nanepape2015-001.jpg

 少し前の事なのですが、8月3日に、当ブログのアクセスカウンターが35万ヒットを突破しました!!
 30万ヒットを突破したのが昨年12月だったので、それから約8ヶ月で5万ヒットした事になります。25万ヒットから30万ヒットまでの期間が半年だったので、それよりペースは落ちていますが、それ以前は5万ヒットするまでに8~9ヶ月くらいかかっていたので、今まで通りに戻ったのかもしれません。
 これまでトランスフォーマー、奈々さん、ガンダムを話題にした色々な記事を書いてきましたが、諸事情により、今年5月頃から掲載記事をレビュー記事のみに絞り込んでいます。奈々さん関連のイベントレポについてはこちらでは暫くお休みにする方針ですが、ツイッターではライブ・イベント終演後に色々ツイートしてるので、そちらの方を見て頂ければと思います。記事の絞り込みはまだ試行錯誤の最中なので、今後突然復活するジャンルの記事も有るかもしれませんが、暖かい目で見て頂ければと思います。

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは現在全国ツアーが開催中の「NANA MIZUKI LIVE ADVENTURE 2015」の会場限定グッズの一つである「ナネットパペット」を紹介します。
 8月2日にゼビオアリーナ仙台で開催されたLIVE ADVENTUREのTRESURE 06(仙台公演2日目)に管理人が参戦したのは過去の記事で書いた通りですが、このナネットパペットは、前日に仙台入りしたその足で会場に赴いて、他の購入予定グッズと一緒に購入しました。管理人が会場に到着したときは会場内でライブ(仙台公演1日目)が始まっていた事もあってスタッフ以外の人はおらず、すぐに購入する事が出来ました。翌日のライブ当日には限定Tシャツとピンズを購入する為に並んだのですが、そちらも行列が短く、短い待機時間で購入出来ました。
 管理人の次の参戦予定は、ツアーファイナルとなる西武プリンスドーム公演です。次も会場限定Tシャツとピンズを購入するべく物販に行こうと思っていますが、ここ数年の奈々さんの夏ツアーではスタジアム公演やファイナルで追加グッズが登場する事が定番になってきている為、それらの中に欲しいものが有れば、一緒に購入しようと思っています。

関連記事:
 ・「中くらいのたまごからナネットさん」レビュー(2015年1月26日更新)
 ・「おっきなたまごからナネットさん」レビュー(2011年12月3日更新)

関連リンク:NANA MIZUKI LIVE ADVENTURE 2015(公式サイト)


※画像をクリックすると、元のサイズで表示されます。
※「おっきなたまごからナネットさん」「中くらいのたまごからナネットさん」は、別売です。


■グッズ概要
 このグッズは2015年7月4日~9月19日にかけて全国11ヶ所で14公演が行われる(本記事掲載時点で開催中)、「アニメロミックス presents NANA MIZUKI LIVE ADVENTURE 2015 supported by JOYSOUND Calbee なか卯」(以下「LIVE ADVENTURE」)のグッズ販売会場で、本ライブ限定グッズの1つとして4,200円(税込)で販売されています。
 ライブ関連グッズの絵柄等で度々採用されている、水樹奈々さんによるデザインの鳥をモチーフにしたキャラクター「ナネットさん」をパペットにしたぬいぐるみで、手(翼)と口が可動します。




nanepape2015-002.jpg

 梱包状態。
 ナネットパペット本体はそのままの状態でビニール製の袋に入れられています。




nanepape2015-003.jpg

 本体前面。全高は約16cmあります。
 これまでに販売されたナネットさんのぬいぐるみは、2007年から2008年に開催された「LIVE FORMULA」での「たまごからナネットさん」、2011年12月に開催された「LIVE CASTLE」での「おっきなたまごからナネットさん」、2015年1月に開催された「LIVE THEATER」での「中くらいのたまごからナネットさん」が有りますが、このパペットの表面の毛には、それらと同じと思われる素材を使用しています。




nanepape2015-004.jpg

 本体後ろ。
 尻尾も各種のイラストの通りに付いています。




nanepape2015-005.jpg

nanepape2015-006.jpg nanepape2015-007.jpg

 頭部。
 目はプラスチック製のパーツが使用されています。公式グッズに描かれているイラストには口を開けた状態で描かれているものが有りませんが、このパペットでは口が可動する関係上、口を少し開けた状態になっています。




nanepape2015-008.jpg

 底面。
 脚はフェルトと思われる素材で作られており、ペラペラです。その為、置くと潰されてしまいますが、手に付けて使用する際には脚が見えるようになっています。




nanepape2015-009.jpg nanepape2015-010.jpg

 左の脇腹にはタグが付いています。このタグの片面には「NANA MIZUKI LIVE ADVENTURE 2015」の刺繍が施されており、その反対面には「nm7」の刺繍が施されています。




nanepape2015-011.jpg

 ここからは、動かし方の一例を紹介。
 1枚目は、口を閉じ、右の翼を畳んで左の翼を開いた、イラストでお馴染みのポーズ。右手で動かす場合には、右の翼を小指で、左の翼を親指で、口をその他の3本の指で動かします。




nanepape2015-012.jpg

 2枚目は、左右の翼と口を開いたポーズ。
 開いたポーズの方が、閉じたポーズよりも比較的簡単に取る事が出来ます。




nanepape2015-013.jpg

 中くらいのたまごからナネットさんと。
 サイズには大きな違いが有り、ナネットパペットの中に中くらいのたまごからナネットさんを入れる事も可能になっています。これまでのナネットさんのぬいぐるみはたまごからナネットさんのデザインを基にサイズを変更したものでしたが、ナネットパペットはパペットとして使えるようにする関係上、これまでのナネットさんのぬいぐるみとは全く異なるデザインで作られています。




nanepape2015-014.jpg

 おっきなたまごからナネットさんと。
 おっきなたまごからナネットさんは、既存のライブ会場で販売されたナネットさんのぬいぐるみの中では最大級のサイズでしたが、ナネットパペットはそれよりも大きいサイズとなっています。




 以上、ナネットパペットでした。

 ナネットさんのぬいぐるみは、前述の通りこれまでに3種が販売されてきましたが、今回は初のパペットでの商品化となりました。腕を自在に動かすのにはある程度の技術が必要ではありますが、基本的な動かし方をするだけであれば、パペットで遊んだ事がない人でも十分動かす事が可能です。これまで奈々さんのライブでは「ちょもぐるみ」を振っている観客も少数ながら見られましたが、振り易いこのパペットを振る人も今後現れるのではないかと思われます。
 本記事掲載時点でLIVE ADVENTUREのツアーはまだ折り返し地点の為、ライブ会場で購入できるチャンスはまだ残っています。ツアー終了後には例によってS.C. NANA NETでのグッズ通販も行われる可能性が高いので、会員であればツアーに行けなくても購入出来る可能性が有ります。