※画像をクリックすると、元のサイズで表示されます。

crossange201502-006.jpg

 今回も、前回の「前編」より続く「クロスアンジュ 天使と竜の祭(フェスタ)」のレポ、後編です。今回は、イベントの内容を紹介します。
 上の写真ですが、見ての通りの関係者受付の案内看板です(笑)。このイベントの関係者受付は一般客用入口のすぐ隣に有り、この付近には関係者受付を案内するプラカードを持ったスタッフが立っていました。「前編」で紹介したフラワースタンドは当初、関係者受付を抜けた先に有りましたが、イベント終演後は一般客がしっかり見れるロビー中央付近に移動させられていました。
 余談ですが、この出入り口近辺では一般客に対して入口のアナウンスをするスタッフもいました。そのアナウンスの中で「クロスアンジュさん」と呼ばれていたのには、少し違和感を感じました(笑)。

関連記事:「クロスアンジュ 天使と竜の祭(フェスタ)」に行ってきました!!(前編)(2015年2月24日更新)


 開演時刻は17時30分とアナウンスされていましたが、実際には、17時27分頃よりイベント中の注意事項に関するアナウンスが開始され、17時30分頃にイベントが予定通り開始されました。
 イベントの注意事項に関するアナウンスは、「アンジュ」と「サリア」が「アルゼナル」の浴場で会話する形からスタートしました。映像は浴場の背景が映し出されており、所々でキャラクターの表情カットが挿入されました。アンジュが(与えられた台本通りに)注意事項を読み上げる際には映像が変わり、「25cm以上のサイリウムやペンライトを使ってはいけない」→長い光の剣を振り回すヴィルキス(ミカエル・モード)、「ステージに飛び込んではいけない」→第8話でのヘリに飛び込むヒルダ、「席を移動したり、他の人と変わってはいけない」→第13話でのヴィルキスから投げ落とされるサリア…等々、本編の中からそれらしく見えるシーンの映像を流しており、観客席を爆笑させました。最後に案内された違反者への対応は、退場してもらう他に「ヴィルキスでぶっ飛ばす事もある」ともアナウンスされていました。


1. オープニング
 イベント開始と同時に、ミニライブの開始となりました。曲順は以下の通り。

 1. 真実の黙示録(歌:高橋洋子さん) ※高橋洋子さんはサプライズ出演
 2. 永遠語り~光ノ歌~(歌:奈々さん) ※1番のみ歌唱

 その後、奈々さんはステージに残り、本イベントで司会を務める「鷲崎健」さんが登場しました。鷲崎さんからクロスアンジュに関する簡単な紹介や本イベントについての簡単な紹介が有った後、今回のイベントに出演する声優さんが登場しました。今回のイベントで奈々さん以外に出演した声優さんは以下の通り。

 ・喜多村英梨さん(サリア役)
 ・田村ゆかりさん(ヒルダ役、以下「ゆかりん」)
 ・桑島法子さん(ヴィヴィアン役)
 ・石原夏織さん(ロザリー役)
 ・小清水亜美さん(エルシャ役)
 ・小倉唯さん(クリス役)
 ・渕上舞さん(メイ役)
 ・上坂すみれさん(モモカ・荻野目役)
 ・東山奈央さん(シルヴィア・斑鳩・ミスルギ役、オリビエ役)

 登場した声優さん達は一列に並んだ後、自身が演じるキャラのセリフを絡めつつ挨拶しました。この中で、奈々さんと鷲崎さんのトークが少し有りましたが、その中で、鷲崎さんは本イベントの開催前日にTOKYO MXで放送された第20話「神の求魂」で性的興奮を起こしたアンジュの演技について奈々さんに話しており、奈々さんは第20話の収録が新年一発目の収録であった事や、「心を折られそうになった」事、アフレコの際には自身に「後ろには誰もいない」と暗示をかけていた事を話してくれました。1月に開催された「LIVE THEATER」のMCの中で、「第1話よりも凄いアフレコをした」という話が有りましたが、それはこの回のアフレコだったようです。

