20151231.jpg

 2015年も残り僅かとなりました。
 今年も例によって今年の総括と年末のご挨拶、書かせて頂きます!

写真のトイ・フィギュアのレビュー記事:
 ・「MP-24 スターセイバー」(近日掲載予定)
 ・タカラトミーモール限定「UW03 ガーディアン」レビュー(パート1)(2015年12月28日更新)
 ・「TAV29 バンブルビーシュプリームモード」レビュー(2015年10月29日更新)
 ・Transformers Collectors' Club限定「LIO CONVOY」レビュー(2015年7月18日更新)


 今年のトランスフォーマー方面は、1月よりアニメ放送を開始した「キュートランスフォーマー」シリーズと、3月よりアニメ放送を開始した「トランスフォーマーアドベンチャー」の、2作品のアニメを中心にした商品展開が行われました。キュートランスフォーマーシリーズは5分アニメであったにもかかわらず、その人気から急遽第2期の放送も決定した事に加えてイベントも精力的に開催されました。またトランスフォーマーアドベンチャーは、北米での放送とほぼ同時の放送となっており、日米での放送時期がほぼ同じという点も良かったと思います。両作品とも、テレビでの放送の他にYouTubeやニコニコ動画でも配信が行われており、視聴地域格差の解消が図られたのも、良い試みだったと思います。
 今年は10月頃から同人誌企画への協力をしている事もあって、TCC会報内コミックも再びしっかり読むようになりました。来年以降も(ブログでは取り上げないながらも)読み続けて行こうかと思ったところ、今月下旬にTCCのクラブメンバーシップ(会員資格)の購入ページに「All memberships will terminate with the December 2016 issue.(訳:全ての会員資格は2016年12月号をもって終了します。)」という追記が加えられました。これは恐らくはTCCが運営を終了するものと思われますが、詳細については本記事掲載時点ではアナウンスされていない為、不明です。これと同時にTCCと運営元が同じG.I.ジョー・コレクターズ・クラブ(以下「GIJCC」)のクラブメンバーシップ購入ページにも同様の追記が加えられており、GIJCCもTCCと同時に運営を終了するようです。
 今年はタカラトミーの株式保有期間が3年を超えた為、タカラトミーモールで利用出来る株主優待割引制度の割引率が最高の40%となりました。その為、今年後半からはトランスフォーマートイの購入数や購入額が以前よりも増えました。その中で日本版トランスフォーマートイの良さも再認識出来ました。

 今年の奈々さん方面は、シングル3枚とアルバム1枚をリリースしていずれもオリコンウィークリーチャートの初登場時に上位にランクインした他、1月には初のアコースティックライブである「LIVE THEATER」を開催した他、夏には全国ツアーの「LIVE ADVENTURE」も開催し、前年と変わらぬ精力的な歌手活動を展開しました。また声優としての活動も、前年から引き続いての「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」の他に、「DOG DAYS''」「魔法少女リリカルなのはViVid」「戦姫絶唱シンフォギアGX」と、楽曲がテーマ曲に使用される出演作にも恵まれました。
 しかしながらその一方で、CD売り上げ枚数の減少、昨年のツアー中の体調不良も考慮したと思われる海外公演の不開催、そして6年連続で出場した紅白歌合戦の落選と、人気に陰りが出ている点も多く見られました。それでも前述の通りの精力的な声優活動、歌手活動に加えてナレーションの出演の頻度も高くなっており、人気は一時のブームを過ぎて安定期に入りつつあるものと思われます。
 また、奈々さんと直接の関係は無いですが、今年はS.C.NANA NETの会員になる程の奈々さんファンであるいのりんが、ヒットアニメへの出演に恵まれただけでなく、12月にはソロデビューもしました。その他にも各種インタビュー記事で奈々さんの影響を受けて歌手や声優を志したという人が多く見られるようになり、奈々さんがどれだけ多くの人に影響を与えてきたかという事と、その影響を受けた人たちが台頭する時代が来ているという事も感じる1年でした。

 今年のガンダム方面は、昨年から続いてきた「ガンダムビルドファイターズトライ」と「ガンダム Gのレコンギスタ」が3月で放送を終了し、放送終了から半年間はガンプラや雑誌企画を中心とした展開に移行しました。
 10月からは完全新作の「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の放送がスタートしました。鉄血のオルフェンズは「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」や「心が叫びたがってるんだ。」の監督と脚本家を起用して人間ドラマに重きを置く一方で、関連ガンプラはビルドファイターズシリーズの成功を踏襲したと思われる他キットと組み合わせたカスタマイズの奨励や武器セットの単品販売を行っており、玩具的にも十分楽しめるものとなっています。なお、関連商品の売れ行きは好調との事です。
 ガンダムのアニメ作品と関連商品の発売は「ガンダムビルドファイターズ(第1期)」の時に、「10月~3月はアニメ放送、4月~9月はその余韻を残しつつ関連商品を展開」というシリーズ展開を繰り返す戦略を確立したように感じられたので、恐らくは鉄血のオルフェンズもそのようになるものと思われます。

 今年で当ブログは、旧ホームページのオープンから数えて10周年を迎えました。
 実は特に告知していなかったのですが、今年春頃から「取り扱いジャンルの絞り込み」を進めてきました。きっかけはここ数年間取り扱いジャンルを徐々に増やしていった事が原因でブログの更新作業にかける時間が増え、日常生活にも幾分かの影響が出てきてしまい、それをきっかけに取り扱いジャンルの絞り込みを始めました。最初に削る対象にしたのは「奈々さん関連のイベントレポ」だったのですが、これは更新してもアクセス数が少なかった事に加えて、イベント中にメモを取っていると奈々さんが見れなくなってしまい、イベントが楽しめなくなってしまっていた事に気付いたというのも理由でした。その他のレビュー記事についても、ここ約半年間はアクセス解析やツイッターでリツイートして頂いている数を基準にしつつ絞り込みを進めていました。
 最終的に最もアクセス数やリツイート数が多かったのが「日本版トランスフォーマートイのレビュー記事」でした。折りしも日本版トランスフォーマートイは今後更に積極的に購入する事を考えていたので、今後は「日本版トランスフォーマートイのレビュー記事をメインに掲載しつつ、たまにその他の記事も掲載する」という方針で行こうと思っています。なお、日本版トランスフォーマートイのレビュー記事以外の話題については、基本的に単独記事にはしない方針ですが、今後も奈々さんの出演イベントには今までと変わらず参戦しようと思ってますし、それらの話題についてはレビュー記事の前フリやツイッターでして行こうと思ってます。


 今年1年間にアクセスして下さった皆さん、ありがとうございました。
 来年も積極的に更新して行く所存ですので、来年も何卒宜しくお願い致します。