上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hgg30th-711-001.jpg

 先月チケット予約が行われたS.C. NANA NETの「ファンクラブイベントⅥ」ですが、昨日当落結果の発表が有り、管理人は第1希望の2日目(4/26開催)に当選しました!!
 今回のファンクラブイベントは初の2DAYSという事で、4/25と4/26の2日間にわたって開催されます。申し込みは会員1人につきどちらか1日を第1希望、もう1日を第2希望に出来るようになっており、一人でも多くの会員に来てもらえるように工夫されていました。それでも落選した方がいたようですが…(汗)。
 前回のファンクラブイベントは約6時間という長丁場であったにもかかわらず、その中で12000人の観客全員が参加するすごろくや「POP MASTER」のMV撮影が行われる等、充実した内容となっていました。今回も何らかの楽しい内容を企画してくれている事に期待しています!
(´-`).。oO(前回のFCイベで奈々さんの晴れ女パワーが十二分に発揮された事は、今も覚えてる…)
(´-`).。oO(ボクササイズで鍛えている奈々さんに殴ってもらえるコーナーが有る可能性が微レ存…?)

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは、昨年10月にセブン-イレブン限定で販売されたガンプラの一つである「HG 1/144 RX-78-2 ガンダム『ゴールドインジェクションカラー』」を紹介します。
 このガンプラは既に販売終了から半年近く経っています(苦笑)。流石に時間が経ちすぎてるので、レビューはしないか、もしくはネタ切れが起きたときにでもやろうかと思っていたのですが、近日掲載予定のあるガンプラを紹介する際に関連付け出来る事に気付いたので、この機会に掲載します(笑)。

関連記事:
 ・HG BUILD FIGHTERS「018 ビルドバーニングガンダム」レビュー(2014年11月5日更新)
 ・HG Reconguista in G「01 ガンダム G-セルフ(大気圏用パック装備型)」レビュー(2014年10月10日更新)
 ・セブン-イレブン限定「HG UNIVERSAL CENTURY ユニコーンガンダム(デストロイモード) セブン-イレブンカラー」レビュー
  (2014年5月16日更新)


※写真をクリックすると、元のサイズで表示されます。
※写真のキットは、素組みした物に付属のシールを貼付しただけのもので、塗装やスミ入れは一切行っていません。


■キット概要
 このキットは、2014年10月29日より、全国のセブン-イレブン(一部店舗を除く)で、1,728円(税8%込)で販売されました。
 キットの仕様は、東京・お台場に有る「ガンダムフロント東京」の限定品の一つとして販売されている「HG」シリーズの「RX-78-2 ガンダム Ver.GFT」(以下「通常版」)の仕様変更品で、一部パーツを除く成型色がゴールド系のカラーに変更されている他、本キットオリジナルのマーキングシールや追加パーツが付属しています。




hgg30th-711-002.jpg

 パッケージ表面。パッケージは厚紙製のボックスに厚紙製のフタをする、ガンプラのパッケージでは定番の仕様です。
 ボックスのサイズは縦約19cm×横約30cm×高さ約5.5cmで、同じ価格帯の「HG」シリーズのパッケージとしては標準的なサイズです。イラストは通常版の仕様変更元である「HG 1/144 RX-78-2 ガンダムVer.G30th(バージョン ジーサーティーズ)」(以下「G30th」)のイラストを基に、本キットの仕様に準拠したカラーリングとマーキングに変更したものが描かれています。




hgg30th-711-003.jpg hgg30th-711-004.jpg
hgg30th-711-005.jpg

 パッケージ側面。
 片面1面全体を使ってキット解説や付属品の紹介をしています。もう片面には本キット発売時点で放送中の「ガンダムビルドファイターズトライ」と「ガンダム Gのレコンギスタ」のメインビジュアルと放送情報を掲載している他に、主役機のガンプラも紹介しています。なお余談ですが、本キット発売時のセブンイレブンでは、この2体のガンプラも販売が行われていました。




