




tf25thanniv-002.jpg

 会場は池袋サンシャインシティ文化会館前。
 実はよく行くトイザらス池袋店(現地に行ってから、トイザらス池袋店が今回の会場である事を知りました)の真上に位置する場所だったのですが、いつもは地下道を通っている為に、この集合場所が分からず、迷いに迷った末に何とか到着しました…。
 集合場所には「トランスフォーマー/リベンジ」の映像を流した巨大なTVが有りました。 ちなみに上の写真は帰り際に撮影したもので、管理人が会場に到着した時には、既に黒山の人だかりになっていました。
 会場に来た人も色々でしたが、管理人とは所謂「同族」と思われる人が圧倒的に多かったです。他には子供連れの方や外国人も居たのですが、同族と思われる人達以外に多く目に付いたのがカップルで、待っている時に自分の前後で待ってた人達は、どちらもカップルでした。待っている人達はニンテンドーDSと思われる物で遊んでいる人が結構見受けられましたが、中には集団でトランスフォーマートイを持ち寄ってガチャガチャ変形させて遊んでいる人もいました。
 開場は23時。開場すると最前列から順番に地下の会場入り口まで誘導され、今度はそこで待機。23時~0時にかけては、誘導による移動と待機が殆どでした。スタッフがもっと早く動けば、実は30分くらいで全部出来たのではないかと思う所も有りましたが…。




tf25thanniv-003.jpg

 地下での待機中に、ここでしか手に入らない限定版EZコレクションのオプティマスプライムの引換券を貰いました。
 地下に到着した時、前の人達が予想以上の人数だったので、正直貰えるチャンスが有るかどうか不安でしたが、見事に手に入れました。
 但し、会場内で「トランスフォーマー/リベンジ」関連商品を3,000円以上買わないと貰えないので、コレだけでは引換券とはなりません。




tf25thanniv-004.jpg

 23時59分になると、目の前のスクリーンにカウントダウンの表示が。
 残り30秒を切ったあたりで、前方の列の人たちがカウントダウンのコールをし出してました。管理人もつい、それに乗ってしまいました…(苦笑)。




tf25thanniv-005.jpg

 そしてカウントがゼロになると、会場の照明が点灯。
 前列の人達から順に、スタッフの誘導で店内に入っていきました。前方のスクリーンには待機中と全く同じ内容で、「トランスフォーマー/リベンジ」の告知やトイのCM、前作のブルーレイのCM、歴代トランスフォーマー作品のオープニング映像等が流れていました。その中でも目を引いたのが、初代~「ザ☆ヘッドマスターズ」までナレーションを務め、今回のトイのコマーシャルフィルムでもナレーションを務めている、「政宗一成」さんのコメント映像でした。




tf25thanniv-006.jpg

 インタビューの内容で一番印象に残っているのが、政宗さんがTVアニメ第1作「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」でナレーションを担当したのは35歳の時との事で、当時は2話まとめて収録した為、終わった時はヘトヘトだったのだとか。そしてそれからもう25年経って、コマーシャルフィルムでのナレーションをまたやるに当たっては「声に違いが出ていないか不安が有った」との事。
 確かに昔に比べて若干声が低く、落ち着いたような感じはするけれど、今声を聞いてもちゃんとすぐに政宗さんだと分かると、個人的には思いますが…。

 ちなみにそのコマーシャルフィルムはコチラ↓


 入店は最前列の集団から1列づつ入店して行き、店内からある程度お客が出たら次の列が入店する…という方式での入場でした。
 その間はスクリーンを見ていたのですが、政宗一成さんのインタビュー映像をはじめとして、非常に興味深い映像ばかりで、見飽きる事は有りませんでした。




tf25thanniv-007.jpg tf25thanniv-008.jpg

 入場すると、そこには「トランスフォーマー/リベンジ」の大きな看板と、トイが大量に陳列されていた棚が有りました。
 トイは、写真の看板の下に大量に陳列されていました。日本最速の発売解禁という事もあって、来場者は皆トイをどんどんカゴに入れて行くものの、スタッフはトイをどんどん棚に追加していました。
 管理人は、主要キャラクターのトイは既にAmazonで予約済みだったので、予約していなかったアイアンハイド、サイドスワイプ、サイドウェイズの3体を購入しました。

