megatronusCOTF-001.jpg

 先月末の28日と29日に、両国国技館で「大アクアプラス祭 -20th Anniversary-」が行われ、奈々さんは両日とも出演されました。
 管理人は、2日目(29日開催)に参戦しました。トークパートでは奈々さんがアクアプラス作品とは無関係な「亞里亞」の声を披露するというまさかの展開が有った他、ライブパートでは出演作の「WHITE ALBUM(1期)」のオープニングテーマであった「深愛」を「Suara」さんとのデュエットで歌ったり、奈々さんが演じた「緒方理奈」のキャラソン(ガラスの華)を歌ったりと、他ではまず聴けない貴重な内容でした。
 またこのイベントには、いのりんも現在放送中の「うたわれるもの 偽りの仮面」の「ネコネ」役として出演していました。トークパートのオープニングとエンディングでは出演者全員が一列に並んでいたのですが、五十音順の関係で奈々さんの隣(!)にいました。本イベントだけのオリジナルボイスドラマではネコネが緒方理奈に「妹の芝居」を要求し、そこから更に「シスターでプリンセスな」という要求を追加した為に奈々さんは亞里亞の声を披露する事になったのですが、そのボイスドラマが終わった後に「アドリブが多かった」と振り返られていた為、ネコネから緒方理奈へのその要求は、もしかするといのりんのアドリブだったのかもしれません…(笑)。
 このイベントでは他にも、トランスフォーマーとゆかりのある声優さんの伊藤静さん、大川透さん、生天目仁美さん、柚木涼香さんの4名も出演されていました。トランスフォーマーに関する話は当然ながら有りませんでしたが、生で見れる機会はなかなか無い為、その意味でも非常に貴重な機会だったと思います。
(´-`).。oO(柚姉は相変わらずフリーダムだった…)
(´-`).。oO(今年の生奈々さん観覧はこれでおしまい…)

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは、現在第2シーズンが好評放送・配信中の「トランスフォーマー アドベンチャー」より、トイザらス限定で発売された「メガトロナス CLASH OF THE TRANSFORMERS バージョン」を紹介します。
 このトイは発売前にトイザらスオンラインストアで予約受付をしており、管理人はその時に購入しようとしていたところ、完売の憂き目に遭ってしまいました。後日、店頭に入荷したという情報をツイッターで入手してすぐ店頭に行ってみたら普通に並んでおり、難無くゲット出来ました(笑)。

関連記事:「TAV29 バンブルビーシュプリームモード」レビュー(2015年10月29日更新)

関連リンク:トイザらス限定 メガトロナス クラッシュ オブ ザ トランスフォーマー Ver.(トイザらスオンラインストア)


※画像をクリックすると、元のサイズで表示されます。
※「TAV29 バンブルビーシュプリームモード」は、別売りです。


■キャラクター設定
 「メガトロナス」は、2015年3月15日よりCS放送「アニマックス」やYouTube、ニコニコ動画で放送・配信が開始された「トランスフォーマー アドベンチャー」に登場するキャラクターで、第21話「忍びよる魔の手」より登場します。
 アニメでは、異空間に幽閉された状態で登場し、アルケモア号を墜落させると共に、そこから脱獄した「スチールジョー」達を利用して異空間からの脱出を目論みます。
 アニメでの声優は、「トランスフォーマー ザ・リバース」の「サイクロナス」や「トランスフォーマー アニメイテッド」の「メルトダウン」、「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」の「ディーノ」等を演じた、「立木文彦」さんが担当しています。

■トイ概要
 このトイは、2015年12月1日頃に、トイザらス限定商品の一つとして、全国のトイザらスおよびトイザらスオンラインストアにて3,022円(税8%込)で発売されました。
 トイの仕様は、海外で展開されている「CLASH OF THE TRANSFORMERS」シリーズの「MEGATRONUS」(以下「海外版」)の仕様変更品で、一部の仕様が海外版から変更されています。ビークルモードからロボットモードへの変形機構を搭載している他、全身各所の関節が可動します。




megatronusCOTF-002.jpg

 パッケージ表面。
 パッケージはブリスターで梱包されています。サイズは縦約25.5cm×横約16.5cm×奥行約6.5cmで、先にトイザらス限定で発売された同価格帯の「CLASH OF THE TRANSFORMERSバージョン」シリーズの商品や、同価格帯の「アドベンチャーシリーズ」の商品のパッケージとほぼ同じサイズです。パッケージの仕様は海外版とほぼ同じですが、ブリスターの中に入っている台紙の一部には、日本語の商品名やトイザらスオリジナル商品である事を示すシールが貼付されています。
 パッケージイラストのメガトロナスはバトルマスクを装着していない状態が描かれており、本トイの頭部造形とは異なっています。




megatronusCOTF-003.jpg

 パッケージ裏面。
 上半分には変形手順が掲載されています。この為、本トイに取扱説明書は同梱されていません。下半分はパッケージの上から大きなシールが貼付されており、その記載内容は「アドベンチャーシリーズ」や「イージーダイナミックシリーズ」のパッケージに書かれている内容とほぼ同じです。




