上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

novaprime2015-001.jpg

 11月最初の更新ですが、今回も前フリ無しで早速本題。
 今回のレビューは、2015年度のTCCのクラブストア限定トイである「NOVA PRIME(ノヴァプライム)」を紹介します。
 このトイは今年5月よりTCCのクラブストアで販売が開始され、それから程なくして日本の輸入トイショップにも出回るようになりましたが、詳細な設定等が不明だった事もあって、管理人は当初購入を控えていました。しかし先日届いたTCC会報最新号(第65号)のコミックで「シャッタード・グラス世界の(悪の)オプティマスプライムが、シャッタード・グラス世界の(善の)ユニクロンによって転生した姿」として登場した事を受けて「ストーリー面白いし、ノヴァプライムはこれから人気が出そうだから、今の内に買っておかねば!」と思い、急遽購入しました。
 なお、このノヴァプライムが初登場した会報第65号の裏表紙には、「SD SG」という、キュートランスフォーマーのパクリ風のショートコミックが掲載されています。この中ではシャッタード・グラス世界のオプティマスプライム、ゴールドバグ、ロックダウンが、オプティマスプライムがノヴァプライムへ転生した事をネタにトークをしているのですが、その内容は結構面白いので、会報を持っている人は翻訳して読んでみる事をオススメします。

関連記事:
 ・Transformers Collectors' Club限定「LIO CONVOY」レビュー(2015年7月18日更新)
 ・Transformers Collectors' Club限定「NEXUS MAXIMUS」レビュー(2012年11月12日更新)
 ・BOTCON2011限定「SHATTERED GLASS GALVATRON」レビュー(2011年8月24日更新)

関連リンク:2015 Transformers Club Exclusive NOVA PRIME TM (1 pc)(TCCクラブストア)


※画像をクリックすると、元のサイズで表示されます。
※文章内の「SG」は、「シャッタード・グラス」の略です。


■キャラクター設定
 「ノヴァプライム(NOVA PRIME)」は、Transformers Collectors' Club(以下「TCC」)の会報第61号~66号(予定)に連載のコミック「ANOTHER LIGHT(アナザー・ライト)」に登場するキャラクターで、第65号に掲載された「パート5(Part 5)」より登場します。
 作中では、「SGガルバトロン(GALVATRON)」との死闘の末に重傷を負った「SGオプティマスプライム(OPTIMUS PRIME)」が、「ネクサスプライム(NEXUS PRIME)」が平行宇宙間の道を閉ざした事によって誕生した「SGユニクロン(UNICRON)」によって転生した姿として登場し、同じくSGユニクロンによって「ユニクロンの騎士(THE KNIGHTS OF UNICRON)」として転生した「エクスブローン(X-BRAWN)」「チェックポイント(CHECKPOINT)」「オートトルーパー(THE AUTOTROOPERS)」と共に、SG世界のオートボットのニューリーダーとなった「SGロディマス(RODIMUS)」の野望を阻止する為に戦います。

■トイ概要
 このトイは2015年度のTCCクラブストア限定トイの1体として、2015年5月6日(日本時間)より、59アメリカドルで販売を開始しました。
 トイの仕様は、2013年に「トランスフォーマー ジェネレーションズ」の1つとして発売された「TG-25 オライオンパックス&メガトロナス」の「オライオンパックス」をベースに、頭部を完全新規造形のパーツに変更すると共に、本トイオリジナルのカラーリングへの仕様変更が行われています。




novaprime2015-002.jpg

 パッケージアート。ボックスのサイズは縦約19cm×横約19cm×奥行約8.5cmとなっています。
 パッケージイラストは、ノヴァプライムの他に、2015年度のTCC無料配布トイである「LIO CONVOY(ライオコンボイ、以下カナ表記)」と、2015年6月に開催された「ボットコン2015(BOTCON2015)」の限定トイの「ガルバコンボイ(GALVA CONVOY、以下カナ表記)」も描かれています。このイラストが何を意味するのかは分かりませんが、ガルバコンボイのキャラクター紹介文には、ガルバコンボイがノヴァプライムの負の姿ともライオコンボイの負の姿とも噂されているという記述が有るとの事で、恐らくはその関連性を示唆しているものと思われます。




novaprime2015-003.jpg novaprime2015-004.jpg

 パッケージを斜め上から見た写真。
 このトイのパッケージは、過去にTCCクラブストアで限定販売されたトイと同様の化粧箱形式のパッケージになっています。両側面にはトイの写真とキャラクター名に関する記載が有り、上面にはTCCの事務所の所在地が記載されています。




