bukiyutai2018-001.jpg

 今回のレビューは、「㈱壽屋 2018年度株主優待品(100株以上1,000株未満保有者対象仕様)」を紹介します。
 壽屋が東証ジャスダック市場への株式上場を果たしたのは昨年9月の事でしたが、上場した当初、株主優待に関する告知は有りませんでした。ところが今年5月15日に、「6月末時点で100株以上を保有する株主」に株主優待を実施するという発表が有りました。
 株主優待の実施や廃止の決定に関する発表は、直後の株価の動きに影響を与える事も少なくないのですが、壽屋の場合は今年の株主総会でも問題にされた「流動性が低い」事も災いしてか、発表直後に大きな値動きは有りませんでした(苦笑)。

関連記事:「㈱壽屋 第65回定時株主総会」レポート(2018年9月29日更新)



bukikk65-001.jpg

 一昨日、東京都立川市に有る壽屋ビル3階ホールで開催された、壽屋(コトブキヤ)の「第65回定時株主総会」に行ってきました!
 丁度1年前の昨年9月26日に、壽屋は東証ジャスダック市場への株式上場を果たしました。その為、今回の株主総会は、上場後初の株主総会となりました。管理人も上場後に株式を取得した為、壽屋の株主総会は今回が初の出席となりました。
 管理人にとって壽屋は、スーパーロボット大戦のオリジナルメカをプラキット化した「S.R.G-S」シリーズや、それらをデフォルメ化したプラキットの「S.R.D-S」シリーズのメーカーとして長らく認知していたのですが、近年は「フレームアームズ・ガール」「メガミデバイス」「ヘキサギア」等の自社オリジナルブランドを次々と生み出すと共に、それらの展開拡大に力を入れています。中でも「フレームアームズ・ガール」はヒットしただけでなく昨年テレビアニメが放送され、更に劇場版の製作も決定している等、今最も力を入れている主力IPとなっています。
 管理人はS.R.G-SシリーズやS.R.D-Sシリーズのメーカーという事で壽屋株を買ったのですが、残念ながらこれらのシリーズは今年3月に新商品が発売されたのを最後に新商品が発売されておらず、事実上のシリーズ展開休止状態となっています。しかしながら、管理人は今年の春頃からフレームアームズ・ガールのアニメを観たりプラモデルを買ったりして楽しむようになっており、現在は12月発売の「轟雷改 Ver.2」の発売を楽しみに待っているところです。
 今回は前述の通り上場後初の株主総会という事で、上場から1年が経った壽屋の現在の状況や課題、そして今後の展望等を知りたいと思い、出席してみました。



SS11-001.jpg

 今回のレビューは、「スタジオシリーズ」より「SS-11 メガトロン」を紹介します。

関連記事:
 ・「SS-05 オプティマスプライム」レビュー(2018年6月3日更新)
 ・「MB-03 メガトロン」レビュー(2017年2月15日更新)



mse06-001.jpg

 今回のレビューは、今年5月に発売された「機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE 06」(以下「モビルスーツアンサンブル06」)を紹介します。
 このモビルスーツアンサンブル06は発売時に購入したのですが、その約1ヶ月後に行われたバンダイナムコホールディングスの第13回定時株主総会において、バンダイベンダー事業部の商品の一例として展示されていました。管理人は興奮のあまり、株主総会レポートの中で「このガシャポンについては、近日中に別の記事で紹介しようと思います。」と書いたのですが、書かずに放置して今に至ります(汗)。当初は7月下旬には更新するつもりだったので、この記事は7月分の記事と考えて書いてます(つまり、今月中にもう1回は更新するつもり)。
 このモビルスーツアンサンブル06ですが、実はバンダイナムコの株主総会の前に開催された「東京おもちゃショー2018」のバンダイブースの中に有ったガシャポンコーナーの中にも有りました。東京おもちゃショーでのガンプラ関係の展示は「ガンダムビルドダイバーズ」や「ガンダムベース東京」といった子供向けのものに絞り込まれてたのですが、そんな中で対象年齢15歳以上のこのガシャポンの販売が行われていたという事は、管理人が思っている以上に販促に力を入れているのかもしれません…。

関連記事:
 ・「㈱バンダイナムコホールディングス 第13回定時株主総会」レポート(2018年6月20日更新)
 ・「機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE 05」レビュー(2018年2月14日更新)

関連リンク:機動戦士ガンダム モビルスーツアンサンブル(ガシャポンワールド)