上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGIBA001-001.jpg

 一昨日より、奈々さんとカルビーがコラボした「カルビー×水樹奈々 コラボキャンペーン(カルビー公式サイト)」がスタートしました!!
 カルビーのポテトチップスと奈々さんのコラボキャンペーンはこれまでに何度も行われており、ここ暫くは「3口で応募するAコース」と「1口で応募するBコース」のプレゼントキャンペーンのみを行っていますが、今回も同様となります。今回のキャンペーンは、Aコースが「奈々さんと一緒に行くポテリッチ新フレーバー試食ツアー」で、Bコースが「NANA急便(奈々さんが選んだカルビー商品の詰め合わせ)」になります。どちらのコースでも食べられる「ポテリッチの新フレーバー」は、カルビーと奈々さんの共同開発商品で、これについては9月に開催された「NANA MIZUKI LIVE ADVENTURE」のTRESURE 14(西武ドーム公演)のライブ中に発表されていました。発売時期は未定ですが、恐らくはこのキャンペーンで当選すれば最速で食べられるのではないかとおもいます。
 昨年6月にポテリッチの大量不法投棄事件が有ってからもポテリッチと奈々さんのコラボキャンペーンは度々続けられてきましたが、事件後はAコースの賞品は奈々さんご本人に会える賞品にはなっていませんでした。その為、今回は久々に奈々さんご本人に会える賞品となるのですが、キャンペーンが何事も無く終わる事を願うばかりです。
 今回のキャンペーンの締め切りは12月29日です。管理人も締め切りまでにボチボチ応募しようと思います(笑)。

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のガンプラのオプションパーツセットシリーズである「HG IRON-BLOODED ARMS」より、「001 MSオプションセット1&CGSモビルワーカー」を紹介します。
 このセットは、ガンダムバルバトス用のオプションパーツが有るという事で発売前に予約して購入したのですが、予約後に残る2つの武器はガンダムバルバトスに装備できないという事を知り、それを受けて「HGIBO002 グレイズ(一般機/指揮官機)」と「HGIBO003 シュヴァルベグレイズ(マクギリス機)」を購入しました。どちらもガンダムバルバトスと同じく安い価格だったので、財布へのダメージは特に有りませんでした(笑)。
 なお、本レビュー記事で使用している「HGIBO003 シュヴァルベグレイズ(マクギリス機)」はレビュー記事未掲載ですが、近日中に掲載したいと思います。

関連記事:
 ・HG IRON-BLOODED ORPHANS「002 グレイズ(一般機/指揮官機)」レビュー(2015年10月20日更新)
 ・HG IRON-BLOODED ORPHANS「001 ガンダムバルバトス」レビュー(2015年10月13日更新)


※画像をクリックすると、元のサイズで表示されます。
※「HGIBA001 ガンダムバルバトス」「HGIBO002 グレイズ(一般機/指揮官機)」「HGIBO003 シュヴァルベグレイズ(マクギリス機)」は、別売りです。


■キット概要
 このキットは2015年10月10日頃に、バンダイよりメーカー希望小売価格648円(税8%込)で発売されました。
 「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場するモビルスーツ(以下「MS」)のオプションパーツ等をキット化したガンプラシリーズである「HG IRON-BLOODED ARMS」(以下「HGIBA」)の第1弾キットで、「HGIBO001 ガンダムバルバトス」「HGIBO002 グレイズ(一般機/指揮官機)」「HGIBO003 シュヴァルベグレイズ(マクギリス機)」に装備可能なオプションパーツと、劇中で活躍しているクリュセ・ガード・セキュリティ(以下「CGS」)のモビルワーカーを1/144スケールで立体化しています。




HGIBA001-002.jpg

 パッケージ表面。パッケージは厚紙製のボックスに厚紙製のフタをする、ガンプラのパッケージでは定番の仕様です。
 ボックスのサイズは縦約19cm×横約15cm×高さ約4.5cmで、2013年から2015年にかけて発売された「HG BUILD CUSTOM」シリーズの標準的なボックスサイズと同じです。
 パッケージには本キットに入っているパーツ一式の彩色済み状態の写真と、それを別売りのキットに装備した写真が掲載されています。




HGIBA001-003.jpg HGIBA001-004.jpg
HGIBA001-005.jpg

 パッケージ側面。
 オプションパーツやモビルワーカーに関する設定等の紹介文が掲載されています。




HGIBA001-006.jpg

 同梱されている説明書は、B4サイズの紙の両面に印刷が施されています。
 掲載されている内容は組み立て方と別売りのキットへの取り付け方法のみで、設定等の紹介文は掲載されていません。




HGIBA001-007.jpg

 本キットに付属しているシール。
 シールの番号は4番まで有ります。貼付するシールは全て「バルバトス用滑空砲」に貼付するもので、その他のオプションパーツやモビルワーカーに貼付するシールは有りません。




HGIBA001-008.jpg

 本キットのオプションパーツおよびモビルワーカー一式。
 武器は長い砲身の「バルバトス用滑空砲」、小振りの「ライフル(ショートバレル)」と、それに取り付け可能な「シュヴァルベ・グレイズ用ランス」、そして「グレイズ用シールド」が入っています。またモビルワーカーはCGSが使用している地上用の物が立体化されています。
 本キットはガンメタリック成型の2枚のランナーで構成されています。その為、バルバトス用滑空砲は成型色とシール貼付で設定カラーに近いカラーリングとなりますが、他のパーツやモビルワーカーは成型色一色のみのカラーリングとなります。




