hgbf022sp-001.jpg

 4月が始まってもう1週間近くになりますが、今回は視聴予定の4月放送開始アニメの話をば。
 奈々さん出演の「魔法少女リリカルなのはViVid」「ガンスリンガー ストラトス」「血界戦線」の3作品は視聴確定。なのはViVidはオープニングも歌っている事もあって特に力を入れようと思ってますし、放送終了時には例によって感想記事を書こうと思っています。
 奈々さん出演作品以外では、「旦那が何を言っているかわからない件 2スレ目」は視聴確定で、「浦和の調ちゃん」は検討中。この2作品は5分アニメで気軽に観れる事に加えて、視聴するテレ玉では「機動新世紀ガンダムX」の放送後の時間に放送されるので、その流れで観ようと思ってます。他には、「てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう」も毎週視聴を検討中。この作品は「キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎」の監督を務めた「石ダテコー太郎」さんが監督を務めている作品で、キュートランスフォーマーと同じく台本無しの大喜利コーナーがあるので、原作や本編を知らなくても楽しめそうです。
 また、TOKYO MXで再放送がスタートする「ガンダム Gのレコンギスタ」も視聴確定。この作品は「繰り返し視聴しなければちゃんと楽しめない」と思っているのは過去の記事でも書いた通りですし、新作ガンプラの発売もまだまだ続くので、この再放送は良い機会と思ってます。それとチョット脱線しますが、先月から放送・配信がスタートした「トランスフォーマー アドベンチャー」は、YouTubeの配信で毎週観てます。
 3月末をもって、毎週視聴していたアニメの殆どが放送終了してしまったのですが、今期は奈々さんが3作品に出演という事もあって、個人的な視聴本数は以前と変わらない気がします(笑)。

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは、先月発売された「ガンダムビルドファイターズトライ」の後期オープニングテーマを収録した「Just Fly Away」の「『CD+プラモデル』盤」に同梱された、「ベリーベリーベアッガイF(ファミリー)」を紹介します。本当は「ガンダムビルドファイターズトライ」の放送終了前に掲載しようと思っていたのですが、他の記事を書いていたら遅れてしまいました(苦笑)。
 当ブログでのガンダムビルドファイターズトライ関連ガンプラのレビューは、これで一段落となります。このカテゴリの次のレビュー記事は、6月発売予定の「ガンダムトライオン3」を予定していますが、もしかするとその前に何か買うかもしれません(笑)。
 また突然のお知らせですが、ブログ更新を1週間ほどお休みします。その期間中は積んである未組立のガンプラを作りつつ、次回のブログ更新に備えようと思います。
(´-`).。oO(HGUCVダッシュ…MGダブルエックス…)

関連記事:
 ・HG BUILD FIGHTERS「028 トライバーニングガンダム」レビュー(2015年3月11日更新)
 ・HG BUILD FIGHTERS「グフR35 プラフスキーパーティクルクリアVer.」レビュー(2015年2月21日更新)
 ・HG UNIVERSAL CENTURY「ジュアッグ(ユニコーンVer.) 劇場限定クリアVer.」レビュー(2014年6月8日更新)


※画像をクリックすると、元のサイズで表示されます。
※画像のキットは、素組みした物に付属のシールを貼付しただけのもので、塗装やスミ入れは一切行っていません。


■キット概要
 このキットは、「ガンダムビルドファイターズトライ」の後期オープニングテーマ等を収録した「Just Fly Away」の「『CD+プラモデル』盤」に同梱される形で、2015年3月11日に発売されました。価格は2,700円(税込)でした。
 キットの仕様は、2014年6月にバンダイから発売された「HG BUILD FIGHTERS」シリーズの「022 ベアッガイF(ファミリー)」(以下「通常版」)の仕様変更品で、大部分のパーツの成型色が本キット独自のものに変更されています。




hgbf022sp-002.jpg

 パッケージ表面。パッケージは厚紙製のボックスに厚紙製のフタをする、ガンプラのパッケージでは定番の仕様です。ボックスのサイズは縦約20cm×横約31cm×奥行約10cmで、通常版のパッケージに近いサイズです。
 パッケージにイラストは描かれておらず、本キットの完成見本の写真が使用されています。この点は、これまでのガンダムビルドファイターズシリーズのオープニングテーマ収録シングルの『CD+プラモデル』盤とは大きく異なります。




