上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※画像をクリックすると、元のサイズで表示されます。

tekketsu201510-013.jpg

 今回は、前回の「前編」より続く、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1話放送直前 前夜祭」のイベントレポ、後編です。
 今回はイベントの内容を中心に紹介します。

関連記事:「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1話放送直前 前夜祭」に行ってきました!(前編)(2015年10月4日更新)

※以下は第1話のネタバレを含みます。


 イベントは事前にアナウンスされていた予定通り、19時30分より開始されました。
 最初に登壇したのは司会者の「バロン山崎」さんという方で、イベントの内容やイベント中の注意事項に関する説明が有りました。この中で、このイベントでは「第1話の先行上映」「メイキング映像の上映」「出演声優によるトークショー」の3つが行われるという事も話されました。
 これらの説明の後、第1話の上映が開始されました。

1. 第1話先行上映
 第1話「鉄と血と」が、テレビ放送に先駆けて上映されました。
 内容は、テレビ放送されたものやMBSオンデマンド等で配信されているものと同じですが、エンディングの映像はMBSオンデマンド配信版と同様の、黒い背景に「鉄華団」のエンブレムが描かれたものになっていました。

2. メイキング映像「ROAD TO ORPHANS」上映
 第1話の上映終了後、「ROAD TO ORPHANS」というタイトルのメイキング映像が上映されました。
 この映像は製作過程やスタッフ・キャストへのインタビュー等を収録したもので、鉄血のオルフェンズや作品内に登場するキャラ・メカの特徴や魅力を、それぞれの視点から話していました。
 出演していた方は以下の通り。

 1. 伊藤悠さん(キャラクターデザイン原案)
   ・オルガ・イツカと三日月・オーガスのデザインのポイントを中心にした話。
 2. 形部一平さん(ガンダムキマリス、戦艦、鉄華団エンブレムのデザイン担当)
   ・ガンダムキマリスを中心としたモビルスーツ(以下「MS」)のデザインに関する話が中心。
   ・メカデザイン担当は、一番最初にそれぞれの役割分担を決定したとの事。
 3. 寺岡賢司さん(宇宙ステーションとモビルワーカーのデザイン、SF設定を担当)
   ・SF設定を踏まえた上でのデザインに関する話。
 4. 海老川兼武さん(グレイズをはじめとしたギャラルホルン側のメカデザイン担当)
   ・グレイズとそのバリエーションに関する話が中心。
 5. 鷲尾直広さん(ガンダムバルバトスのデザインを担当)
   ・ガンダムバルバトスのデザインに関する話。
   ・ガンダムバルバトスのデザインについて、監督は「若武者」をイメージしているが、鷲尾さんは「足軽」だと思っているとの事。
 6. 細谷佳正さん(オルガ・イツカ役)
   ・鉄血のオルフェンズのストーリーの第一印象や、三日月とオルガの関係に関する話が中心。
   ・ストーリーの第一印象は「泥臭い作品」。

3. トークショー
 メイキング映像の上映終了後、トークショーが開始されました。出演者は以下の通り。

 ・河西健吾さん(三日月・オーガス役)
 ・金元寿子さん(アトラ・ミクスタ役)
 ・小川正和さん(プロデューサー)
  ※河西さんと金元さんの登壇は事前にアナウンスされていましたが、小川さんはサプライズでの登壇でした。

 トークショーは、司会者との一問一答に近い形式で進められました。
 以下はその大雑把な内容です。

 ・第1話を見終わった、今の気持ちは?
  河西さん … (アフレコ時は)線だけだったが、それに色や音が入って、素晴らしいものが出来上がった。
  金本さん … 感動した。早く続きが見たい。
  小川さん … 明後日(テレビで)放送されるものとは一部が違う内容になっている。(注:エンディング映像の事です)
          作品作りは連日、監督共々大変な作業になっている。今日は(昨夜から徹夜して)10時30分まで仕事していた。

