上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QTF06-001.jpg

 昨日より全国のコンビニで、カルビーと奈々さんが共同開発した「ポテリッチ 濃厚手作りカレー味」の販売が開始されました!
 奈々さんとコラボしたキャンペーンを度々行っているポテリッチですが、今回は奈々さんと共同開発したポテリッチを販売するという、これまでに無い新しい企画です。この「濃厚手作りカレー味」は、奈々さんが大好きなカレー屋さんの「欧風カレー ルルマージュ」とタッグを組んで作った手作りカレーを再現した新フレーバーのポテトチップスで、1月28日にキャンペーンの当選者限定で行われた試食ツアーで、一般販売に先駆けて披露されていました。
 管理人も本日、早速購入して食べてみました。個人的にカレーの味はやや弱いように感じましたが、後から来る辛味等、他には無い独特の味わいが有りました。
 このポテリッチは期間限定との事ですが、3月中旬頃に販売を終了するようです。発売日直後はパッケージが3種類存在する事も相俟って完売する店舗も多いのではないかと思いますが、少し経てばどこでも購入出来るようになるのではないかと思います。

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは、生誕1周年を機にリニューアルした「キュートランスフォーマー」シリーズより、苔のお姉さん「QTF-06 アーシー」を紹介します。
 アーシーは「キュートランスフォーマー さらなる人気者への道」の第9話が初登場でした。その時の中の人のカミングアウト発言が視聴者に大きなインパクトを与えたものの、管理人はトイを購入しようとまでは思いませんでした。しかしながら「ビーストウォーズ復活祭への道」でMCを務める事が告知された際に「主役になるなら買わねば!」と思い(笑)、予約受付開始から大分経った後に予約しました。
(´-`).。oO(今月からは、すみぺも奈々さんのレーベルメイトか…)

2016年2月3日追記:
 パッケージのベロ部分のバス停ペーパークラフトについて追記しました。右側面から開封していたので、この仕様についてはご指摘を頂くまで全く知りませんでした。ご指摘下さった方、ありがとうございました。

関連記事:
 ・「LG02 コンボイ」レビュー(2016年1月24日更新)
 ・「QT-26 ショックウェーブ」&「QT-27 サウンドウェーブ」レビュー(2015年9月2日更新)
 ・「QT-23 オプティマスプライム(私にいい考えがある)」&「QT-24 バンブルビー(司令、さすがっす!)」&「QT-25 ロックダウン
  (よろしくぅ!)」レビュー
(2015年7月29日更新)


※画像をクリックすると、元のサイズで表示されます。
※本トイ以外のトイは、全て別売りです。


■キャラクター設定
 「アーシー」は、2015年7月から9月にかけて放送されたテレビアニメ「キュートランスフォーマー さらなる人気者への道」の第9話「暗くてもコミカルなトランスフォーマーへの道」に登場したキャラクターです。また2016年1月より放送が開始された(本記事掲載時点において放送中)、「生誕20周年記念 ビーストウォーズ復活祭への道」ではMCを務めています。
 テレビアニメでは、「キュートランスフォーマー さらなる人気者への道」の第9話において「子供の頃、苔に話しかけていた」という過去を明かした事が物議を醸し、「生誕20周年記念 ビーストウォーズ復活祭への道」の第1話でもその話題に触れていました。
 テレビアニメでの声優は、「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」の「モモカ・荻野目」や、「DOG DAYS''」の「シャル」等を演じた、「上坂すみれ」さんが担当しています。

■トイ概要
 このトイは2016年1月30日に、タカラトミーより1,079円(税8%込)で発売されました。
 シリーズ生誕1周年を機にリニューアルされた「キュートランスフォーマー」のトイシリーズの第1弾となるトイの1体で、「チョロQ」風のビークルモードからロボットモードへの変形機構を搭載している他、一部の関節が可動します。




QTF06-002.jpg

 パッケージ表面。サイズは縦約10cm(ベロ部分を除くと約7cm)×横約8cm×奥行約4.5cmとなっています。
 パッケージはリニューアルに伴って新たに採用された、ボックスにブリスターのウィンドウが付いた形式のものになっています。アーシー本体はロボットモードの状態で梱包されており、パッケージにはビークルモードに変形出来る事が写真入りで紹介されています。




QTF06-003.jpg

 パッケージ裏面。
 取り扱いや遊び方の注意文が掲載されている他に、公式サイトへアクセス出来るQRコードも掲載されています。




QTF06-004.jpg QTF06-005.jpg

 パッケージを斜め上から見た写真。
 右側面には変形手順の説明が掲載されており、左側面にはリニューアルに伴って新たに掲載されるようになった「のうりょくち」が掲載されています。