 声優さん達の挨拶が終わった後、鷲崎さんから、今回のイベントは「ゲーム大会」である事が発表され、また負けたチームには罰ゲームが有る事も発表されました。
 その後、出演者達が2つのチームに分けられました。内容は以下の通り。

 ・アルゼナルチーム … 奈々さん、ゆかりん、桑島さん、石原さん、渕上さん
 ・エンブリヲチーム … 喜多村さん、小清水さん、小倉さん、東山さん、上坂さん

 劇中で「エンブリヲ」に与するキャラを演じている声優さんが「エンブリヲチーム」、エンブリヲに抗うキャラを演じている声優さんが「アルゼナルチーム」となりました。しかしながら、上坂さんは本来アルゼナルチームとなるところ、人数調整の関係でエンブリヲチームになりました。


2. ヴィヴィアンのここでクイズです!
 所謂「クイズバトル」のコーナー。このコーナーで桑島さんは問題を読み上げる役割となった為、アルゼナルチームから外されました。

第1問:ヒルダの本名は?
 この問題は、ヒルダ役のゆかりんは「正解を覚えている」という前提の下、参加が禁止されていました。このコーナーではシンキングタイム(考える時間)が一定時間設けられており、その最中には鷲崎さんと桑島さんがステージを駆け回っていましたが、ゆかりんはやる事がなくて困っていた為か、途中からそれに加わっていました。
 解答は、アルゼナルチームが「ヒルデガルト・シューフォークト」、エンブリヲチームが「ヒルデガルト・シュリンフォークド」でした。正解は「ヒルデガルト・シュリーフォークト」で、正解に近いと判断されたエンブリヲチームの勝利となりましたが、ゆかりんは「あれはアフレコの時にかんだ。本当はヒルデガルト・シューフォークトが正しい。」と主張(勿論嘘です)しており、鷲崎さんは(それが本当だとしたら)ひどい音響監督だと返していました。

第2問:ヴィルキスが装備している剣の名前は?
 この問題を出す前に、装備の説明も兼ねて「ROBOT魂」のヴィルキスが登場。既に公式サイト等では「8月発売」と発表されていますが、本イベントでは「今夏発売が決定」と発表されていました。
 このクイズはアルゼナルチームが「零式超硬斬刀ラツィーエル」と真剣に解答したのに対し、エンブリヲチームは「表へ出ろ(上坂さんのイラスト)」からの「シャイニングローズトライアングル」という、訳の分からない解答をしていました。正解は「零式超硬度斬鱗刀『ラツィーエル』」で、正解に近いアルゼナルチームの勝利となりました。

第3問:(第10話アバンでのアンジュ処刑シーンでの群がる民衆のカットを映し)このカットの左端にいた女性は誰?
 これは両チーム共に難しい問題だったようです。アルゼナルチームはゆかりんが書いた(問題とは全く関係無い)クイズ問題を出して鷲崎さんからツッコミを入れられていました。一方エンブリヲチームは「つーるーせ!つーるーせ!」というセリフが書かれた上坂さんのイラスト(結構怖いイラストでした)を出しており、これが読まれた際には一部の観客席からも「つーるーせ!つーるーせ!」の声が上がりました。正解は第1話でアンジュリーゼに哺乳瓶を投げた母親だったのですが、一応正解に近いエンブリヲチームの勝利となりました。


3. ヒルダの画鋲でバドミントン対決!
 このコーナーに入る前フリとして、鷲崎さんはクリス、ロザリー、ヒルダがアンジュに対して行った陰湿な行為について小倉さん、石原さん、ゆかりんに質問をしました。カンペが用意されていたらしく、3人の声優さんはすぐに解答出来る状況にあったようでしたが、ゆかりんだけは「アンジュの口の中にアメフラシを詰めた」という、劇中に全く無い事を解答していました。
 このコーナーは、画鋲が付いたラケットで風船を打ち返すバドミントンをするゲームで、通常のバドミントンと同様のルールに「風船を割ったら負け」というルールが追加されたものでした。
 対戦組み合わせと結果は以下の通り。