HGIBA001-009.jpg

 「HGIBO001 ガンダムバルバトス」(以下「HGIBO001」)に、バルバトス用滑空砲を装備した状態。
 アームを接続したバックパックの装甲に、砲身後部を接続します。画像では右のバックパックに取り付けてグリップを右手に持たせていますが、左のバックパックに取り付けてグリップを左手に持たせる事も可能です。




HGIBA001-010.jpg

 バルバトス用滑空砲を使用したアクションポーズの一例。
 バックパックと取り外した装甲を接続するアームは長短2種類有り、またバックパックのアームの受けジョイントは左右各2ヶ所有る為、アームの長さやアームの接続箇所を変える事で、様々なアクションポーズに対応出来ます。




HGIBA001-011.jpg

 バルバトス用滑空砲は、折り畳んだ状態でバックパックにマウントする事も可能です。
 折り畳みは砲身を2パーツに分解して付け直す、差し替え式で行います。




HGIBO002-027.jpg

 「HGIBO002 グレイズ(一般機/指揮官機)」(以下「HGIBO002」)に、ライフル(ショートバレル)とグレイズ用シールドを装備した状態。
 ライフル・シールド共に、左右どちらの手にも持たせる事が出来ます。




HGIBA001-012.jpg

 ライフル(ショートバレル)のフォアグリップは可動式となっている為、両手持ちも可能です。しかしながら、フォアグリップは長さが短い為に持たせづらくなっています。




HGIBA001-013.jpg

 ライフル(ショートバレル)はそのままでも左手に持たせる事が出来ますが、右側部についている円盤状のパーツを左側部に取り付ければ、自然な形にする事が出来ます。
 なお、この遊び方は説明書には記載されていない遊び方です。



HGIBA001-024.jpg

 ライフル(ショートバレル)には、HGIBO002のライフルに付いているマガジンを取り付ける事が出来ます。




HGIBA001-014.jpg

 「HGIBO003 シュヴァルベグレイズ(マクギリス機)」(以下「HGIBO003」)に「シュヴァルベ・グレイズ用ランス」を装備した状態。
 ライフル(ショートバレル)を持たせた状態で、その下からランスユニットを取り付けてこの状態にします。装備時にはランスユニットが前腕に接続される為、腕と一体になっているかのような形になります。
 なお公式サイトに掲載されている設定によれば、このランスは「ガエリオ機」が装備している武器とされており、マクギリス機は使用しないようです。




HGIBA001-015.jpg

 シュヴァルベ・グレイズ用ランスには可動式のグリップが有り、両手持ちする事も可能です。
 なお、この遊び方は説明書には記載されていない遊び方です。




HGIBA001-016.jpg

 ランスユニットを取り外したライフル(ショートバレル)の状態で持たせる事も、もちろん可能です。




HGIBA001-017.jpg HGIBA001-018.jpg
HGIBA001-019.jpg

 モビルワーカー。
 劇中では第1話から登場している地上用のモビルワーカーです。劇中ではサンドブラウンをメインカラーとしているものが殆どでしたが、それとは異なるカラーリングのものも登場していました。




HGIBA001-020.jpg

 モビルワーカー底面。
 設定通りに3つのタイヤが有りますが、動かす事は出来ません。




HGIBA001-021.jpg

 モビルワーカーの可動は、左右のライフルが上下に可動する他に、本体の上半分を僅かに左右に動かす事が出来ます。




HGIBA001-022.jpg

 モビルワーカーとHGIBO001。
 モビルワーカーのサイズはHGIBO001よりも遥かに小さく、HGIBO001の足くらいのサイズしか有りません。




HGIBA001-023.jpg

 本キットのオプションパーツを装備した3体のキットとモビルワーカーを集合。
 本キットに対応した3体のキットを全部揃えれば、それぞれに1つずつ武器を持たせる事が出来ます。




 以上、HGIBA001 MSオプションセット1&CGSモビルワーカーでした。

 本キットはHGのキットに対応したオプションパーツがメインとなっているセットで、シリーズ展開が事実上終了した「HG BUILD CUSTOM」の流れを汲むキットとなっています。HG IRON-BLOODED ORPHANSのキットは同シリーズの他のキットを使用したカスタマイズだけでなくこのようなオプションパーツセットの同時展開により、鉄血のオルフェンズをホビー面でも楽しませてくれるものになっています。
 本キットは設定カラーの再現が殆どされていないのがネックですが、この点についてはHG BUILD CUSTOMのキットと同じ為、安価ゆえにやむを得ない点だと思います。本キットは対応しているキットが有ればそのキットの遊びの幅を広げられますが、安価で有る点を生かして2個購入すれば、バルバトス用滑空砲やライフル(ショートバレル)を2つ同時に装備して楽しむ遊び方も可能です。また塗装技術の有る人は、本キットとHGIBO003に塗装を施してガエリオ機にするのも良いのではないかと思います。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。