QTF06-006.jpg

 左側面に掲載されている「のうりょくち(TECH SPEC)」は、そのキャラクターの役割と、「パワー」「スピード」「ユーモア」の能力値の他に、簡単な紹介文も掲載されています。
 紹介文では「生誕20周年記念 ビーストウォーズ復活祭への道」でMCを努めている事については触れられておらず、「キュートランスフォーマー さらなる人気者への道」に登場した際の発言について触れています。




QTF06-023.jpg

 パッケージ左側面の内側に有るベロには、バス停のペーパークラフトが印刷されています。これは実線で切り取って点線で折る事で、アーシーと一緒に遊べるバス停になります。
 台座部分には苔が描かれており、苔に話しかけるアーシーをトイで再現出来るようになっています。




QTF06-007.jpg

 パッケージ底面には、流通の関係上必要な情報が掲載されています。




QTF06-008.jpg QTF06-009.jpg
QTF06-010.jpg

 ビークルモード。チョロQ風にアレンジされた「トヨタ クラウンアスリート」に変形します。
 ビークルモードのパーツは全て「QT-26 ショックウェーブ」(以下「QT-26」)と同型で、成型色や一部の塗装色、そしてエンブレムのタンポ印刷が変更されています。




QTF06-011.jpg

 ビークルモード底面。
 車体前部にはロボットモードの脚が収納されており、また車体後部にはロボットモードの腕が収納されています。




QTF06-012.jpg

 ロボットモード前面。全高は約4cmあります。
 パッケージ右側面に記載されている手順で変形します。車体後部が腕になり、車体前部はそのまま胴体になります。テレビアニメのデザインよりも頭部が小さく、胴体が大きいプロポーションとなっています。




QTF06-013.jpg

 ロボットモード後ろ。
 ビークルモードのルーフ部分は、そのまま背面に移動します。




QTF06-014.jpg

QTF06-015.jpg QTF06-016.jpg

 ロボットモードのバストアップ。
 頭部のデザインは、「トランスフォーマー ザ・ムービー」や「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010」に登場した同名のキャラクターの頭部を基にデザインされています。




QTF06-017.jpg

 脚部は、股関節と足首にボールジョイントが有り、2ヶ所で可動します。
 この可動構造はロボットモード時のポージングの際に必要となるだけでなく、変形の際にも必要となります。




QTF06-018.jpg

 ロボットモードの可動は、首、肩、脚が可動します。
 可動箇所や可動範囲は、既存のキュートランスフォーマーのトイと大差有りません。




QTF06-019.jpg QTF06-020.jpg

 QT-26と。
 ビークルモードのカラーリングが大きく異なっている事に加えて、ロボットモード時の頭部、腕、脚のパーツも新規パーツに変更されている為、ビークル部分のパーツが同型である事は分かりにくくなっています。




QTF06-021.jpg

 「QT-23 オプティマスプライム(私にいい考えがある)」「QT-24 バンブルビー(司令、さすがっす!)」「QT-25 ロックダウン(よろしくぅ!)」と並べて、「キュートランスフォーマー さらなる人気者への道」の第9話をトイで再現。
 アーシーはキュートランスフォーマーシリーズ初の女性キャラクターですが、アドリブパートでの「子供の頃、苔に話しかけていた」という過去の話は、多くの視聴者に大きな衝撃を与えました。




QTF06-022.jpg

 「LG02 コンボイ」と。
 前述の通り、アーシーは「生誕20周年記念 ビーストウォーズ復活祭への道」でMCを務めており、作品の見どころや新商品の最新情報をアドリブを交えつつ紹介しています。




 以上、QTF-06 アーシーでした。

 トイの仕様はQT-26の仕様変更品の為、キュートランスフォーマーのトイとしては標準的な変形機構と可動範囲となっています。しかしながら、プロポーションは劇中とは大きく異なっており、この点はユーザーによって許容出来るかどうかが分かれるのではないかと思います。
 アーシーは本記事掲載時点において放送中の「生誕20周年記念 ビーストウォーズ復活祭への道」での実質的な主役である事に加えて、リニューアル版キュートランスフォーマーの第1弾トイの中では数少ない新作トイの為、これまでキュートランスフォーマーのトイを買ってきた人でも楽しめるものになっています。またパッケージには苔に話しかけていたという衝撃の発言が公式設定として掲載されている為、パッケージだけでも十分楽しめると思います。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。