 1戦目(シングルス):石原さん vs 小倉さん → 石原さんの勝ち
 2戦目(ダブルス)奈々さん&ゆかりん vs 東山さん&上坂さん → 奈々さん&ゆかりんの勝ち

 奈々さんとゆかりんがゲームに臨む前、ゆかりんは「ゆかり、こういうの苦手なんだけど…」という話をしていたところ、奈々さんは「大丈夫、私がゆかりさんを守ります!」と意気込んでいましたが、奈々さんは思うように打ち返せない風船に振り回されていた一方でゆかりんはすんなりと打ち返せており、奈々さんの意気込みは空回りに終わりました(笑)。


4. 叫べ!アンジュの罵倒(BATTLE)選手権
 所謂「大声コンテスト」ですが、自身が演じたキャラのセリフの内、指定されたものを叫ぶというものでした。これも1対1のバトル形式となっていましたが、使用した測定システムにはランキング機能が有った為、ランキングも取れていました。なお、鷲崎さんによれば、ここで叫ばれるセリフは観客に向けるもので、観客には「ご褒美」になるものでもあったそうです。実際に叫ばれたのは後述の通り、罵倒するセリフだけではなかったのですが…(笑)。
 対戦組み合わせとセリフと結果は以下の通り。

 1戦目:石原さん(セリフ:「この銭ゲバ!」、63点) vs 小倉さん(セリフ:「死ねばよかったのに…」、87点)
 2戦目:桑島さん(セリフ:「飛んでけ、ブンブン丸!」、98点) vs 小清水さん(セリフ:「真空エルシャ車!」、95点)
 3戦目:渕上さん(セリフ:「整備班集合!」、104点) vs 東山さん(セリフ:「このバケモノ!」、122点)
 4戦目:ゆかりん(セリフ:「別料金だぞ、バカ姫!」、131点) vs 上坂さん(セリフ:「アンジュリーゼ様ー!」、120点)
 5戦目:奈々さん(セリフ:「腐った国の家畜共!」、125点) vs 喜多村さん(セリフ:「アンジュの下半身デブ!」、138点)

 奈々さんがセリフを言い終わった後、観客席の一角から「ありがとうございました!」という声がありました(笑)。
 前述の通り、バトルが後の方になっていくにつれて点数が上がって行っています。「(最後の部分を)伸ばせば点数が上がる仕組みなのでは?」という話が有りましたが、後半でバトルに臨んだ声優さん達は、全員が測定用マイクの横に自身が持っているマイクを添えていました。恐らくは会場のスピーカーの音響も利用するという方法を誰かがどこかの段階で見出したものと思われますが、イベントやアフレコで音響を理解しているプロならではだと思いました。
 このコーナーは獲得した点数の合計で競い合うものとなっており、アルゼナルチームが521点、エンブリヲチームが526点で、エンブリヲチームの勝利となりました。


5. 落とすな危険!ペロリーナがころんだ
 「だるまさんが転んだ」の「鬼」を、劇中に着ぐるみやマスコットで度々登場している「ペロリーナ」が務めるというこのゲームは、開始前にペロリーナの着ぐるみが登場しました。どうやら前が見えない着ぐるみだったらしく、スタッフや声優さんに引かれながらステージに上がっていました(笑)。
 劇中では、アンジュがペロリーナの着ぐるみに一時的に入った際に声を発しており、ここでも奈々さんがペロリーナの声を(観客席に背を向けて)喋っていました。一通り喋り終わり、鷲崎さんが「水樹さんありがとうございました」と話した時、ゆかりんをはじめとしたアルゼナルチームのメンバーはドン引きしているような行動をしていました(笑)。
 このゲームはただのだるまさんが転んだではなく、タイトルが示す通り、トレーに乗ったボールや積み木、フルーツ等を持ちつつペロリーナに近づき、ペロリーナの近くに有るベルを鳴らした声優さんの所属するチームが勝利する、というものでした。
 途中で鷲崎さんが「止まる時にセクシーポーズを」と指定したり、シャンプーとリンスのボトルが乗ったトレーを持った小清水さんがそれを落としまくり、「落ちやすいように(底が)加工されている」等と怒った挙句の果てに運ぶのは無理と諦めてゲームを棄権したり、ゆかりんや喜多村さんは鷲崎さんの目を盗んでどんどん進んで行ったり、喜多村さんの背中に奈々さんの体が当たった際には「奈々の体が私の背中に当たっている」という意味深な発言をしたりと、終始笑いに事欠かないゲームとなっていましたが、最終的には喜多村さんがベルを鳴らしました。