 ・(作品の内容について)今だから言える事は?
  河西さん … アトラとの掛け合いのシーンでは、ご飯を食べているシーンが多い。2回ご飯を食べている回があったが、
          それにすぐ気付いて笑った。
  金本さん … キャラクター同士のセリフが重なっているシーンが多い。テストの時は(実際の映像と同様に)セリフを重ねているが、
          本番は違う(=別々に録っている)。そういうシーンが、実際にその空間にいるようで楽しい。

 ・次回予告での、アトラがかわいい声で「バルバトス」と言っている件について。
  小川さん … (次回予告は)遊んでいる。

 ・今後の見どころは?
  小川さん … (第1話の内容を受けて)「もっとMSを出せよ」と言う声が多そうだが、それに応える。戦闘シーンが多い回も有る。
          キャラクターのストーリーにも注目。
  河西さん … 第2話は戦闘シーンが多い。三日月はあまり喋らないキャラなので、(表現方法について)悩みながら演っている。
  金本さん … (アトラのキャラクター性から)日常アニメが始まっちゃうかも…。三日月とオルガの過去が気になるが、今後の
          二人の行方も気になる。

 この後、オープニングテーマを歌う「MAN WITH A MISSION」からのコメント映像が上映されました。
 コメントの内容はオープニングテーマ「Raise your flag」に関するものが中心で、「攻撃的なナンバーになっているので、作品共々楽しみにして欲しい」との事でした。
 上映終了後、金元さんは「(全員が同じオオカミの頭の為)どなたが喋っているのか分からなかった」と話していました。また司会者からは、エンディングテーマは「MISIA」さんが担当する事が話されました。

 トークショーの最後には、それぞれの意気込み等を話してくれました。

  小川さん … スタッフは監督を中心にして、頑張って作っている。楽しんで見て欲しい。
          (上映版とテレビ放送版の違いを探すヒントは)オープニングテーマが流れるあたり(エンディング部分)がポイント。
  金本さん … 過酷な中でも強く生きる主人公達の姿は、見ていて楽しい。
          (アトラについて)ストーリーの流れで状況が変わっても、彼女は彼女らしくあって欲しい。
  河西さん … 出演者としてだけではなく、一ガンダムファンとしても楽しい作品だと思った。2日後には第2話を見たい気持ちだと
          思うけど、第1話をもう一度見て欲しい。

 以上でトークショーが終了し、その後にフォトセッションが行われました。
 フォトセッションは舞台の上手を背景に、出演者がガンダムバルバトスのスタチューと一緒に撮る形で行われました。フォトセッション終了後には河西さん、金元さん、小川さんは退場し、残った司会者からはガンプラの発売予定やテレビ放送スケジュール等のインフォメーションが有った後、本イベントは終了しました。
 イベントが終了したのは、20時30分頃でした。




tekketsu201510-014.jpg

 管理人がこれまでに行ったアニメ作品の第1話先行上映イベントはテレビ放送の10日~半月くらい前に開催されているものが殆どでしたが、今回の先行上映イベントは第1話放送の2日前の開催だった為、先行上映という実感はあまり有りませんでした。しかしながら、トークショーに加えてメイキング映像の上映も有った事で、作品の魅力や見どころが分かり易かっただけでなく、それらが多い作品である事も分かりました。
 既に予約受付が開始されているブルーレイとDVDの収録話数から、鉄血のオルフェンズは2クール(全25話)の作品になるものと思われますが、ガンプラと併せて最後までしっかり観ようと思います。




tekketsu201510-015.jpg

 会場を出る際には、来場者プレゼントが渡されました。
 来場者プレゼントは、本イベントの翌日に発売された、ガンダムバルバトスのガンプラでした。1年前に行われた「ガンダムビルドファイターズトライ」の先行上映イベントでは「ビルドバーニングガンダム」のガンプラが来場者にプレゼントされたとの事なので、今後も新作ガンダムの先行上映イベントが開催される際には主役MSのガンプラが来場者プレゼントになるものと思われます。
 このガンダムバルバトスのガンプラは既に組み立てを終えているので、近日中にレビューしようと思います。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。