※写真をクリックすると、元のサイズで表示されます。

gunplaexpo2014-6-001.jpg

 今回は、暫くぶりに再開となる「GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2014」のイベントレポ、パート6です。
 今回は、前回で紹介した展示の次に有った、「プレミアムバンダイ」の展示と「Fun to build GUNPLA」の展示、そしてその他一つを紹介します。
 バンダイの公式ショッピングサイトであるプレミアムバンダイでは、そこでしか買えない限定ガンプラを多数販売していますが、販売されている商品は一般販売商品の仕様を変更してマニアックな機体を商品化したものや、一般販売商品に取り付けが可能なオプションパーツが殆どを占めています。また、Fun to build GUNPLAの展示ブースでは一般販売されているカスタマイズパーツ等を使用した改造例を紹介していました。どちらもガンダムやガンプラについての知識や技術がそれなりに必要となる為、これらの展示は中級者~上級者向けだったと言えるかもしれません。

関連記事:
 ・「GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2014」に行ってきました!(パート5)(2014年12月8日更新)
 ・「GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2014」に行ってきました!(パート4)(2014年12月3日更新)
 ・「GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2014」に行ってきました!(パート3)(2014年12月1日更新)
 ・「GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2014」に行ってきました!(パート2)(2014年11月29日更新)
 ・「GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2014」に行ってきました!(パート1)(2014年11月27日更新)


■プレミアムバンダイ

gunplaexpo2014-6-002.jpg

 プレミアムバンダイの展示スペースでは、本イベント開催時に予約受付を行っている商品が展示されていましたが、その中には他の展示スペースに展示されていた商品も展示されていました。




gunplaexpo2014-6-003.jpg gunplaexpo2014-6-004.jpg
gunplaexpo2014-6-005.jpg gunplaexpo2014-6-006.jpg

 リアルグレード(RG)の「ウイングガンダムゼロ EW」に使用する「拡張エフェクトユニット"セラフィムフェザー"」は、RGの展示スペースでも展示されていましたが、こちらの展示スペースでも展示されていました。
 こちらでは複数のアクションポーズ例の展示が有った他に、その後ろには大きなパネルが設置されていました。




gunplaexpo2014-6-007.jpg gunplaexpo2014-6-008.jpg
gunplaexpo2014-6-009.jpg gunplaexpo2014-6-010.jpg
gunplaexpo2014-6-011.jpg gunplaexpo2014-6-012.jpg

 拡張エフェクトユニット"セラフィムフェザー"の展示スペースの隣には、本イベント開催時点においてプレミアムバンダイで予約受付中のガンプラが多数展示されていました。




gunplaexpo2014-6-013.jpg gunplaexpo2014-6-014.jpg
gunplaexpo2014-6-015.jpg gunplaexpo2014-6-016.jpg

 パーフェクトグレード(PG)の「ユニコーンガンダム」に装備する事でフルアーマー・ユニコーンガンダムにする事が出来る「FA拡張セット」は、PG版ユニコーンガンダムの展示スペースでは宣伝パネルのみが設置されていましたが、こちらの展示スペースでは試作品と、それを装備したユニコーンガンダムの見本が展示されていました。




■Fun to build GUNPLA

gunplaexpo2014-6-017.jpg gunplaexpo2014-6-018.jpg

 プレミアムバンダイの展示スペースの隣に有った、Fun to build GUNPLAの展示スペースでは、一般販売されている「ビルダーズパーツ」や「ビルダーズパーツHD」を使用した改造例が展示されていました。
 なお、この展示スペースの隣にはステージイベントのブースが有りましたが、そちらは撮影・録画が禁止されていました。




gunplaexpo2014-6-019.jpg

gunplaexpo2014-6-020.jpg gunplaexpo2014-6-021.jpg
gunplaexpo2014-6-022.jpg gunplaexpo2014-6-023.jpg

 展示スペースでは、ビルダーズパーツやビルダーズパーツHDを使用した作例が展示されていた他、バンダイホビーサイトの「ガンプラカスタマイズ講座」で紹介された作例も展示されていました。
 これらの作例の傍に置かれていたパネルにはQRコードが掲載されており、読み取ると改造レシピが見れるようになっていました。




■GUNPLA BATTLE PROJECT type 絆

gunplaexpo2014-6-024.jpg

gunplaexpo2014-6-025.jpg gunplaexpo2014-6-026.jpg

 ステージイベント用ブースの先には、「GUNPLA BATTLE PROJECT type 絆」の巨大な告知パネルが設置されていました。
 これはガンプラとガンダムを題材にしたアーケードゲーム「機動戦士ガンダム 戦場の絆」のコラボ企画で、自分がデザインしたオリジナルのガンプラをエントリーし、選出されたガンプラはCGでデザインされ、そしてそのガンプラを使用して「戦場の絆」でバトルするという、擬似的なガンプラバトルを行う企画です。
 このパネルでは応募資格等について詳細に記載されていましたが、一部内容が変更になる場合が有るとの事で、最終的な内容についてはエントリー受付を開始する12月26日より告知するとの事です。
 また、このパネルの近くに有った上映スペースでは、来年がガンプラ生誕35周年という事で新たなプロジェクトを行う告知がされていましたが、撮影・録画は禁止となっていました。




 今回はここまで。
 次回の「パート7」では、この後の展示の内容を紹介します。

2014年12月24日追記:「パート7」を掲載しました。
 ・「GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2014」に行ってきました!(パート7)