5. シャッフルアフレコ
 劇中の一部のシーンを本来とは別のキャストで演じるというこのコーナーは、「魔法少女リリカルなのは」シリーズのイベントである「リリカルパーティー」では定番コーナーの一つとなっています。リリカルパーティーでは、キャストが本来とは異なっているだけでなく、アドリブも見どころの一つとなっています。バトルの判定は、観客席の拍手の多さで決しました。
 使用されたシーンと見どころは以下の通り。

 1戦目:第7話での、アンジュとサリアが風呂でケンカするシーン
  ・アルゼナルチーム … アンジュ役が桑島さん、サリア役が奈々さんになった為、途中で胸を掴み合おうとするシーンで「ハート
   キャッチ!」のアドリブから「ハートキャッチプリキュア!」ネタに突入。エルシャによって投げ込まれたデッキブラシをアンジュは
   「(シャイニー)タンバリン」、サリアは「フラワータクト」と呼び、最後には「ぽわわわわ~ん」。なお、ヴィヴィアン役になった
   ゆかりんは登場シーンで「ゆかりはまだ子供なんだー」という謎のアドリブ。
   終わった後に鷲崎さんから内容に関するツッコミを受けた奈々さんは、「この(桑島さんとの)組み合わせなら、やるしかないと
   思った」と話していました。
 ・エンブリヲチーム … 全員がお婆ちゃん声で喋る。
  →結果はアルゼナルチームの勝ち

 2戦目:第17話での、アンジュとモモカが再会するシーン
  ・アルゼナルチーム … アンジュ役がゆかりん、モモカ役が奈々さんになった為、「アンジュリーゼ様ー!…って、なのは!?」
   「フェイトちゃん!?」のやり取りから「魔法少女リリカルなのは」ネタに突入。おまけに「白い悪魔ー!」というアドリブをする
   人まで…(笑)。
  ・エンブリヲチーム … モモカ達が登場したシーンから「あれは海女さんだ!」というアドリブと共に「波打際のむろみさん」ネタに
   突入。
  →結果は引き分け。1戦目でアルゼナルチームが勝った為、このコーナーはアルゼナルチームの勝ち。


6. 対戦結果発表
 対戦結果はアルゼナルチームがバドミントン対決とシャッフルアフレコで勝利したのに対して、エンブリヲチームはクイズ、罵倒選手権、ペロリーナがころんだの3つで勝利した為、エンブリヲチームの勝利となりました。
 喜多村さんはシャッフルアフレコ2戦目以降ヤケを起こして「アルゼナルチームの勝ちー!」を何回も叫んでいた事もあり、エンブリヲチームにとっては予想外の勝利だったようで、結果に呆然としていました。これを見た鷲崎さんはエンブリヲチームに対して「もっと喜んでよ!」と言っていました。


7. 罰ゲーム
 罰ゲームは、第3話でアンジュがプリンを食べた際に涙目で「不味い!」と言った事にちなんで、不味いプリンをメンバー全員が食べるというものでしたが、その中に一つだけ、不味くないプリンが有る、というものでした。
 奈々さんが食べたプリンが不味くなかったようですが、他のメンバーの中には「少し酸っぱい」という感想の人が殆どでした。しかしながら特段不味いというわけではなかったらしく、鷲崎さんは「罰ゲームは失敗」と話していました。