hgg30th-711-006.jpg hgg30th-711-007.jpg

 取扱説明書は通常版と同一のものが同梱されている他に、本キット専用の追加説明書も同梱されています。
 追加説明書には、限定ガンプラでは定番の「部品交換カード」が付いています。このキットは初期不良が有った場合のみ当該パーツの交換に応じるものとなっており、組み立て中や遊んでいる際に紛失・破損した部品の注文は出来なくなっています。また、交換に応じられる期限は2015年11月末日までとなっています。




hgg30th-711-008.jpg

 本キットに付属しているシール。
 ホイルシールとマーキングシールが付属していますが、いずれも本キットオリジナルのものとなっています。
 説明書には「貼り位置は一例です。イメージに合わせてお貼りください。」と記載されており、ユーザーが自由な発想で貼る事を推奨しています。なお、説明書に記載されている通りに貼付すると、ホイルシールの「カ」が2枚と、マーキングシールの7番が余ります。




hgg30th-711-009.jpg

 本体前面。全高は約13cmあります。
 形状は通常版から変更されておらず、カラーリングのみが変更されています。商品名の通り、関節部を除くパーツの成型色が全てゴールド系の成型色に変更されていますが、各パーツの成型色のゴールドは通常版でのホワイト、レッド、ブルー、イエローの色分けを基に異なる色味のゴールドを使用しており、メリハリの利いた配色になっています。
 ホイルシールはセブン-イレブンのロゴが描かれたものが多数を占めていますが、マーキングシールに描かれている文字の中には、セブン-イレブンを示す「711」や、ガンダム生誕35周年を示す「G35」が有り、ホイルシールとマーキングシールシールの相乗効果でコラボ色を引き出しています。




hgg30th-711-010.jpg

 本体後ろ。
 通常版はG30thの一部パーツを変更して、マグネットコーティングを装備した状態を再現したデザインになっています。その為、本キットもマグネットコーティングを装備した状態のデザインですが、G30thのパーツも全て付属している為、マグネットコーティングを装備していない状態で作る事も可能です。




hgg30th-711-011.jpg

hgg30th-711-012.jpg hgg30th-711-013.jpg

 バストアップ。
 カメラアイ、額のメインカメラ、後頭部のサブカメラはシール貼付部分となっていますが、シールの色は通常版と異なるものになっています。また、首部分にはダークグレーのシールを貼付します。胸部には、セブンイレブンのカラーをイメージしたストライプのシールを斜め一直線になるように貼付します。




hgg30th-711-014.jpg

 可動は、首、肩、二の腕、肘、手首、腰、股関節、膝、足首が可動します。
 G30thが発売された2009年当時のHGのガンプラとしては標準的な可動範囲ですが、本記事掲載時点での最新のガンプラに比べると、可動範囲は劣るものになっています。




hgg30th-711-015.jpg

 付属品一式。
 G30thや通常版にも付属している「ビーム・ライフル」「シールド」「ビーム・サーベル」「ハイパー・バズーカ」「ガンダム・ハンマー」の4種類の武器の他に、店頭サインをイメージした「ジャベリン」が追加されています。また、ハイパー・バズーカを腰部にマウントする為のジョイントも付属しています。
 差し替え用ハンドパーツはビーム・ライフルとハイパー・バズーカを持つ為のものと、それ以外の武器を持つ為のものの計2種類が付属していますが、いずれも右手のパーツしか付属していない為、左手で武器を持つ事は出来ません。




hgg30th-711-016.jpg

 ビーム・ライフルとシールドを装備した状態。
 シールドは、裏側に有るジョイントを左前腕に有る穴に差し込んで取り付けます。右前腕にも同じ穴が有る為、右前腕に取り付ける事も可能です。




hgg30th-711-017.jpg

 シールドは、背部ランドセルに取り付ける事も可能です。
 前腕に取り付けるジョイントを収納すると出てくるジョイントを、ランドセル中央の穴に差し込んで取り付けます。




hgg30th-711-018.jpg

 ビーム・サーベルを持たせた状態。ハンドパーツを差し替えて持たせます。
 キットではゴールド一色で成型されていますが、パッケージ写真では刃の部分がピンクで塗装されています。