novaprime2015-005.jpg

 パッケージ底面には、上面と同じ内容が記載されています。




novaprime2015-006.jpg

 蓋を取り外した、パッケージの内側。
 ノヴァプライム本体とキャラクターカードが見えるように収納されています。




novaprime2015-007.jpg

 キャラクターカードの収納スペースの下は、上の画像の通りになっています。




novaprime2015-008.jpg

 キャラクターカード収納スペースの下に有るスポンジの中央は取り外しが可能です。
 このスペースはライオコンボイを収納する為のスペースですが、同型のトイであるガルバコンボイを収納する事も可能です。またノヴァプライムも同じ金型を使用したトイの為、このスペースにノヴァプライムを収納する事ももちろん可能です。




novaprime2015-009.jpg

 ライオコンボイを収納した状態。
 ノヴァプライムとは反対方向を向く形で収納されます。




novaprime2015-010.jpg

 内容物一式。
 ノヴァプライム本体とキャラクターカードの他に、説明書が入っています。説明書はビニール製の袋に封入された状態で、スポンジの下に入っていました。




novaprime2015-011.jpg novaprime2015-012.jpg

 取扱説明書は、両面に印刷されています。タイトルロゴはボットコン限定トイやTCC限定トイを人一括りにしたシリーズである「TRANSFORMERS TIMELINES(トランスフォーマー タイムライン)」となっており、説明書はこのトイの為に作られた物です。
 説明書は、表面にビークルモードからロボットモードへの変形手順が記載されており、また裏面にはロボットモードからビークルモードへの変形手順が記載されています。この説明書の説明写真には、本トイの仕様変更元であるオライオンパックスの写真が使用されています。また、一部の変形が間違って記載されています。




novaprime2015-013.jpg novaprime2015-014.jpg
novaprime2015-015.jpg

 ビークルモード。トラックに変形します。
 形状はオライオンパックスのビークルモードから変更されていませんが、カラーリングが変更されています。
 カラーリングはホワイトをメインにしたカラーリングで、各所のブラック、ブルー、ゴールド、イエローがアクセントになっています。




novaprime2015-016.jpg

 ビークルモードのフロントガラスの内部には、オートボットのエンブレムが描かれたシールが貼付されています。




novaprime2015-017.jpg

 ビークルモード底面。
 変形機構の関係で、車体前部底面は空洞になっています。




novaprime2015-018.jpg

 ライオコンボイのビークルモードと。
 どちらも同じ金型を使用したトイでホワイトをメインにしたカラーリングですが、その他のカラーリングが大きく異なっています。またライオコンボイにはフロントガラスにマキシマル(MAXIMALS)のエンブレムがタンポ印刷されていますが、本トイにはそれが有りません。




novaprime2015-019.jpg

 ロボットモード前面。全高は約13.5cmあります。
 ビークルモードの下半分が下半身に変形し、上半分が上半身に変形します。
 変形機構はオライオンパックスと同じです。車からロボットモードに変形するトランスフォーマートイの多くは、ビークルモードの前部と後部でロボットモードの上半身と下半身を分ける形となっていますが、この型のトイはその方式を採用しない、珍しい型のトイとなっています。
 カラーリングはビークルモードと同じくホワイトをメインにしたカラーリングで、各所のブラック、ブルー、ゴールド、イエローがアクセントになっています。このカラーリングは、IDWコミックに登場した同名のキャラクターのカラーリングがモチーフになっているものと思われます。




novaprime2015-020.jpg

 ロボットモード後ろ。
 ビークルモード時のフロントタイヤは背部に纏められ、上から見るとVの字のような形を形成します。




novaprime2015-021.jpg

novaprime2015-022.jpg novaprime2015-023.jpg

 ロボットモードのバストアップ。
 頭部はオライオンパックスの頭部から変更されています。この頭部はライオコンボイやガルバコンボイの頭部と同じ型で、カラーリングが本トイ独自のカラーリングになっています。




novaprime2015-024.jpg

 ロボットモードの可動は首、肩、二の腕、肘、手首、腰、股関節、膝、足首が可動します。
 肩と股関節には2ヶ所の可動箇所が有り、また腕や脚の可動を妨げるものは殆ど無い為、腕や脚を大きく広げたポーズを取る事も可能です。




novaprime2015-025.jpg

 武器は、斧と銃が付属しています。
 これらの武器は、説明書には「WEAPON」と記載されているのみで、名称や設定に関する記述は有りません。しかしながら、後述するキャラクターカードの記述から、斧は「G-メタル製バトルアックス(“G-Metal” Battle Axe)」、銃は「クォンタム・フュージョンカノン(Quantum Fusion cannon)」という名称である事が分かります。




novaprime2015-026.jpg

 武器を持たせた状態。
 手首のピン受け穴にグリップや柄の部分を差し込む、トランスフォーマートイとしてはスタンダードな方法で持たせます。斧の柄は途中の部分の径が太くなっており、持たせる際にはその部分で固定されます。写真では右手に斧、左手に銃を持っていますが、逆に持たせる事ももちろん可能です。




