LA04-001.jpg

 昨日夜、Amazonやe-HOBBY等の通販サイトで、「MP-24 スターセイバー」の予約受付が開始されました!
 このトイについて当ブログでは全然話題にしていなかったので(笑)、ここで簡単に紹介。このトイは2013年に行われた、11人の歴代総司令官の中から次にマスターピース(MP)化されるキャラクターを選ぶファン投票企画「Masterpiece Fan's Choice」において、見事1位を獲得した事によりMP化が決定したキャラクターです。試作品の展示は今年6月に開催された「東京おもちゃショー2014」で初のお披露目となり、先月開催された「トランスフォーマー博」では、彩色済の試作品も展示されました。
 今回の予約受付開始に伴って、公式サイトの「トランスフォーマーデザイナーズレビュー」も更新されており、開発を担当した「幸日佐志」さんへのインタビューが掲載されています。このインタビューはまだ続くようなので、今後の続報にも期待です。
 スターセイバーが総司令官として活躍する「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマーV(ビクトリー)」は1989年の作品で、日本でのTVシリーズとしては5作目、日本オリジナル作品としては3作目の作品です。レンタルでの視聴は難しいと思われますが、現在、「東映アニメBBプレミアム」によって、「DMM.com」等の動画配信サイトで有料配信されています(1話108円で7日間視聴可能、第1話は無料)。この配信は2015年3月24日までとなっていますが、これまで何度も配信休止期間を置いてから配信を再開しているので、期間経過後もまた視聴出来るようになる可能性が有ります。
 そして本題のMP版スターセイバーですが、価格は18,000円(税別)で、2015年3月発売予定です。トランスフォーマー生誕30周年の節目を飾る記念碑的なアイテムとなる事は間違い無いので、管理人も購入しようと思ってはいるのですが、現在、どこで一番安く買えるか検討中です…(笑)。
(´-`).。oO(タカラトミーモールなら30%オフ…)

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは「トランスフォーマー/ロストエイジ」の「ロストエイジシリーズ」より、「LA04 グリムロック」を紹介します。このトイが発売されたのは7月ですが、実は管理人が購入したのは数日前の事です(笑)。当初は近所のトイザらスで購入しようとしたところ、そこに有ったロストエイジシリーズの小型トイは「LA06 ドリフト」が1個と「LA12 ディセプティコンスティンガー」が1個のみで、それ以外は完売していました。管理人は結局Amazonで購入したのですが、ロストエイジシリーズが売れている事を実感出来ました。
 ここ1~2年くらい、管理人はトランスフォーマートイは簡易変形のものを好むようになってきたので、それとは正反対なMP版スターセイバーを購入してもちゃんと変形出来るかどうか、少し不安だったりします…(汗)。

関連記事:
 ・「LC-04 総司令官/オプティマスプライム」レビュー(2014年9月4日更新)
 ・「LA01 バトルコマンドオプティマスプライム」レビュー(パート3)(2014年8月2日更新)
 ・「LA01 バトルコマンドオプティマスプライム」レビュー(パート2)(2014年8月1日更新)
 ・「LA01 バトルコマンドオプティマスプライム」レビュー(パート1)(2014年7月27日更新)
 ・てれびくん2014年8月号付録「クリアバージョン オプティマスプライム」レビュー(2014年7月24日更新)


※写真をクリックすると、元のサイズで表示されます。
※写真に写っている「LA01 バトルコマンドオプティマスプライム」は別売です。


■キャラクター設定
 「グリムロック」は、実写映画第4作「トランスフォーマー/ロストエイジ」に登場するキャラクターです。
 恐竜に変形するトランスフォーマーの軍団「ダイナボット」のリーダーとして登場し、自由を得る為に、他のダイナボット達と共に「オプティマスプライム」が率いるオートボットに協力して戦いました。

■トイ概要
 このトイは2014年7月19日に、「トランスフォーマー/ロストエイジ」(以下「ロストエイジ」)のメイン展開トイシリーズの一つである「ロストエイジシリーズ」の1体として、小売価格1,200円(税別)でタカラトミーより発売されました。
 ロストエイジに登場したグリムロックを、僅か1ステップでの簡単な変形機構を採用して完全新規造形で作られています。また、別売の「LA01 バトルコマンドオプティマスプライム」(以下「バトルコマンドオプティマス」)と連動したギミックも搭載されています。




LA04-002.jpg

 パッケージ表面。パッケージはブリスターパック方式で、サイズは縦約15cm×横約16.5cm×奥行約6cmあります。
 パッケージにはビーストモードのグリムロックの大きなイラストが描かれている他に、一瞬で変形出来る事が記載されています。なお、グリムロック本体はビーストモードで梱包されています。