hgbf022sp-003.jpg hgbf022sp-004.jpg
hgbf022sp-005.jpg

 パッケージ側面。
 シングル「Just Fly Away」の収録内容の紹介や、キットの見本写真が掲載されています。




hgbf022sp-006.jpg

 フタを開けた状態。
 内側にもフタが有り、中央部分にシングル「Just Fly Away」が収納されています。




hgbf022sp-007.jpg

 取扱説明書は、通常版と同一のものが同梱されています。
 取扱説明書の他に、限定ガンプラでは定番の「部品交換カード」も同梱されています。このキットは初期不良が有った場合のみ当該パーツの交換に応じるものとなっており、組み立て中や遊んでいる際に紛失・破損した部品の注文は出来なくなっています。また、交換に応じられる期限は2016年4月末日までとなっています。




hgbf022sp-008.jpg

 本キットに同梱されているシールは、本キットオリジナルのものです。
 番号が振られているシールは、通常版と同様の箇所に貼付します。また、「EDGE of LIFE」の文字が入ったシールは、ユーザーが自由に貼付出来るものとなっています。




hgbf022sp-009.jpg

 ベリーベリーベアッガイF本体前面。全高は約17cmあります。通常版と同様に、大きいサイズの母親「ママッガイ」と、小さいサイズの「プチッガイ」で構成されています。
 形状は通常版と同一ですが、ポリパーツ以外の全てのパーツの成型色が、本キットオリジナルのものに変更されています。成型色はピンク系カラーがメインとなっており、この点から、本キットの商品名の「ベリー」が「果実」を示している事が窺えます。
 なお、成型色は通常版から下記の通りに変更されています。
 ・ホワイト(ママッガイ)、ライトブルー(プチッガイ) → ピンク
 ・ライトグレー(ママッガイ)、ホワイト(プチッガイ) → ライトピンク
 ・ママッガイ関節部のホワイト → レッド
 ・グレー → ブラウン
  ※ポリパーツは、通常版と同一です。





hgbf022sp-010.jpg

 ベリーベリーベアッガイF本体後ろ。
 通常版と同様に、ママッガイの後部に有る「チェアーストライカー」には、プチッガイが座っています。




hgbf022sp-011.jpg

 チェアーストライカーは取り外しが可能になっており、取り外した後のママッガイの背部には、他のガンプラの一部のバックパックパーツを取り付ける事が可能です。




hgbf022sp-012.jpg

hgbf022sp-013.jpg hgbf022sp-014.jpg

 ママッガイのバストアップ。
 形状は通常版や、通常版の仕様変更元である同シリーズの「005 ベアッガイⅢ」と同一です。目の部分には好きな目のシールを選んで貼付する点も通常版と同様ですが、本記事のキットでは基本となる18番のシールを貼付しています。




hgbf022sp-015.jpg

 ママッガイの可動は、耳、首、肩、二の腕、肘、股関節、膝、足首が可動します。
 可動範囲も通常版と同一です。




hgbf022sp-016.jpg

 ママッガイの口は開閉が可能です。
 口の中にはビーム砲らしきものが有りますが、説明書ではこれに関する記載は有りません。




hgbf022sp-017.jpg hgbf022sp-018.jpg

 チェアーストライカーのジョイントパーツは取り外しが可能になっており、底部に収納する事も可能です。




hgbf022sp-019.jpg

 チェアーストライカーは、同シリーズの「028 トライバーニングガンダム」や「018 ビルドバーニングガンダム」をはじめとして、様々なガンプラへの取り付けが可能となっています。背部のピン受け穴が1ヶ所しか無いガンプラにはそのまま取り付けられますが、背部のピン受け穴が2ヶ所有るガンプラには、ジョイントパーツを取り外した状態で取り付けます。
 「028 トライバーニングガンダム」や「018 ビルドバーニングガンダム」に取り付ける場合には、それぞれのキットに付属しているジョイントパーツをバックパックに取り付けた状態でチェアーストライカーを取り付けます。




hgbf022sp-020.jpg

 プチッガイ前面。全高は約8cmあります。
 プチッガイはチェアーストライカーから取り外して遊ぶ事が出来ます。足裏は平たく造られている為、単体で自立する事が可能です。




