uw03-2-001.jpg

 1月になったので、今回は3ヶ月ごとに恒例となっている(笑)、試聴予定のアニメの話。
 10月から観ている「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」と「うたわれるもの 偽りの仮面」はもちろん継続で。新作アニメでは実質的なキュートランスフォーマーの新作となる「生誕20周年記念ビーストウォーズ復活祭への道」はもちろん視聴確定。今回は「アーシー」がメインキャラクターになるとの事なので、メインテーマであるビーストウォーズの話と併せて楽しみにしてます。
 奈々さんがレギュラー出演する新作アニメは有りませんが、いのりんが出演する「ラクエンロジック」は視聴確定。前期は4本ものレギュラーを抱えていたいのりんですが、今期はうたわれるものとラクエンロジックの2本だけになるようです。
 それ以外では、作品的に気になっている「だがしかし」、リリカルなのはやDOG DAYSを作った「セブン・アークス・ピクチャーズ」の新作アニメである「大家さんは思春期!」も、とりあえず観てみようかと思います。
 今期は視聴アニメの本数が前期よりもかなり減る見込みですが、その分空いた時間はブログ更新作業に充てようと思います(笑)。

 さて、ここから本題。
 新年1回目となる今回のレビューは、昨年から開始したタカラトミーモール限定の「UW-03 ガーディアン」のレビュー、パート2です。今回は、ガーディアンの腕や脚となる航空支援員・グレイズを紹介します。
(´-`).。oO(グレイズ…鉄血のオルフェンズ…ウッ頭が…

関連記事:タカラトミーモール限定「UW-03 ガーディアン」レビュー(パート1)(2015年12月28日更新)


※画像をクリックすると、元のサイズで表示されます。
※一部の画像に写っている「di:stage」は、別売りです。


■グレイズ

uw03-2-002.jpg uw03-2-003.jpg
uw03-2-004.jpg

 ビークルモード。救助用ヘリコプターに変形します。
 ホットスポットと同様に、先行して販売された海外版から変更されたパーツは無いものの、一部パーツの成型色や塗装、タンポ印刷が変更されており、カラーリング全体に占めるホワイトの比率が高くなっています。これにより、海外版よりもG1ガーディアンのグレイズ(以下「G1グレイズ」)のカラーリングに近付けられています。




uw03-2-005.jpg

 ビークルモード底面。
 ロボットモードの頭部は後頭部をむき出しにした状態で隠れています。




uw03-2-006.jpg

 ローター部分は、手動で回転させる事が可能です。




uw03-2-007.jpg uw03-2-008.jpg
uw03-2-009.jpg uw03-2-010.jpg

 ビークルモードからロボットモードへの変形は、12ステップで行います。大まかな手順は以下の通り。
 ①尾翼を折り畳み、頭部を180°回転させる。(第1~第2ステップ)
 ②機首部分を変形して、脚にする。(第3~第5ステップ)
 ③機体側部のミサイルランチャーのジョイントを外し、腕にする。(第6ステップ)
 ④脚を伸ばして腰を180°回転し、ローターを折り畳む。(第7~第12ステップ)
 なお、説明書ではビークル→ロボットの手順しか記載されておらず、ロボット→ビークルの変形は番号を逆に戻って行うよう記載されています。




uw03-2-011.jpg

 ロボットモード前面。頭頂高は約13.5cm、全高は約15.5cmあります。
 ビークルモードの機首部分が脚部に変形し、機体側面が腕に変形します。こちらもビークルモードと同様にカラーリング全体におけるホワイトの比率が海外版よりも増えている為、海外版よりもG1グレイズのカラーリングにに近付けられています。




uw03-2-012.jpg

 ロボットモード後ろ。
 G1グレイズのトイではローターのプロペラをV字に折り畳む変形機構でしたが、このトイではコの字状に折り畳む変形機構となっています。




uw03-2-013.jpg

uw03-2-014.jpg uw03-2-015.jpg

 ロボットモードのバストアップ。
 頭部はG1グレイズを基にしたと思われる、四角形に近い形状の頭部です。右胸にはオートボットのエンブレムがタンポ印刷されています。




uw03-2-016.jpg

 ロボットモードの可動は、首、肩、二の腕、肘、腰、股関節、膝が可動します。
 可動機構は「アドベンチャーシリーズ」の標準的な価格帯のトイと同じくボールジョイントを多用したものとなっていますが、肘関節にはツメが入ったジョイントが使用されており、他の関節よりも格段に高い保持力となっています。




uw03-2-017.jpg uw03-2-018.jpg

 武器は、2種類の武器が付属しています。
 どちらも銃の武器で、4連装のビーム砲のようなデザインの「武器A」と、小さな銃の「武器B」の2つです。説明書では右手に武器Bを持たせ、左手には武器Aを持たせていますが、逆に持たせる事ももちろん可能です。




uw03-2-019.jpg

 武器はビークルモード時にも取り付けが可能です。
 機体底面に武器Aを取り付け、尾翼の付け根近くの左側面に武器Bを取り付けます。




uw03-2-020.jpg uw03-2-021.jpg

 グレイズはガーディアン合体時に、腕と脚の2つに変形出来ます。その1つ目は腕の合体形態です。
 ロボットモードの頭部を収納して合体ジョイントを出し、腕と脚をそれぞれビークルモード時と同様にジョイントで固定し、腰を90°回転します。変形を完了した後、武器Aを手首に変形して取り付けます。腰を回転させる向きと手首の親指の位置を変える事で、左右どちらの腕にも変形が可能です。




uw03-2-022.jpg

 ガーディアン合体形態の2つ目は、脚の合体形態です。
 腕と同様の変形を行った後に脚を縮め、足に変形した武器Aを取り付けます。この形態で左右どちらの脚にもする事が出来ます。




uw03-2-023.jpg

 合体形態時に余剰パーツとなる武器Bは、ビークルモード時と同じ位置に取り付けられます。
 これにより、合体時の余剰パーツを無くす事が出来ます。




uw03-2-024.jpg

 アクションポーズの一例。
 腕を大きく広げて銃撃するイメージでのポーズです。可動範囲は概ね申し分無く、武器を持った様々なアクションポーズを取る事が出来ます。




uw03-2-025.jpg

 ホットスポットと。
 G1ガーディアンと同様に、コアとなるホットスポットの方がサイズが大きく、グレイズの方が小さいサイズとなっています。




 今回はここまで。
 次回の「パート3」では、救急車に変形する救助員・ファーストエイドを紹介します。

2016年1月7日追記:「パート3」を掲載しました。
 ・タカラトミーモール限定「UW-03 ガーディアン」レビュー(パート3)