8. ボイスドラマ
 奈々さんと喜多村さんを除く全員が生で演じるボイスドラマは、シルヴィアがアルゼナルのノーマ達と通信を介してトークする「シルヴィア会」というものでしたが、その目的はアンジュのひどい話を集めて本を出版して大儲けしようと目論むシルヴィアの情報収集でした。
 会話の中でシルヴィアについて「ゲスヴィア」と話すセリフが有ったり、メイが怒った際に「戦車で踏み潰すぞ!」(渕上さんが主役を務めた「ガールズ&パンツァー」のネタ)というセリフを喋っている等、本編よりもやや振り切った感じの内容となっていました。なお、ヒルダはストーリー展開の関係で、終始アンジュをフォローする立場を取っていました。

 「シルヴィア会」の後には、アンジュとサリアがトークするムービーが上映されました。映像はオープニングと同じ感じのものでロッカールームしか写し出されていませんでした。トークは「プリティ・サリアン」に関するもので、プリティ・サリアンに関する詳しい話はブルーレイ3巻の特典のドラマCDに収録されているという販促的なものの他に、今度は「カニかま怪盗サリアンヌ」(「神風怪盗ジャンヌ」のパロディ)をやるという話と、作品に関する詳しい話をしていました。


9. ミニライブ
 奈々さんと喜多村さんのミニライブ。セットリストは以下の通り。

 1. 凜麗
 ※喜多村さんから奈々さんに交代
 2. 終末のラブソング
 3. 禁断のレジスタンス


10. エンディング
 奈々さんが歌い終わった後、鷲崎さんと出演者全員が登場。クロスアンジュの見どころ等について、奈々さんを最後にする形の順番で一人ずつ語って行きました。
 奈々さんはクロスアンジュと自身が作詞したテーマ曲を絡めた話をしており、番組スタート時の方向性で進めて行くとアンジュがカッコ良いだけで女性らしさがあまり出ないという事で「タスク」との恋愛要素が追加されるようになって行ったという裏話をしており、この理由ついて「自分に女子力が足りないから」とも話していました。その一方で、アンジュは今後もカッコ良い見せ場が有るという話もしていました。
 エンディングの中では、鷲崎さんより「このイベントの内容がブルーレイ最終巻(第8巻)に収録される」という話も有りました。他作品ネタが有る部分についてはカットされるかもしれないという話も有りましたが、これについては観客席から「えぇ~!?」という非難の声が上がりました。




 イベントが終了したのは20時10分頃で、約2時間40分のイベントでした。

 今回のイベントは、ミニライブにシャッフルアフレコを含む対戦ゲーム等、「クロスアンジュ版リリカルパーティー」と言える内容でした。しかしながら、イベントの随所で本編に巻けず劣らずの内容のボイスドラマが展開されており、この点については独自性が出せていたのではないかと思います。
 ゲームコーナーではゆかりんと喜多村さんが全体的にフリーダムに立ち回ってイベントを面白くしていました。このお二人は罵倒選手権でも高い点数を出しており、声優タレントとしてのスキルの高さも垣間見えました。またゲームコーナー中のシンキングタイムや作戦タイムにおいては、奈々さんとゆかりんが(恐らくはルールの確認や作戦の打ち合わせ等の為に)二人きりで話し込む姿が度々見られ、お二人の仲の良さを改めて認識しました。
 ライブコーナーでは高橋洋子さんが出演という嬉しいサプライズが有りましたが、個人的には奈々さんが生で歌う「永遠語り~光ノ歌~」が聴けたのが良かったです。1番だけしか歌われなかったのは残念でしたが、現状では今後のイベントで歌われる可能性が殆ど無い為、非常に貴重だったと思います。
 最後になりましたが、奈々さんはじめ出演者の皆さん、そして参戦された皆さん、お疲れ様でした!




 最後に、奈々さん、石原さん、小倉さんのブログの、本イベントに関する記事を紹介。
 奈々さんのブログの記事によれば、罰ゲームでアルゼナルチームが食べたプリンは、ポン酢をかけたプリンだったようです(笑)。

 ・汗だくの3時間(笑)(水樹奈々公式サイト NANAPARTY)
 ・クロスアンジュイベント(石原夏織オフィシャルブログ「Mahalo.」)
 ・クロスアンジュイベント☆(小倉 唯オフィシャルブログ「ゆいゆいティータイム」)