昨日、奈々さんの31枚目のシングル「エデン」が、遂に発売されました!!
 前作「禁断のレジスタンス」から約3ヶ月ぶりのニューシングルで、前作に続いて奈々さん主演のTVアニメ「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)」の楽曲を収録しています。
 そして同じ日に、奈々さんの最新ライブブルーレイ&DVDとなる、「NANA MIZUKI LIVE FLIGHT×FLIGHT+(ナナミズキ・ライブフライト・クロス・フライトプラス)」も発売されました!こちらは前作のライブブルーレイ&DVDから8ヶ月ぶりとなります!

関連記事:
 ・水樹奈々30thシングル「禁断のレジスタンス」、本日発売!!(2014年10月15日更新)
 ・ブルーレイ&DVD「NANA MIZUKI LIVE CIRCUS×CIRCUS+×WINTER FESTA」、好評発売中!(2014年5月29日更新)


 最近の奈々さんの新譜では毎回の事になっているのですが、発売日の午前0時頃からiTunesで「エデン」のダウンロード販売が開始されています。
 「販売店までなかなか足を運べないけど、早く聴きたい」という方は、この方法ですぐに聴く事が出来ます。

 ・エデン - EP(iTunesプレビュー)

 また、奈々さんのCDやブルーレイ、DVDでは店舗ごとに異なる特典が配布されるのが定番ですが、今回も発売に合わせて店舗特典の配布が実施されています。なお、今回はシングルとライブ映像ディスクが同時発売という事で、両方を同時購入した場合にのみ貰える店舗特典を配布している所も有ります。
 店舗特典の詳細については下記のリンクを参照して下さい。

 ・水樹奈々さんが31stシングル「エデン」を2015年1月14日にリリース、TVアニメ「DOG DAYS''」のOPや「クロスアンジュ」のEDを収録
 ・水樹奈々さんの2014年ライブツアーBD&DVD「NANA MIZUKI LIVE FLIGHT×FLIGHT+」が2015年1月14日に発売
 (蒼の記録)


 ここからは「エデン」収録曲の内容や感想など。
 収録曲は、リード曲の「エデン」の他に3曲を含む全4曲が収録されていますが、27thシングル「TIME SPACE EP」以来の全A面となっています。

1.エデン
 この楽曲は、18thシングル「Trickster」以来となる「animelo mix」のTVCMソングとなっており、また日本テレビ系列で放送中の情報バラエティ番組「スッキリ!!」の2015年1月度テーマソングにもなっています。
 タイトルになっている「エデン」は、「理想郷」を意味する「エデンの園」に由来しています。作詞を担当した奈々さんによれば「子供っぽい、幼い恋愛」をテーマに作詞したとの事。サビ部分に有る「青い花」は、科学技術が無ければ存在し得ない「空想上の産物」を意味しており、これはテーマやタイトルとリンクしているとの事です。
 作曲は、恐らく奈々さんへの楽曲提供は初となる、「藍坊主」というバンドのリーダーである「藤森真一」さんという方が担当していますが、ここ最近の奈々さんのシングルリード曲では定番だった畳み掛けるようなサウンドではなく、冬らしさややわらかさのあるサウンドとなっています。
 今回のシングルでは、この楽曲のみミュージッククリップが作られています。こちらもここ最近の奈々さんのミュージッククリップでは定番の作りこまれた衣装は使われておらず、奈々さん自身がプライベートで着ている服に近い衣装を選んだとの事です。

2.No Limit(ノー・リミット)
 1月より放送がスタートした「DOG DAYS」シリーズの第3期シリーズ「DOG DAYS''(ドッグデイズ ダブルダッシュ)」のオープニングテーマ。
 作詞は奈々さんが手がけており、また作曲は「Astrogation」の作曲を担当した他、奈々さんの楽曲では編曲も多く手がけている「陶山隼」さんが担当しています。
 作詞はタイアップ作品を意識して書かれており、歌詞の内容は「戦興業」の戦場内を駆け抜ける勇者達を連想させます。なお、「水樹奈々のMの世界」での奈々さんの話によれば、この楽曲の歌詞に使われている「Touch and go(タッチ・アンド・ゴー)」は元々航空用語として使われている言葉で、昨年6月に同番組にゲスト出演した元飛行機パイロットの「井上博(いのうえ・ひろし)」さんに教わったとの事で、それを採用したとの事。この部分については、続く「Cach the sun(キャッチ・ザ・サン)」と共に、ライブで観客にコールして欲しいそうです。

