※画像をクリックすると、元のサイズで表示されます。

DDevent2015-2-001.jpg

 今回は、前回より続く「DOG DAYS特別興業 -フロニャ祭2015-」のレポ、パート2です。今回はイベント前半の様子を紹介します。
 上の写真は、会場内の座席配置図です。今回の管理人の席は、Jブロック15列の黄色い円で囲んだ部分のあたりでした。ステージからの距離は最前列と最後列の丁度中間くらいだったのですが、会場自体のキャパは約2000人の比較的小さい会場だった為、ステージの様子はしっかり見る事が出来ました。

関連記事:「DOG DAYS特別興業 -フロニャ祭2015-」に行ってきました!(パート1)(2015年5月19日更新)


 イベントの開演は17時20分で、予定より20分遅れての開演となりました。

1.オープニング
 開演と同時に、本編のダイジェスト映像を絡めつつシリーズ第1期から4年が経過した事やファンに対する感謝を伝える映像が上映されました。映像の中では出演者と演じたキャラを一緒に紹介する映像も有りました。
 映像上映後にカウントダウンが始まり、カウントが0になると、出演者がステージ上に登場しました。奈々さん以外の出演者は以下の通り。

 ・宮野真守さん(シンク・イズミ役)
 ・堀江由衣さん(ミルヒオーレ・F・ビスコッティ役)
 ・小清水亜美さん(レオンミシェリ・ガレット・デ・ロワ役)
 ・高橋美佳子さん(レベッカ・アンダーソン役)
 ・悠木碧さん(クーベル・E・パスティヤージュ役)
 ・竹達彩奈さん(エクレール・マルティノッジ役)
 ・阿澄佳奈さん(ユキカゼ・パネトーネ役)
 ・上坂すみれさん(シャル役)
 ・小倉唯さん(アリア役)

 奈々さんはリコッタ・エルマール役&ナナミ・タカツキ役の2役で紹介されており、順番は堀江さんの次(3番目)でした。
 また、司会を務めたのは、奈々さん関連のイベントではお馴染みのキングレコード三嶋章夫プロデューサー(以下「みっしー」)でした。

 はじめに、出演者からの簡単な挨拶が有ったのですが、宮野さんが観客席から「みやのー↑」というコールを受けた事から、その後も宮野さんと観客が、挨拶していく出演者に似たようなコールを浴びせる流れになりました。また、奈々さんと悠木さんは自身の役名を言うところでかんでしまうハプニングが発生しました。
 高橋さんはフロニャ祭では毎回決まって「ビジネスチャンスを掴む」という目標を持っており、今回のイベントではその願掛けとして胸に「Chance(チャンス)」の刺繍が施された衣装にした事を話していました。
 キャストからの挨拶の後、みっしーによる過去のフロニャ祭や今回のフロニャ祭に関する話が有り、「フロニャ祭は前回から3年ぶり」である事や、「今回のフロニャ祭は(内容の関係上)尺が読めない(=イベント終了がいつになるか分からない)」という事等が話されました。


1.星詠み意識調査2015
フロニャ祭では毎回定番になっているというこのコーナーは、出された質問に対して、出演者がその場で(一応)匿名で回答し、その結果を発表するというものでした。
 コーナー開始時、宮野さんからの「きわどい質問も有るのか?」の質問に対し、みっしーは「あるかも…」と答えていました。

質問1:アフレコ現場で一番元気だったのは誰?
 この質問で最も多く回答があったのは、宮野さんでした。
 宮野さんは「役(シンク)が元気なだけで、現場ではシンクのように(堀江さんに向かって)『ほーりえさーん!!』とは言っていない」と反論していました。これに対し堀江さんは「アフレコ現場でもそんな感じ(=シンクみたい)」と話しており、奈々さんと小清水さんはこれに同意していました。
 上坂さんも宮野さんに1票を入れたとの事ですが、理由は堀江さん達と違って「服装」が決め手になったとの事で、これを聞いた宮野さんは突然腰を振っていました。その詳細について、上坂さんは「雨の日にカッコ良いレインコートを着ていた。湿気を散らそう(除湿)としているみたいだった」と話していましたが、これに対して宮野さんは「レインコートは持っていない」と話していた為、上坂さんが見た服はレインコートではなかったようです。

質問2:この中で、一番貯金をしてそうなのは誰?
 この質問について、最初にみっしーから「あくまでもイメージです」という補足が有りました。観客席からのイメージを聞いた際に返ってきた「章夫ー!」の声に、みっしーは「キングレコードの給料知らないでしょ? 色々差し引かれて小銭しか残らないよ」という話をしていました。
 この質問で最も多く回答があったのは、堀江さんでした。出演者10人の内8人が堀江さんと回答していたとの事で、ダントツでの1位でした。
 堀江さんはこれについて、「お金は普通に好き」と話した上で、他の出演者に「皆好きだよね?」と訊いていましたが、反応は有りませんでした。また、「空から(お金が)降ってくるのが好き」とも話しており、「(ギャンブルはしてないけど)貯金はしてる」とも話していました。宮野さんからの「(貯金額は)どれくらい?」の質問に対し、堀江さんは答える素振りを見せたと思ったら「言えるか!」と返していました。
 この質問で最も多く回答を得た堀江さんですが、「もっと貯金してる人がいる…」という話をしつつ、奈々さんの方を見ていました。奈々さんは否定していましたが、貯金額に関する質問が飛んできたときには「言えるかー!」と叫んでいました。
 この後、堀江さんに票を入れたという阿澄さんからは堀江さんをフォローする発言があり、奈々さんも「(堀江さんは)堅実」と同調していましたが、堀江さんは阿澄さんに「後で覚えておいてね」という、意味深な言葉を放っていました。