hgg30th-711-019.jpg

 ハイパー・バズーカを持たせた状態。ハンドパーツを差し替えて持たせます。
 後部は肩に担ぐ形になりますが、固定する機構は有りません。




hgg30th-711-020.jpg

 リアスカート中央のパーツをジョイントパーツに交換すれば、ハイパー・バズーカをマウントする事が出来ます。




hgg30th-711-021.jpg

 ガンダム・ハンマーを持たせた状態。ハンドパーツを差し替えて持たせます。
 チェーン部分は金属パーツが使用されている為、この武器単体では鉄球部分を浮かせた状態で固定する事が出来ません。




hgg30th-711-022.jpg

 ジャベリンを持たせた状態。ハンドパーツを差し替えて持たせます。
 パッケージ側面の画像では、右手にジャベリンを持ち左手にシールドを装備した状態が一番最初に紹介されています。




hgg30th-711-023.jpg

 ここからは、アクションポーズの一例を紹介。
 1枚目は、ビーム・ライフル、シールド、ハイパー・バズーカを装備した状態で銃撃のアクションポーズ。通常版から変更されたのは成型色だけの為、通常版で可能なアクションポーズは全て取る事が出来ます。




hgg30th-711-024.jpg

 2枚目は、ビーム・サーベルを持った状態で、「機動戦士ガンダム」の第1話でビーム・サーベルを使用した際のアクションポーズ風にポージング。
 「機動戦士ガンダム」の第1話では左手でビーム・サーベルを使用していましたが、本キットでは前述の通り左手の武器保持用ハンドパーツが付属していない為、完全再現は出来ません。




hgg30th-711-025.jpg

 3枚目は、ハイパー・バズーカとシールドを装備した状態で砲撃のアクションポーズ。
 本キットは「バンダイプラモデル アクションベース2」に対応している為、跳んでいるアクションポーズや宇宙戦をイメージしたアクションポーズも簡単に再現出来ます。




hgg30th-711-026.jpg

 4枚目は、別売の「di:stage」を使用して、ガンダム・ハンマーを使用しているアクションポーズ。
 アクションフィギュア用スタンド等を使用して鉄球部分を浮かせれば、ガンダム・ハンマーで攻撃しているアクションポーズを簡単に決める事が出来ます。




hgg30th-711-027.jpg hgg30th-711-028.jpg

 このキットには、通常版と同様に「アムロ・レイ」のフィギュアが付属しています。
 造形は通常版と同じで、パイロットスーツを着てヘルメットを右手に持っています。なお、通常版では「ガンダムフロント東京」のデザインが施されたスタンドも付属していますが、本キットには付属していません。




hgg30th-711-029.jpg

 アムロ・レイフィギュアとガンダム本体。
 アムロ・レイフィギュアもガンダム本体と同じ1/144スケールで造られています。




hgg30th-711-030.jpg

 2014年5月にセブン-イレブン限定で販売された「HG UNIVERSAL CENTURY ユニコーンガンダム(デストロイモード) セブン-イレブンカラー」と。
 セブン-イレブンは、2014年は5月と10月に限定ガンプラの販売を行いました。セブン-イレブン限定ガンプラの販売はそれ以前にも度々行われてきた為、2015年にも何らかの限定ガンプラの販売が行われる事が予想されます。




 以上、RX-78-2 ガンダム ゴールドインジェクションカラーでした。

 ガンダム新作アニメ2作品の放送開始を宣伝するキャンペーンの開始とほぼ同時に販売が行われたこのガンプラですが、このキットのカラーリングは好みが分かれるのではないかと思います。しかしながら、通常版はガンダムフロント東京に行かなければ購入出来ない限定キットの為、地方在住等の理由でガンダムフロント東京に行く機会がなかなか無い人にとっては、通常版と同型のキットを手にする事が出来る貴重なキットだったのではないかと思います。
 本記事掲載時点ではセブン-イレブンでの入手が不可能になっていますが、Amazonマーケットプレイスでは店頭販売時にの価格に近い価格で販売されています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。