3.終末のラブソング(しゅうまつのラブソング)
 TOKYO MX他で放送・配信中されている奈々さん主演のテレビアニメ「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)」(以下「クロスアンジュ」)の後期エンディングテーマ(第13話~)。
 作詞は奈々さん、作曲は「吉木絵里子」さんで、このタッグはこれまでに「PHANTOM MINDS」「BRIGHT STREAM」「愛の星」等、数々の名曲を生み出しています。今回も前期オープニングテーマ「禁断のレジスタンス」と同様に、奈々さんがクロスアンジュで演じる主人公・アンジュの心情を描いたとの事。メロディーは前期エンディングテーマだった「喜多村英梨」さんが歌う「凜麗」とは打って変わって、疾走感が有ります。

4.Necessary(ネセサリー)
 クロスアンジュの挿入歌。本記事掲載時点では第5話と第14話で使用されています。
 前述の通り、これまで劇中では二度使用されていますが、いずれもアンジュが成り行きから「タスク」と二人きりになり、絶望的とも言える状況の中で信頼関係や愛情を育んでいくシーンで使用されています。
 作詞はこのシングルの中で唯一奈々さんが作詞していない楽曲で、「囚われのBabel」を作詞した「松井五郎」さんが手がけています。


 収録曲の紹介は以上です。
 今回のシングルは、アニメタイアップの楽曲が3曲収録されているにもかかわらず、アニメ・ゲームのタイアップ曲ではない「エデン」がリード曲になっています。これは2008年10月に発売された18thシングル「Trickster」以来、実に約7年ぶりとなる収録内容です。このシングル発売の数日後には初のアコースティックライブが控えていますが、最新のシングルやアルバムの収録曲の内、リード曲ではない楽曲はライブ初披露が先送りされる事も珍しくない為、もしかするとアコースティックライブでは、今回の収録曲の中で「エデン」以外は歌わないのかもしれません。
 奈々さんの楽曲は様々なミュージシャンが作ったデモテープを名前を伏せた状態で聴き、その中から選ぶのが通例となっているようですが、今回の「エデン」の曲については、選んだ奈々さん自身にとっても大きな挑戦だったようです。ここ1~2年くらいの奈々さんのシングルやアルバムはそれまでの定番を崩し、「声優アーティスト」でありながら一ポップアーティストにもなろうとしているような試みが多く見られますが、今回もその一環なのかもしれません。
 余談ですが、奈々さんは昨年12月上旬にインフルエンザに感染しており、レギュラー出演しているラジオ番組「水樹奈々 スマイルギャング」の収録を1回お休みしていました(電話で出演はしていましたが)。「エデン」の歌詞はそのインフルエンザに感染した時にAメロの歌詞が浮かんだとの事。しかし昨年は声帯の不調によるライブ3公演休止に階段から落ちたりしている為、健康やケガには本当に注意してほしいです…。
 なお、OKMusicのインタビュー記事では収録曲の制作に関する話に色々触れているので、こちらは一読の価値アリです。

 ・水樹奈々「エデン」|インタビュー(OKMusic)


 今回はここまで。
 次回の「後編」では、「NANA MIZUKI LIVE FLIGHT×FLIGHT+」と、関連したプロモーションの一部を紹介します。

2015年1月16日追記:「後編」を掲載しました。
 ・水樹奈々31stシングル「エデン」&ブルーレイ&DVD「NANA MIZUKI LIVE FLIGHT×FLIGHT+」、好評発売中!(後編)