質問3:この中で、一番面食いだと思うのは誰?
 この質問で最も多く回答があったのは、堀江さんと竹達さんが同数でした。
 堀江さんからは「こんな(二度もネタにされる)つもりじゃなかった」という言葉があった一方、結果を見た小清水さんは何故か大爆笑していました。なお、堀江さんはこれについても他の出演者に「好きだよね?」と訊いていました。
 奈々さんからはこれを裏付ける証言をしており、(堀江さんから)「もし誰とでも付き合えるなら、誰がいい?(=もし誰とでも付き合える権利があるなら、誰と付き合いたい?)」という質問が有り、芸能人の名前を回答する事を求められたようです。また奈々さんの話し方から、堀江さんがアツい口調でこの話をしていた事も窺えました(笑)。これを聞いた宮野さんは「現行犯です」と言い、堀江さんは手錠をかけられたような仕草をしていました。
 堀江さんは最後に「人は(顔じゃなくて)心ですよね」と話したところ、小清水さんから「貯金していて面食いな人に言われたくない」とツッコまれてしまい、堀江さんは小清水さんに「後で覚えておいてね」と話していました。

質問4:この中で、一番エロいと思うのは誰?
 この質問の集計中にみっしーが観客席の意識調査をしたところ、観客席は青いペンライト一色に染まりました。「これが何を意味するのか…」というみっしーの発言に対し、奈々さんは「身に覚えがありません」と話していました。
 この質問で最も多く回答があったのは、宮野さんでした。宮野さんは素直に納得していましたが、みっしーは質問の内容を「女性限定で」に変えて、再度投票を行いました。なお、順位に関しては宮野さんが1位、みっしーが(自称)2位という事で、この結果で選ばれた人が3位になる事になりました。
 2度目の回答で最も多く回答があったのは、奈々さんでした。奈々さんは結果を否定しつつも、自身が「エロい」と言われる所以となった「エロ線」についての話をした後に堀江さんのエロ線も見ていましたが、堀江さんのエロ線を見た奈々さんは「私の方が多い」と言った為に、宮野さんから「現行犯!」と言われてしまいました。
 奈々さんのエロ線やそれに関連した「エロ師匠」という呼び名の由来については、下記のリンクを参照して下さい。

 ・水樹奈々用語集 え(きったんの頭ん中) … ページの下の方に「エロ線」「エロ師匠」の記事が有ります。


質問5:もし上司にするなら、クーベルよりミルヒだ
 この質問はYESもしくはNOでの回答でした。ミルヒの方が良いという人は「YES」に、クーベルの方が良いという人は「NO」に投票する方式でした。
 投票前、悠木さんは「皆さん空気読んで!」と、ミルヒ(=YES)への投票を促し、堀江さんも咳払いをして促していました。
 結果は、YESが4票だったのに対し、NOが5票で、NOの方が僅差で多数となりました。
 出演者や観客の多くが予想し得ない驚きの結果でしたが、宮野さんは突然「NOに入れた」と話しました。堀江さんはそんな宮野さんに対し「貯金有るよ、(お金)貸せるよ」と、ミルヒではなく自分自身のアピールを始めていました。
 小清水さんは「堀江さんに入れた(=YES)」と話していましたが、後でみっしーは「小清水はあおちゃん(悠木さん)に入れた(=NO)んだろう」と話していました。
 上坂さんは「悠木さんに入れた(=NO)」と話していましたが、その理由について、「堀江さんは同じレーベル(スターチャイルド)の先輩、つまりリアル上司」と話しており、「ちょっと違う」というツッコミを食らっていました。

質問6:正直、DOG DAYSが3期まで続くとは思わなかった
 この質問もYESもしくはNOでの回答でした。「続くとは思わなかった」いう人は「YES」に、「続くと思っていた」という人は「NO」に投票する方式でした。シリーズに関する出演者サイドの意識の質問という事もあって、投票前にみっしーからは「(シリーズの)今後にかかわる」という話がありました。
 結果は、NOが1票だったのに対してYESは9票で、圧倒的な差で「続くとは思わなかった」方が多数でした。
 結果が発表された後に、上坂さんは「(自分は)NOを押した」と話してしまった為に、上坂さん以外の全員がYES(続くとは思わなかった)という回答をしていた事がバレてしまいました。みっしーは唯一NOを押した上坂さんを「心のオアシス」と賞賛していました。

質問7:続編があれば是非出演したい
 この質問も、YESもしくはNOでの回答でした。
 投票結果は、YESが8票、NOが0票でした。そして無効票が2票有り、宮野さんはこの結果について「面白すぎでしょ」と言っていました。
 全員の回答が出なかった為、みっしーは質問内容を「ギャラ次第だ」に変えたところ、YESが6票、NOが1票、そして無効票が3票でした。
 2回目の投票結果からみっしーと宮野さんは「ギャラが良くても出演したくない人がいる」という考察をしていましたが、小清水さんが「(無効票の理由の中に)上司が怖いとかは無いかな?」という意見を出してきた為、みっしーは質問内容を「堀江さん次第だ」に変えて質問したところ、YESが10票(全員回答)となり、この結果に宮野さんは怯える仕草を見せていました。
 無効票の原因について、2回目の投票の集計中に宮野さんとみっしーは「投票しなかった」、もしくは「システムの不具合があった」という推察をしていましたが、3回目の投票結果を考えると、「投票しなかった」方で間違い無いようです。


 意識調査コーナーはここで終了となりましたが、終了時にみっしーから、このコーナーはまだ始まりにすぎないという話がありました。




 今回はここまで。
 次回の「パート3」では、この後の内容を紹介します。

2015年5月21日追記:「パート3」を掲載しました。
 ・「DOG DAYS特別興業 -フロニャ祭2015-」に行ってきました!(パート3)