hgbf022sp-021.jpg

 プチッガイ後ろ。
 背部にあるピン受け穴はチェアーストライカーに取り付ける為のものですが、別売の「バンダイプラモデル アクションベース2」を取り付ける事も可能です。




hgbf022sp-022.jpg

hgbf022sp-023.jpg hgbf022sp-024.jpg

 プチッガイのバストアップ。
 形状は通常版と同一です。目と鼻はシールで再現しますが、選択可能な目のシールが付属していない点はママッガイと異なります。




hgbf022sp-025.jpg

 プチッガイの可動は、耳、首、肩、股関節、足首が可動します。
 全ての箇所に同一のポリ製ボールジョイントを使用しており、ある程度のアクションポーズが取れるようになっています。




hgbf022sp-026.jpg

 チェアーストライカーのジョイントパーツは手に取り付ける事が可能になっており、これに同シリーズの「028 トライバーニングガンダム」や「018 ビルドバーニングガンダム」のエフェクトパーツを取り付ける事が出来ます。これにより、劇中でのプチッガイが次元覇王流拳法を使用するシーンを本キット独自の形で再現出来るようになっています。




hgbf022sp-027.jpg

 付属品一式。
 怒り顔の差し替え用表情パーツや腕延長パーツの他に、ママッガイとプチッガイが手を繋ぐ為のハンドパーツも付属しています。




hgbf022sp-028.jpg hgbf022sp-029.jpg

 差し替え用表情パーツと腕延長パーツを使用したアクションポーズの一例。
 表情パーツは口周辺パーツを先に取り外してから差し替えます。腕延長パーツは二の腕部分のパーツの間に挟む形で取り付けますが、各ブロックでの分解が可能になっている為、6個のブロック全部を連結して片腕だけ長くする事も可能です。




hgbf022sp-030.jpg

 差し替え用ハンドパーツを使用したポーズの一例。
 このハンドパーツを使用すれば、親子で手を繋いでいるポーズにする事が出来ます。また、プチッガイの重量はママッガイの腕で支えられるほどの軽さなので、手を繋いだ状態でプチッガイを浮かせる事も可能です。




hgbf022sp-031.jpg

 アクションポーズの一例を紹介。
 腕を後ろに回して、プチッガイを手でおぶっているかのようなポーズにする事が出来ます。ママッガイもプチッガイと同じく「バンダイプラモデル アクションベース2」に対応しており、跳び上がっているポーズでディスプレイする事も可能です。




hgbf022sp-032.jpg

 ガンダムビルドファイターズトライ前期オープニングテーマの収録シングルの『CD+プラモデル』盤の特典である、「グフR35 プラフスキーパーティクルクリアVer.」と。
 ガンダムビルドファイターズシリーズのオープニングを収録したシングルには毎回『CD+プラモデル』盤が発売されています。前作は前期・後期共にガンダム系モビルスーツ(以下「MS」)のガンプラでしたが、今作では前期・後期共に非ガンダム系MSのガンプラとなりました。また、これまでに同梱されたガンプラは一般販売されているキットのプラフスキーパーティクルクリアVer.でしたが、本キットではそれとは異なる仕様変更がなされています。




hgbf022sp-033.jpg

 「HG UNIVERSAL CENTURY」の、「ジュアッグ(ユニコーンVer.) 劇場限定クリアVer.」と。
 「機動戦士ガンダム」の水陸両用MSは、近年では癒し系キャラとしても定着しつつあります。ベアッガイシリーズの元になった「アッガイ」は、その代表格とも言えるMSです。




 以上、ベリーベリーベアッガイFでした。

 本キットの構造は通常版と同じで追加パーツは有りませんが、通常版では大きく異なっていたママッガイとプチッガイのカラーリングが同じ色に変更された事で、カラーリングの統一感が生まれています。その一方、カラーリングは濃いピンクがメインになっている為、説明書で遊び方の例の一つとして記載されているコーデは少しやりづらくなっていると思います。
 本キットは単体でも十分遊べる内容になっている事に加えてキット自体の構造も比較的シンプルな為、ガンプラ初心者でも十分楽しめると思います。またピンクがメインカラーになっている事から、男性よりもむしろ女性の方が手に取り易いキットになっていると思います。