関連記事:
 ・「RA-02 アイアンハイド」レビュー(再掲載版)(2013年3月26日更新)
 ・「RA-04 サイドスワイプ」レビュー(再掲載版)(2013年4月7日更新)
 ・「RD-05 サイドウェイズ」レビュー(再掲載版)(2013年5月19日更新)




tf25thanniv-009.jpg

tf25thanniv-010.jpg

 店内には「トランスフォーマー/リベンジ」のタペストリーやジオラマも有りました。
 また、それ以外のトランスフォーマー商品(オルタニティ、ディズニーレーベル等)も前面に押し出されて売られていました。一応開店の扱いだったのか、トランスフォーマー関連商品以外の物も買えたようなのですが、買っている人は見当たりませんでした。




tf25thanniv-011.jpg

 そして会計時、ポスター1枚と限定フィギュアを見事にゲット!!
 限定フィギュアをゲットする為には、「トランスフォーマー/リベンジ」関連商品で3,000円以上の買い物をしなければならなかったのですが、買ってみたら代金は6,000円以上で、最低条件の倍以上の額を購入していました…。
 ちなみに、支えている「THE FALLEN」は、イベントの数日後にレッドマーキュリーで購入した海外版のトイです。機会が有れば、レビューしようと思います。

関連記事:「THE FALLEN」レビュー(再掲載版)




 ここからは店の外に有ったものを紹介。
 開店前から既に設置されていたので、前の方の列に並んでいた人は、イベント開始前に見る事ができました。




tf25thanniv-012.jpg

 全高およそ2メートルの、巨大なバンブルビーのスタチュー。
 スクリーンの横に居ました。




tf25thanniv-013.jpg

tf25thanniv-014.jpg

 展示の目玉の一つ「TFメイキング」では、設定画や試作品が展示されていました。
 1つ目のショーケースには、初代「メガトロン」と初代「サウンドウェーブ」と思われる設定画と、「トランスフォーマー アンコール」での発売も決定した「ブルーティカス」の試作品はを中心に、採用されなかったデザインの頭部パーツと思われる物も展示されていました。




tf25thanniv-015.jpg

tf25thanniv-016.jpg

tf25thanniv-017.jpg

 そしてもうひとつのショーケースには、「オルタニティ」版メガトロンの設定画や、各段階での試作品が展示されていました。
 写真にも有る通り、おおよそ5段階くらいの試作を重ねて一つのアイテムが完成するとの事。




tf25thanniv-018.jpg

tf25thanniv-019.jpg

 そしてこちらにもジオラマが有りました。
 こちらは店内のものとは違う、対決する構図になっています。




tf25thanniv-020.jpg

 そして、これまた展示の目玉の一つである、「TFリベンジ vs TF」。
 「トランスフォーマー/リベンジ」に登場するトランスフォーマーと、その基になったトランスフォーマーを並べて展示するコーナー。
 基になったキャラクターのトイだけではなく、更に昔の「ミクロマン」や「ダイアクロン」のトイまで展示されていました。




tf25thanniv-021.jpg

 「TF25thプロダクト」では、「デバイスレーベル」や「オルタニティ」「ディズニーレーベル」等、他ブランドとのコラボ商品を紹介。
 他ブランドとのコラボは、以前に「バイナルテック」や「スポーツレーベル」等もやっていたので、それも紹介して欲しかったと思います。
 他にもトランスフォーマーのトイやボードゲームのパッケージアートの展示(コレだけは撮影禁止でした)、「トランスフォーマー/リベンジ」のトイのパッケージボックスを模したブースに入って撮影するコーナー、寄せ書きする為の巨大な紙があったりと、店外には他にも色々有りました。

 一通り見終わったときには1時過ぎ、会場は2時で終わりだったのでフルタイムで居ることになるかと思っていたのだけれど、意外と早く見終わりました。
 店の外では展示品が有った他に、メディア関係の方の取材を受けている人や、通路の隅で購入したトイを開封していじっている人も居ました。
 会場を出た時には既に終電を過ぎていたので、管理人はネットカフェで始発を待ちつつ仮眠していました…。




 今回のレポートは以上です。
 全体の感想としてはトイの購入がメインのイベントだったと思うのですが、資料の展示等、それだけにとどまらない充実した内容だったのは良かったと思います。
 また次回作が製作された時、こんなイベントが行われる事が有れば、行ってみたいと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。