20140610.jpg

 ・株主優待(タカラトミー公式サイト)

 本日、タカラトミーの公式サイトで2014年3月期の株主優待の内容が発表されました!

関連記事:
 ・「㈱タカラトミー 2013株主優待限定企画セット(1,000株以上保有者対象仕様)」レビュー(2013年9月2日更新)
 ・「㈱タカラトミー 第62回定時株主総会」レポート(2013年6月27日更新)
 ・2013年3月期タカラトミー株主優待品の写真が公開!(2013年6月9日更新)
 ・2013年3月期タカラトミー株主優待の内容が発表!(2013年5月10日更新)


 はじめに、タカラトミーの株主優待について簡単に解説。
 タカラトミーでは毎年、一定数以上の株を保有している株主には「株主様ご優待品」として、ここでしか手に入らないオリジナルデザインのトミカやリカちゃん等を無料配布しています。
 なお、2007年と2011年の株主優待では、トランスフォーマーのデザインが施されたオリジナルトミカが配布されました。

 公式サイトに掲載された内容によれば、今回のタカラトミー株主優待品の詳細は下記の通りとなります。


 ①100株以上1000株未満保有の株主への優待品
  ・都営バス90周年記念塗装バスのトミカ
  ・都営バス90周年記念塗装バスのザ・バスコレクション

 ②1000株以上保有の株主への優待品
  ・上記①の優待品全て
  ・バスガールリカちゃん


 今回の株主優待で配布される玩具は、定番となっている「トミカ」と「リカちゃん」の他に、1996年に旧トミーから分社したタカラトミーの子会社である「㈱トミーテック」が2003年より展開している1/150スケールのバス模型の「ザ・バスコレクション」の3種が配布されます。
 今年のタカラトミーの株主優待品は3種全てが、運行開始から90周年を迎えた「都営バス」をデザインした仕様となります。昨年の株主優待は「くまモン」と「ガッチャマン」の2つがデザインに採用されましたが、今年は全ての株主優待品が同じテーマでデザインされます。これは2010年の株主優待品(テーマは「トミカ」)以来となります。
 公式サイトでは、都営バスを選んだ理由に関する文章を掲載しています。内容は下記の通り。

(原文ママ)
当社創業の同時期に、東京都営バス(当時は市バス)は大正12年の関東大震災で大きな被害を受けた路面電車の代替輸送手段として運行が開始され、90年もの永きに渡り都民の足として親しまれている歴史をもっています。今回の株主優待品は、弊社と同じく90周年を迎えた都営バスを記念して、今年1月に復刻カラーで再現された車両デザインをトミカとザ・バスコレクション※に採用いたしました。リカちゃんについては当時、女性の憧れの職業となった颯爽と働くバスガールをイメージいたしました。
(※当社グループの㈱トミーテックが展開する、身近な交通手段であるバスを全国各地、新旧さまざまな種類からモデル化しているシリーズ)

 都営バスが選ばれた理由については上記の通りで、タカラトミー(旧トミー)が創業した1924年に運行を開始した事と、今年が運行90周年という節目の年である事が主な理由とされています。
 なお、株主優待品のデザインの理由に関する説明文が公式サイト上に掲載されるのは、今年が初となります。

 実は管理人、今年はトランスフォーマーが生誕30周年&実写映画第4作公開という事で、トランスフォーマーのデザインが施された玩具が最低でも1点は配布されると予想していたのですが、見事に外れてしまいました…。
 しかしながら、トランスフォーマーよりも遥かに長い歴史を誇り、なおかつ東京都民の生活に密着している都営バスが採用されるとなれば、トランスフォーマーが不採用になってしまうのも仕方が無い事なのかもしれません…。


 この株主優待品は、2014年3月31日時点で株主名簿に記載されている株主を対象に、2014年8月下旬発送予定との事です。その為、今からタカラトミーの株を買っても、この株主優待品を貰う事は出来ません。
 今回の優待品の写真はまだ公開されていませんが、6月26日に行われる株主総会の後に公開されるものと思われます。