LA04-003.jpg

 パッケージ裏面。
 ビーストモードからロボットモードへの変形手順が写真入りで掲載されています。なお、このトイの変形機構は「パカッとフォーム」という名称で紹介されています。
 変形機構の説明の上には、別売のロストエイジシリーズのトイと組み合わせたジオラマ写真が掲載されています。




LA04-004.jpg LA04-005.jpg

 パッケージを斜め上から見た写真。
 ブリスターの左面には、バトルコマンドオプティマスと連動して遊べる事が、写真や発動サウンドの1つを掲載しつつ紹介されています。




LA04-006.jpg

 パッケージ底面には、取り扱いや遊び方の注意文が掲載されています。




LA04-007.jpg LA04-008.jpg
LA04-009.jpg

 ビーストモード。ティラノサウルスに変形します。
 全身の殆どの部分がシルバーで塗装されています。左脚の付け根にはオートボットのエンブレムがタンポ印刷されています。




LA04-010.jpg

 ビーストモード頭部。
 口を開いた状態で造られていますが、口を手動で開閉させる事は出来ません。





 ビーストモードモードからロボットモードへの変形は、両脚を左右に開くと他のパーツも連動して変形を開始し、全ての変形が一瞬で完了します。
 この両脚を左右に開く変形機構から、パッケージ裏面ではこの変形機構を「パカッとフォーム」という名称で紹介しています。
※動画です。クリックすると動画が再生されます。




LA04-011.jpg

 ロボットモード前面。全高は約12cmあります。
 前述の変形を行う事で、この形態になります。ビーストモードの頭部から首は脚部に変形し、脚は腕になり、尻尾が折り畳まれるのに連動して頭部が出現します。




LA04-012.jpg

 ロボットモード後ろ。
 ビーストモードの尻尾は背中になり、背骨を思わせるデザインになります。劇中のイメージを極力損なわない為の工夫なのか、ビーストモード時には足の付け根部分となっている肩アーマーにはゴールド塗装されている牙のようなパーツが有ります。




LA04-013.jpg

LA04-014.jpg LA04-015.jpg

 ロボットモードのバストアップ。
 頭部は劇中のデザインに近い形で造られています。変形機構の関係で、胸部は板を貼り合わせたような形になっています。




LA04-016.jpg

 ロボットモードの可動は、肩関節に可動機構が有り、腕を最大で90°まで上に動かす事が出来ます。なお、これ以外の可動部分は有りません。




LA04-017.jpg

 ロボットモードの右足裏には、小さな金属パーツが埋め込まれています。これにより、本トイはバトルコマンドオプティマスと連動して遊ぶ事が可能になっています。
 バトルコマンドオプティマスは一緒に遊ぶトイがオートボット側であるかディセプティコン側であるかを識別し、それにより異なるライト&サウンドギミックを発動しますが、このトイはオートボット側と認識されます。




LA04-018.jpg LA04-019.jpg
LA04-020.jpg

 バトルコマンドオプティマスとの遊び方は、ロボットモードの状態でコマンドデッキに乗せる(ライドオン)事で複数種のライト&サウンドギミックを発動します。また、ライドオン状態でボタンを押した際にも通常とは異なるライト&サウンドギミックを発動します。
 バトルコマンドオプティマスのコンテナに格納する事は出来ませんが、ルーフ部分に乗せる事は可能です。なお、これに連動したライト&サウンドギミックは有りません。




LA04-021.jpg

 劇中でのグリムロックのサイズはオプティマスプライムよりも遥かに大きく、オプティマスプライムはグリムロックの背に跨って香港のディセプティコンを蹴散らして行きました。
 EZコレクションシリーズのトイはロストエイジシリーズのトイよりも小さい為、EZコレクションシリーズの一部のトイを乗せる事が一応可能です(写真では「てれびくん2014年8月号付録 クリアバージョン オプティマスプライム」を使用)。なお、この遊び方はパッケージ裏面等には記載されていない遊び方です。




LA04-022.jpg

 「LC-04 総司令官/オプティマスプライム」と。
 この2体のトイは海外では同じシリーズで販売されている事から、ほぼ同じサイズとなっています。




 以上、LA04 グリムロックでした。

 ロストエイジシリーズの小型トイの変形パターンは複数有るのですが、このトイに採用されている「パカッとフォーム」はスプリングの力に頼る度合いが低い為に、非常に変形させ易いです。それに加えて、脚を開く動作に連動して各部が変形する変形機構は非常に楽しく、ビースト→ロボット→ビースト→…と、変形を繰り返したくなります。
 バトルコマンドオプティマスとのサイズが劇中と逆転していたり、劇中で登場した他のダイナボットのメンバーが不揃いだったりと、劇中のように遊べない要素が多々有りますが、変形機構がクセになった人はトコトン楽しめると思いますし、そうでない場合でも、バトルコマンドオプティマスと一緒に遊ぶ事を前提に購入するのも良いかと思います。