novaprime2015-027.jpg

 武器は、ビークルモード時には車体側部に取り付ける事が可能です。
 説明書では左側部に斧、右側部に銃を取り付けるよう指示していますが、逆に取り付ける事も可能です。




novaprime2015-028.jpg

 武器を取り付けたライオコンボイのビークルモードと。
 ライオコンボイの斧の刃はクリアーレッド成型で、本トイの斧の刃とは対照的なカラーリングになっています。




novaprime2015-029.jpg

 ここからは、アクションポーズの一例を紹介。
 1枚目は、立て膝で銃を構えるポーズ。脚の可動範囲は比較的広く取られており、立て膝のポーズも簡単に取る事が出来ます。




novaprime2015-030.jpg

 2枚目は、斧を両手持ちした状態で攻撃のアクションポーズ。
 可動範囲の広さを生かして、斧を両手持ちすることが可能です。




novaprime2015-031.jpg

 3枚目は、フル装備状態で斧による攻撃をするイメージでのアクションポーズ。
 本体の可動範囲が広い為、斧で攻撃するポーズは、振りかぶったポーズだけでなく振り下ろしたポーズもカッコ良く決める事が出来ます。




novaprime2015-032.jpg

 ライオコンボイのロボットモードと。
 カラーリングの共通点や違いはビークルモードと同様です。本記事掲載時点ではこの2人にストーリー上の接点は有りませんが、もしかすると今後のストーリー展開の中で接点が生まれるのかもしれません…。




novaprime2015-033.jpg

 付属のキャラクターカード。
 サイズやデザインは近年のTCCやボットコン限定トイの定番となっているサイズとデザインで、縦約9.5cm×横約14cmの厚紙に片面だけ印刷がされたものとなっています。ノヴァプライムのイラストは、ボックスに描かれているイラストと同一のものが使用されています。
 記載されているキャラクターバイオの訳文は下記の通りです(意訳を含んでいます)。能力値は転生前のSGオプティマスプライムと同様に非常に高く、その中でもSTRENGTH(体力)は「10+」となっています。文章からは、SGユニクロンによって転生させられた際にリーダーとしての責任感も得て改心したものの、その精神は転生前の暴君だった頃の邪悪な心とせめぎ合っている、非常に不安定な状態となっている事が分かります。

ノヴァプライム

(役割)オートボット最高司令官

テクニカルデータ
 体力:10+  知力:10  速度:10  耐久力:10  地位:10  勇気:10  火力:10  技能:10

「全てを償うまで。」

 ノヴァプライム(の精神)は、接合意識の崩壊点を引き裂こうとする自身の中の悪魔と戦っており、その悪魔とリーダーとして引き継いだ要求との間に有る細い線を歩いている。ノヴァプライムの「栄誉」はアイアコンのホールに永遠に記憶されるとしても、彼はサイバトロニアンの仲間達に「(彼が見た)ビジョンの間違い」を償う方法を探している。
 ノヴァプライムは、「クォンタム・フュージョンカノン」と「G-メタル」製バトルアックスの組み合わせにより、戦場では恐るべき戦士であると共に、作戦室では巧みな戦術家なのである。
 二度目のチャンスを与えられたノヴァプライムは、サイバトロン星の新しい黄金時代の到来を導こうとしている。新しい永遠の平和がサイバトロン星に遂に訪れる結果となるのか? それとも過去の囁きがノヴァプライムに憑依して元に戻し、あらゆる償いのチャンスを奪ってしまい、サイバトロン星は再び…混沌の中に落ちてしまうのだろうか?





 以上、TCC限定ノヴァプライムでした。

 このトイはオライオンパックスの仕様変更品の為、オライオンパックスと同様に広い可動範囲と2つの付属武器で、単体でも十分楽しめるトイになっています。しかしながら、登場作品がTCC会報のコミックである事に加えて、コレクター向け商品という性質上オライオンパックスよりも価格が高い為、単に変形やギミックを楽しみたい場合にはオライオンパックスを購入する事をオススメします。
 本記事掲載時点ではノヴァプライム、ライオコンボイ、ガルバコンボイの間での関連性の有無は明確にされていませんが、トイとしてはパッケージ部分に連動性が有る為、既にライオコンボイやガルバコンボイを持っている人なら、一緒に保管したり、独自設定で組み合わせた遊びを楽しむ事が出来るのでオススメです。また、このトイは人気の高いSGオプティマスプライムの最新の姿という設定の為、これまでSGオプティマスプライムのトイを集めてきた人にとっては欠かせられないトイです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。