上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 奈々さんが「花咲つぼみ(キュアブロッサム)」役で出演されている「映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪」が、14日より公開されました!
 奈々さんの公式サイトでは、毎年プリキュアオールスターズの公開が近づいた頃に出演情報が掲載されるのですが、今年は何故か掲載されませんでした。しかしながら、奈々さんの公式サイト内に有るブログではアフレコが行われた際に報告がされており、そこで出演情報を把握した人も多かったのではないかと思います。
 今回観に行った映画館は、昨年と同じく「MOVIXさいたま」です。この映画館には、奈々さんの海外公演のライブ・ビューイングでも毎年お世話になっています。昨年のプリキュアオールスターズ公開時には公開初日だけレイトショーを行っていたのですが、今回は行われなかった為、なかなか観に行けずにいました。平日の昼間なので観客はまばらだろうと思っていたら、春休みの時期だからなのか、親子連れが多くてビックリしました(笑)。

関連記事:
 ・「NANA MIZUKI LIVE FLIGHT 2014+ at Singapore」(ライブ・ビューイング)に行ってきました!(2014年9月29日更新)
 ・「映画プリキュアオールスターズNew Stage3 永遠のともだち」観てきました!(2014年3月19日更新)

関連リンク:
 ・圧巻の40人の歌とダンスっ!(水樹奈々公式サイト NANAPARTY)

※以下は作品のネタバレを含みます。


 はじめに、ストーリーの紹介。
 歌とダンスの国・ハルモニアよりプリキュア達全員に「春のカーニバル」への招待状が届くところを、「Go!プリンセスプリキュア」のメンバーを中心に描くところから物語は始まります。招待状を受け取ったプリキュア達は、招待状が変身した乗り物に乗ってハルモニアへと向かいますが、ハルモニアは招待状が発送された後に、盗賊の「オドレン」と「ウタエン」に盗まれて(乗っ取られて)しまっていました。招待されたプリキュア達はオドレンとウタエンの司会の下、妖精達への日頃の感謝としてダンスを披露しますが、その合間に変身グッズと妖精達を盗まれ、ピンチに陥ります。Go!プリンセスプリキュアの活躍によってそのピンチを脱し、プリキュア達は王様達を救出しますが、歌とダンスが大好きなハルモニアの守り神(ドラゴン)が春のカーニバルを中断された事に怒り、ハルモニアを滅ぼそうと攻撃します。守り神の怒りを鎮める為に、40人のプリキュア達は守り神に向けてダンスを踊ります。

 ここからは感想とか。
 今作は、前作で終了した「NewStage」シリーズに代わる新たなシリーズとしてスタートしました。今作はCGを使用したプリキュアのダンスシーンがメインとなっているだけではなく、劇中歌が多用されており、悪役のオドレンやウタエンにも歌って踊るシーンが有りました。本作はプリキュアの定番である勧善懲悪のストーリーを入れていながらも「ミュージカルアニメ」と言える内容になっており、その意味では、それ以前のシリーズとは大きく異なる内容でした。
 この作品の内容については、昨年行われた東映アニメーションの株主総会の中で、「次のプリキュアオールスターズは『アナと雪の女王』をヒントにして作りたい」という話があったそうで、恐らくはそれを形にしたものと思われます。しかしながら、内容は前述のような内容に加えてプリキュアシリーズの映画では定番の「ミラクルライトを振ってプリキュアを応援する」シーンも無く、どちらかと言えばじっと座って楽しむ作品になっていた為、この作品の内容は子供でも賛否が分かれる内容になっているのではないかと思います。

 奈々さんについて。
 奈々さんは今回も「花咲つぼみ(キュアブロッサム)」役で出演しています。「ハートキャッチプリキュア!」のキャラクターの内、声付きで登場しているのは奈々さんと「来海えりか(キュアマリン)」役の「水沢史絵」さんです。お二人はハートキャッチプリキュア!の登場キャラクターが絞り込まれるようになった「NewStage2」以降も毎回出演しており、それ以前のシリーズも含めると、初登場だった「DX2」以降、全てのプリキュアオールスターズ作品に出演している事になります。
 つぼみが喋るシーンはえりかとの会話や戦闘シーンが殆どですが、喋っているシーンは他のピンクのプリキュアと同じくらい取られていたようで、全体的に出番は多かったのではないかと思います。
 余談ですが、奈々さんとは「水樹奈々 スマイルギャング」で共演している事でお馴染みの「福圓美里」さん(星空みゆき/キュアハッピー役)も、今作に出演していました。福圓さんも、「スマイルプリキュア!」が初登場だった「NewStage1」以降、全てのプリキュアオールスターズ作品に出演しています。


 今作のタイトルは「DX」「NewStage」といった、三部作になる事を示していたと思われるタイトルが付けられていない為、次回作はまた異なる内容の作品になるものと思われます。CGを使用したプリキュアのダンスやプリキュアのミュージカルショーは昔から存在していた為、本作はそれらをアニメ本編に取り込んだ作品と考えれば、今後のプリキュアオールスターズシリーズの作品作りの可能性の一つと見る事も出来るのかもしれません。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。