uw03-1-001.jpg

 4日前のクリスマス・イブの19時より、YouTubeで奈々さんのスペシャルムービーが公開されました。奈々さんのYouTubeオフィシャルチャンネルは昨年開設されましたが、これまで年末は紅白歌合戦の出場があった事もあってか、クリスマスに合わせたムービーの配信は行われておらず、今回が初めての配信となります。今年の奈々さんは紅白歌合戦出場の楽しみが無くなってしまったものの、それに代わるようにこのような新しい事をしてくれるのは、一ファンとしては有り難い限りです(*´Д`)
 そしてスペシャルムービーの中では、2016年4月9日・10日に東京ドームでのライブ開催決定が発表されています!奈々さんが東京ドームでライブを行うのは2011年の「LIVE CASTLE」以来、実に4年4ヶ月ぶりとなります。実は奈々さんのライブは4月に開催された事がこれまで一度も無かったそうで、その意味では歌手・水樹奈々史上初の試みとなります。タイトルをはじめとした詳細についてはこれから決めるとの事で、LIVE CASTLEの時と同様に急ピッチでの打ち合わせと作業になるようです。実はこのライブが無事終わると、奈々さんは東京ドームで2日間4公演を開催した事になり、東京ドームでライブを開催した女性ソロアーティストとしては、あの「安室奈美恵」さんに並ぶ最多記録となるそうで、その面でも期待が高まります。
 今度のライブもファンクラブ先行予約が行われますが、管理人は2日目に申し込んでみようと思います。
(´-`).。oO(季節を考えると、パワゲとエンブロのセトリ入りは確実か…?)

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは、今月12日にようやく発売となった、タカラトミーモール限定の「UW-03 ガーディアン」を紹介します。今回の「パート1」では、ガーディアンのコアとなる防衛指揮官・ホットスポットを中心に紹介します。
 「UW-03 ガーディアン」のレビュー記事は、これまでの合体戦士・合体兵士のレビュー記事と同様に分割して掲載して行きます。1記事毎に1体ずつ紹介して行く予定ですが、次回の記事は年明け以降を予定しています。


※画像をクリックすると、元のサイズで表示されます。

■トイ概要
 このトイは、過去のトランスフォーマー作品に登場した合体戦士や合体兵士を現代の技術でリメイクする「ユナイトウォリアーズ」シリーズの第3弾商品として、タカラトミーモール限定で販売されました。予約受付期間は2015年5月25日13時から同年7月6日13時までで、価格は16,200円(税込)でした。当初の発売日は2015年11月28日とされていましたが、発売前の11月6日頃に延期が告知され、同年12月12日に変更されました。
 トイの仕様は、1986年に発売された「C-76 プロテクトボット/合体戦士 ガーディアン」(以下「G1ガーディアン」)を現代の技術でリメイクしたもので、先行して発売された海外版とは塗装等の一部仕様が異なっている他、海外では販売されていない「グルーブ」が付属しています。




■パッケージ

uw03-1-002.jpg

 パッケージ表面。
 サイズは縦約29.5cm×横約44.5cm×奥行約11.5cmで、同シリーズの「UW-01 スペリオン」や「UW-02 メナゾール」とほぼ同じサイズのパッケージです。
 パッケージイラストはこのトイの為に新規に描き下ろされたもので、巨大なガーディアンのイラストが描かれている他に、その足元の道路には、ガーディアンを構成する「プロテクトボット」のメンバーのビークルモードが描かれています。




uw03-1-003.jpg

 パッケージ裏面。
 ガーディアンとそれを構成するプロテクトボットのメンバーが写真と共に紹介されている他に、手脚を組み替える「スクランブル合体」が可能である事も書かれています。




uw03-1-004.jpg uw03-1-005.jpg

 パッケージを斜め上から見た写真。
 底面には遊ぶ際の注意事項が書かれています。




uw03-1-006.jpg

 パッケージ表面はフラップになっており、開閉が可能です。
 フラップとウィンドウ枠の内側にはマグネットが入っており、磁力で閉じられています。




uw03-1-007.jpg

uw03-1-008.jpg uw03-1-009.jpg

 フラップの裏側には、ガーディアンのキャラクター紹介やテックスペックが、写真と共に掲載されています。




uw03-1-010.jpg

 ウィンドウ部分の中はブリスターになっており、本トイの内容物が全て見えるようになっています。




■取扱説明書

uw03-1-011.jpg uw03-1-012.jpg
uw03-1-013.jpg

 取扱説明書は全16ページ(表紙・裏表紙を含む)で、ブックレット形式になっています。
 表紙にはパッケージ表面と同じイラストが掲載されており、裏表紙には「ユナイトウォリアーズオフショット」として、ファーストエイドの親友の「NUL-A」の誕生日をお祝いするプロテクトボットのイラストが、あらすじと共に掲載されています。