megatronusCOTF-004.jpg megatronusCOTF-005.jpg

 パッケージを斜め上から見た写真。
 右側面に有るメガトロナスのイラストの下には、日本での流通上必要な情報が記載されたシールが貼付されています。




megatronusCOTF-006.jpg

 パッケージ底面は、ブリスターの内部に有る台紙の全面にわたって日本語のシールが貼付されています。そのシールには、遊び方に関する注意事項が記載されています。




megatronusCOTF-007.jpg megatronusCOTF-008.jpg
megatronusCOTF-009.jpg

 ビークルモード。
 戦車に変形しますが、砲塔部分に有る主砲はレーザー砲のようなデザインとなっており、SF感の有るデザインです。ロボットモードの頭部は砲塔の基部に収納されていますが、カバーが無くむき出しになっている為、上からは丸見えの状態になっています。




megatronusCOTF-010.jpg

 ビークルモード底面。
 キャラピラの底面にはタイヤが付いており、転がし走行が可能になっています。




megatronusCOTF-011.jpg

 ビークルモードの砲塔は、左右に動かす事が出来ます。
 砲塔基部のパーツがキャラピラ上面に有るミサイルポッドに干渉する範囲内の、左右各約45°まで可動します。




megatronusCOTF-012.jpg megatronusCOTF-013.jpg
megatronusCOTF-014.jpg

 ビークルモードからロボットモードへの変形は、7ステップで行います。大まかな手順は以下の通り。
 ①車体下半分を変形して、下半身にする(第1~第4ステップ)
 ②主砲を変形して腕にし、武器を取り外す(第5ステップ~第6ステップ前半)
 ③頭部を起こして出し、胸部のパネルを閉じる(第6ステップ後半~第7ステップ)
 なお、説明書ではビークル→ロボットの手順のみを記載しています。




megatronusCOTF-015.jpg

 ロボットモード前面。全高は約13cmあります。
 ビークルモードの車体下半分が下半身に変形し、車体上半分が上半身に変形します。カラーリングはブラック、グレー、パープルをメインカラーとしており、「ディセプティコンの創設者」に相応しい、邪悪さの漂うカラーリングとなっています。




megatronusCOTF-016.jpg

 ロボットモード後ろ。
 腕や脚は比較的簡素な構造で、この面から見ると多数の肉抜き穴が見えてしまいます。




megatronusCOTF-017.jpg

megatronusCOTF-018.jpg megatronusCOTF-019.jpg

 ロボットモードのバストアップ。
 頭部はバトルマスクを装着した状態で立体化されており、目や口の無い造形です。胸部中央に有るシールは海外版から変更されており、「トランスフォーマーコード」が描かれたシールが貼付されています。これをスマートフォンアプリ「トランスフォーマー チャンネル」でスキャンすると、アプリ内の図鑑にメガトロナス CLASH OF THE TRANSFORMERS バージョンが登録されます。




megatronusCOTF-020.jpg

 ロボットモードの可動は首、肩、二の腕、肘、腰、股関節、太腿、膝が可動します。
 股関節と肩の付け根にはボールジョイントが採用されている一方で、肩関節や肘関節にはクリック関節が採用されており、関節強度は箇所によって大きく異なっています。




megatronusCOTF-021.jpg

megatronusCOTF-022.jpg megatronusCOTF-023.jpg

 ビークルモードの主砲の砲身下部に付いている武器は、ロボットモード時には長刀のような武器になります。
 この武器は左右どちらの手にも持たせる事が可能な他、ビークルモード時に取り付けるジョイントを活用すれば前腕に装備する事も可能です。なお、パッケージにはこの武器に関する詳細は記載されていません。




megatronusCOTF-024.jpg megatronusCOTF-025.jpg

 説明書には記載されていませんが、変形機構は上半身と下半身が完全に分かれたものとなっている為、上半身だけを変形して砲撃形態にしたり、下半身をキャタピラにする事が出来ます。




megatronusCOTF-026.jpg

 アクションポーズの一例。
 武器にギミックは有りませんが、本体の可動箇所や可動範囲をフルに活かせば、武器を使用した様々なアクションポーズが取れます。




megatronusCOTF-027.jpg

 「TAV29 バンブルビーシュプリームモード」のロボットモードと。
 強敵メガトロナスに対し、オートボットの戦士達はシュプリームモードで対抗します。




 以上、トイザらス限定メガトロナス CLASH OF THE TRANSFORMERS バージョンでした。

 本体のデザインや変形機構は近年のトランスフォーマートイと比べても簡素なものになっていますが、一方で変形機構は直感でもある程度出来るくらいに簡単で、なおかつビークルモードのデザインもSF感溢れるデザインになっているので、全体的な評価は分かれるのではないかと思います。
 本トイは説明書通りの遊び方では変形と可動と1つの武器だけでしか楽しめませんが、前述の通りの説明書に無い変形も出来るので、それらで変形パターンを増やせば更に楽しめるようになります。このメガトロナスに対抗する為にパワーアップしたオプティマスプライムを立体化した「TAV33 オプティマスプライムシュプリームモード」とはサイズ的に不釣合いですが、本トイと同じくトイザらス限定で販売された「オプティマスプライム CLASH OF THE TRANSFORMERS バージョン」とはサイズが合っているので、2体揃えれば対決でも楽しめるようになります。