■ホットスポット

uw03-1-014.jpg uw03-1-015.jpg
uw03-1-016.jpg

 ビークルモード。消防車に変形します。
 先行して販売された海外版から変更されたパーツは有りませんが、一部パーツの成型色や塗装、タンポ印刷が変更されており、G1ガーディアンのホットスポット(以下「G1ホットスポット」)の仕様に近いものになっています。




uw03-1-017.jpg

 ビークルモード底面。
 中央部分付近には、ロボットモードの頭部が有ります。




uw03-1-018.jpg

 ビークルモードのハシゴやその先端に付いている放水器は、変形機構の関係で可動します。




uw03-1-019.jpg uw03-1-020.jpg
uw03-1-021.jpg uw03-1-022.jpg

 ビークルモードからロボットモードへの変形は、17ステップで行います。大まかな手順は以下の通り。
 ①車体両側面の武器を取り外し、車体前部を開いて変形し、膝下部分にする。(第1~第4ステップ)
 ②車体後部を変形して、腕にする。(第5~第8ステップ)
 ③ハシゴを折り畳み、ジョイントで固定する。(第9~第13ステップ)
 ④脚を伸ばして90°回転し、頭部を出して、胸部パネルを閉じる。(第14~第17ステップ)
 なお、説明書ではビークル→ロボットの手順しか記載されておらず、ロボット→ビークルの変形は番号を逆に戻って行うよう記載されています。




uw03-1-023.jpg

 ロボットモード前面。全高は約19cmあります。
 ビークルモードの車体前部が脚部に変形し、車体後部が腕に変形します。海外版やG1ホットスポットに有ったレッドとホワイトのストライプが無くなっている為、海外版よりもアニメ版のイメージに近付けられたカラーリングとなっています。




uw03-1-024.jpg

 ロボットモード後ろ。
 ハシゴは変形の際に折り畳まれますが、それでも本体全高に近い全長です。




uw03-1-025.jpg

uw03-1-026.jpg uw03-1-027.jpg

 ロボットモードのバストアップ。
 G1ホットスポットの頭部はブラックでしたが、本トイでは海外版と同じくブルー成型のパーツに塗装が施されており、アニメ版に近いデザインとなっています。




uw03-1-028.jpg

 ロボットモードの可動は首、肩、二の腕、肘、股関節、太腿、膝が可動します。
 腰や手首は可動しませんが、可動箇所は変形機構の関係もあって広い可動範囲となっている為、これらを生かして様々なポーズを取る事が出来ます。




uw03-1-029.jpg uw03-1-030.jpg

 ビークルモード時に車体側面に付いている銃は、ロボットモード時には手に持たせる事が出来ます。
 説明書では、これらの武器は「武器A」「武器B」としか記載されておらず、その他の情報は記載されていません。




uw03-1-031.jpg

 二つの銃は、連結が可能です。
 この武器はガーディアン合体時に手に持たせる武器ですが、ホットスポットに持たせる事も可能です。




uw03-1-032.jpg

 ガーディアン合体形態。頭部と胴体部分に変形します。
 腕を折り畳み、脚を縮め、頭部を胴体に収納します。ハシゴは股間部分を通り抜けつつ下から一周し、放水器部分を変形して頭部にします。




uw03-1-033.jpg

 ここからは、アクションポーズの一例を紹介。
 1枚目は、腕を交差しつつ銃で攻撃するポーズ。腕の可動範囲を生かせば、少し複雑なポーズも取れます。




uw03-1-034.jpg

 2枚目は、ロボットモードで放水器を使用しているイメージでのポーズ。
 説明書には記載されていませんが、ハシゴを展開すれば放水器を前に向ける事が可能になっています。




 今回はここまで。
 次回の「パート2」では、ヘリコプターに変形する航空支援員・グレイズを紹介します。

2016年1月4日追記:「パート2」を掲載しました。
 ・タカラトミーモール限定「UW-03 ガーディアン」レビュー(パート2)